• HOME
  • News
  • 映画
  • 「マジンガーZ」オープニング映像シーンに大興奮の小木&本多力。高杉、上地、岸井はドン引き
前田建設ファンタジー営業部

「マジンガーZ」オープニング映像シーンに大興奮の小木&本多力。高杉、上地、岸井はドン引き

1月31日に公開初日を迎える映画『前田建設ファンタジー営業部』。「マジンガーZの格納庫を作る」ことを始めた実存する、前田建設工業株式会社“ファンタジー営業部”の実話。この度、小木博明演じるアサガワと本多力演じるチカダが、TVアニメ「マジンガーZ」のオープニング映像シーンを見て大興奮し、残りの部員を置き去りにしてしまう、熱すぎる本編映像が到着した。

高杉真宙、上地雄輔、岸井ゆきのはドン引き!?

光子力研究所格納庫兼プールの床が開き、水をかき分けて登場する「マジンガーZ」にアサガワ(小木博明)と、チカダ(本多力)は大興奮。前田建設の技術を総動員し、リアルかつエレガントに格納庫の制作に挑むことを宣言する。
しかし、その他のメンバー、ドイ(高杉真宙)、エモト(岸井ゆきの)、ベッショ(上地雄輔)はドン引き。
前途多難な様子がうかがえる「前田建設ファンタジー営業部」は、果たしてこの一大プロジェクトを成功させることができるのか…?無謀な挑戦への期待と不安が入り混じる映像となっている。

前田建設ファンタジー営業部

映画『前田建設ファンタジー営業部』

INTRODUCTION
マジンガーZの格納庫作りに本気で挑んだサラリーマンたちの熱き実話を映画化。
「うちの技術で、マジンガーZ の格納庫を作っちゃおう!」
上司のアサガワにムチャ振りされた広報グループのドイたち。
ミッションは、“実際には作らない”が、設計図を出し、工期を立て、見積書を完成させ、実物を作るのと全く同じように取り組むこと。そう、これは日本の技術の底力を駆使したプロジェクトだった!
現実世界の常識では到底理解できないアニメ世界の途方も無い設定や、あいまいで辻褄の合わない設定に翻弄されながらも、彼らは、無謀なプロジェクトに立ち向かう!
ダム、トンネルなど数々の大プロジェクトに携わってきた実存する組織、前田建設工業株式会社の“ファンタジー営業部”の社員たちと、彼らを支えた技術者たちが、実際に試行錯誤と七転八倒を繰り返しながら取り組んだ実話だ。
主演に、『見えない目撃者』の高杉真宙、共演に、『バンクーバーの朝日』の上地雄輔、『愛がなんだ』の岸井ゆきの、ヨーロッパ企画の本多力、「中学聖日記」の町田啓太、個性派俳優の六角精児、お笑い芸人の小木博明(おぎやはぎ)といった面々が勢揃い!脚本は、『夜は短し歩けよ乙女』などのヨーロッパ企画代表の上田誠が、監督は、映画『賭ケグルイ』、『あさひなぐ』などの英勉が新境地に挑む。

出演:高杉真宙 上地雄輔 岸井ゆきの 本多力 / 町田啓太 六角精児 / 小木博明(おぎやはぎ)
監督:英勉/脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)/原作:前田建設工業株式会社 『前田建設ファンタジー営業部1 「マジンガーZ」地下格納庫編』(幻冬舎文庫) 永井豪『マジンガーZ』
主題歌:氣志團「今日から俺たちは‼」(影別苦須 虎津苦須)/配給:バンダイナムコアーツ 東京テアトル
©前田建設/Team F ©ダイナミック企画・東映アニメーション

場面カット

英勉監督-s.jpg
岸井ゆきの2-s.jpg
岸井ゆきの-s.jpg
高杉真宙2-s.jpg
高杉真宙3-s.jpg
高杉真宙-s.jpg
小木博明(おぎやはぎ)2-s.jpg
小木博明(おぎやはぎ)-s.jpg
上地雄輔2-s.jpg
上地雄輔-s.jpg
町田啓太2-s.jpg
町田啓太-s.jpg
本多力2-s.jpg
本多力-s.jpg
六角精児2-s.jpg
六角精児-s.jpg

2020年1月31日(金)新宿バルト9・イオンシネマほか全国公開

前田建設ファンタジー営業部

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA