• HOME
  • News
  • 映画
  • 主演・桐谷健太、日本復帰前の70年代と現代の沖縄を描いたタイムスリップ映画『ミラクルシティコザ』公開決定
ミラクルシティコザ

主演・桐谷健太、日本復帰前の70年代と現代の沖縄を描いたタイムスリップ映画『ミラクルシティコザ』公開決定

主演に桐谷健太を迎え、日本復帰前の70年代と現代の沖縄を描いたタイムスリップ・ロックンロール・エンターテイメント映画『ミラクルシティコザ』が、沖縄日本復帰50周年の節目となる2022年公開が決定した。

第3回未完成映画予告編大賞グランプリならびに堤幸彦賞を受賞し、桐谷健太を主演に迎えて映画化された本作は、沖縄・コザを舞台に70年代と現代が交錯するタイムスリップ・ロックンロール・エンターテイメント。
コザで暮らす翔太の前に、交通事故で亡くなったはずの祖父ハルが現れる。祖父はかつて、ベトナム戦争に向かう米兵たちを熱狂させた伝説のロックンローラーだった。ハルが「やり残したことがある」と翔太の体をのっとると、翔太の魂は1970年へとタイムスリップしてしまう。翔太はそこで驚きの真実を知り、あるサプライズを思いつく。

桐谷は、翔太の魂が体に入ってしまった70年代のハルを熱演。また、1970年代に沖縄で活躍した伝説のハードロックバンド“紫”のジョージ紫を筆頭とするメンバーが、ストーリーに共感し代表曲を提供。劇中で登場するバンドのライブ音源を新たにレコーディングしたほか、当時のライバルバンド、コンディション・グリーンの楽曲も採用された。

ポスタービジュアル&特報

ポスタービジュアルは、ハル率いるバンドが表紙を飾る70年代音楽雑誌ふうのサイケデリックなデザイン。昔からずっと貼ってあったようなレトロ風加工(エイジング加工)など、70年代の空気感が凝縮した一枚となっている。
ポスターの撮影、アートディレクションを手掛けたのは、 BOØWYなどの音楽アーティストの撮影やレコードジャケット制作で活躍してきた加藤正憲。エグゼクティブプロデューサーの神康幸が、かつて副編集長として創刊した音楽雑誌「パチパチ」でロックビジュアルの金字塔を創り上げた加藤正憲に声をかけ快諾を得た。
加藤は、今回の撮影現場で平一紘監督をはじめ若いクリエイターたちの熱気と、桐谷健太などの役者たちの真剣な姿に刺激を受け、沖縄の滞在日を延長してまで写真撮影に臨んだ。

ミラクルシティコザ

ポスタービジュアル

『ミラクルシティコザ 』特報

コメント到着

●桐谷健太(主演)
僕の大好きな沖縄。色んな想いや感情を抱えた沖縄。たくさんの知らなかった沖縄。
この映画は(基本的に)コメディー映画です。ファンタジーの要素や音楽、ばかばかしさも含んでいます。
そしてその根っこには沖縄の人たちと、沖縄にいた人たちの強いエネルギーがあります。
決して小難しい映画ではありません。だけど輝く何かがある。と信じています。
追伸
この映画で沖縄の海が出てくる場面はワンシーンだけです。あしからず。

●平一紘(監督)
1970年。本土に渡るにはパスポート、買い物はドル。ベトナム戦争特需の超好景気。金と音楽、そして様々な問題に溢れた沖縄を、コザで生まれ育った僕なりにコメディ映画にしました。
本土復帰50周年となる年に公開されるこの映画に三線や青い海、優しいオバァは出てきません。ただ、この超ローテンションになってしまいそうな時代にインパクトを与える南の島からの観るエナジードリンク!そんな映画を作ったつもりです!ご期待ください!

伝説のバンド‘紫’の全面協力

1970年、日本復帰前の沖縄にて結成。1975年大阪万博記念公園に於ける野外ライブで圧倒的なライブ・パフォーマンスを見せつけ、「紫」の名前は一躍全国へ。翌年には1stアルバム「MURASAKI」、立て続けに2ndアルバム「IMPACT」を発表し日本のロック史に風穴を開けた。当時の人気は凄まじく、1977年の音楽誌「ミュージックライフ」では、国内グルーブ部門で1位を獲得するほどだった。
「ミラクルシティコザ」では、ジョージ紫を筆頭とするメンバーが、ストーリーに共感し、代表曲を提供し、劇中で登場するバンドのライブ音源を新たにレコーディングした。劇伴音楽はベーシストのChrisが担当。ボーカリストのJJは、印象的な役どころでの出演も果たした。脚本執筆にあたり、1970年当時の「紫」が体験した破天荒なエピソードが脚本に盛り込まれている。そして当時のライバルバンドであるコンディション・グリーンの楽曲も採用されている。

沖縄 第二次世界大戦から日本復帰への道

1945年 米軍が沖縄上陸。 3ヶ月にわたる戦闘により日米双方で20万人、県民の4人に1人が犠牲に。
1946年 米軍部は太平洋地域の安全保障のため沖縄を信託統治下にと主張。日本の新憲法も沖縄には適用されず。
冷戦の激化に伴い米国は日本非武装化から軍事同盟国の育成へと方針を転換、沖縄の基地建設が本格化。
1952年 日本が独立国として国際社会復帰する一方、沖縄は正式に日本から分離、米国の施政権下に。
軍事優先政策と日米どちらにも属さないあいまいな立場は、住民を復帰運動へと駆り立てたが、米軍による弾圧を受ける。
1960年代 日米両政府による返還交渉がスタート。
1969年 沖縄の日本復帰が正式に決定。
1970年 コザ暴動。米兵の起こした3件の交通事故が発端となりアメリカ軍車両、施設に対する焼き討ち事件発生。
1972年 沖縄が正式に日本に復帰。しかし日米交渉の結果は多くの住民が求めていた“基地の無い平和な沖縄”とは程遠く、複雑な思いを抱えた状態での日本復帰となった。基地問題は今日まで続く。
2022年 沖縄日本復帰50周年

映画『ミラクルシティコザ』では、現代でなんとなく生きていた主人公の翔太が1970年の祖父の体にタイムスリップする。ベトナム戦争特需に沸くコザで、様々な経験をし、年表にもある コザ暴動にも巻き込まれ、現代の自分を見つめ直しはじめる。

映画『ミラクルシティコザ』

STORY
ロックスターだったハルが、孫に託した、最後の夢。
沖縄市コザ、かつては隆盛を極めた街だが、現在ゴーストタウンの一歩手前!? そこで暮らす翔太は、特にやりたいこともなく、惰性な日々を過ごしていた。
彼にはちょっと変わった祖父(ハル)がいた。ハルは、かつて、ベトナム戦争に向かう米兵たちを熱狂させた伝説のロックンローラーだった。ある日、自慢の祖父ハルを交通事故で亡くし、失意の翔太の前に現れたのは、なんと死んだはずの祖父。「やり残したことがある」とハルが翔太の体をのっとると、翔太の魂は、タイムスリップして1970年のハルの体へ入ってしまう。
翔太はロックンローラーだったハルとして、ベトナム戦争特需に沸く70年代の沖縄で、驚きの真実を知り、未来へのサプライズを仕掛けようとするが……。

桐谷健太
大城優紀 津波竜斗 小池美津弘
津波信一 神崎英敏 アカバナー青年会 渡久地雅斗 山内和将 玉代勢圭司 山城智二 城間やよい 喜舎場泉
岸本尚泰 平隆人 ニッキー ベンビー 南里美希 渡辺光 小川深彩 山田行 宮城夏鈴 新垣晋也 西平寿久
粒マスタード安次嶺 けいたりん 西平孝架 らむちゃん 饒波正庸
 
監督・脚本:平一紘
製作:長坂信人 エグゼクティブプロデューサー:神康幸 プロデューサー:大城賢吾 松永弘二
共同プロデューサー:服部洋 ラインプロデューサー:金森保
音楽プロデューサー:横澤匡広 音楽:Chris
撮影:砂川達則 照明:鳥越博文 録音:横澤匡広 DIT:小野寛明 美術デザイン:林チナ 美術:濱田智有希
スタイリスト:むらたゆみ ヘアメイク:比嘉みみ 新垣文望 制作担当:米原直樹 監督補:東條政利
助監督:丹野雅仁 キャスティング:新江佳子 編集:又吉安則 音響効果:佐藤祐美 VFX:平良隆一
宣伝アート:加藤正憲 アシスタントプロデューサー:眞栄城守人
協賛:沖縄ファミリーマート セカンドストリート
協力:沖縄市 沖縄市KOZAフィルムオフィス 7th Heaven KOZA
特別協力:ジョージ紫 紫(MURASAKI)
制作プロダクション:PROJECT9
配給:ラビットハウス
©2021 Office Crescendo

1月21日(金)シネマQ・シネマライカム他沖縄先行!
2月4日(金)新宿武蔵野館 ほか全国順次公開!

ミラクルシティコザ

ミラクルシティコザ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA