• HOME
  • News
  • 映画
  • リリー・フランキー主演映画『その日、カレーライスができるまで』公開日&主題歌決定。本予告映像も解禁
その日、カレーライスができるまで

リリー・フランキー主演映画『その日、カレーライスができるまで』公開日&主題歌決定。本予告映像も解禁

リリー・フランキー主演×清水康彦監督×齊藤工プロデュース映画『その日、カレーライスができるまで』の公開日が9月3日(金)に決定(併映作品あり)し、本予告映像・場面写真が到着。あわせて、主題歌は安部勇磨(never young beach)のソロ名義曲「テレビジョン」に決定した。

本予告映像では、本作のタイトル通り、リリー・フランキー演じる主人公がカレーを慣れた手つきで調理する様子や、テーマのひとつであるラジオ番組の雰囲気も一部味わえる。
また初めて一人芝居に挑戦したリリーの悲喜交交、さまざまな表情が映し出され独特の個性が溢れる演技と、ほぼワンシチュエーションの物語に映像ならではの表現を駆使していることが窺える。

本予告映像

主題歌は、ネバヤンの愛称で親しまれる人気ロックバンドnever young beachでボーカル&ギターとして活動をしている安部勇磨による「テレビジョン」。
脱力感のある歌声とノスタルジックなサウンドが物語のやさしい後味となる。
この楽曲は本年6月30日に初のソロ名義でリリースしたアルバム『Fantasia』に収録。また本作の劇中歌も安部が歌唱している。

安部勇磨

安部勇磨 1stアルバム「Fantasia」

■場面写真

映画『その日、カレーライスができるまで』

INTRODUCTION
本作は主演のリリー・フランキーが初めてほぼワンシチュエーションでの一人芝居に挑戦。また齊藤工監督『blank13』(18)に続きリリーの妻役で神野三鈴が声の出演をしているほか、愛聴するラジオのパーソナリティは吉田照美、岡田ロビン翔子が務める。
監督は、密室スリラーのリメイク映画『CUBE』(10月22日全国公開)で注目の清水康彦。
原案・脚本はTBS系列ドラマ『半沢直樹』の脚本で話題の金沢知樹。本作は19年に野添義弘還暦記念公演のために金沢が演出家・いちかわニャーとともに創作した一人芝居が原案となっている。
企画・プロデュースはマルチに活躍する齊藤工。クリエイター活動10周年の節目に「映画は不要不急なのか」「混沌とした現代にどんな作品が生まれるべきなのか」という映画人としての思いを、信頼するチームへ託した。
後悔や希望をスパイスに、愛しい日常を想いながら大切な人のために作るカレーと、ラジオがきっかけとなり動き出す、やさしい奇跡をご賞味ください。

STORY
たまねぎ、にんじん、じゃがいも、豚肩ロース…… 見慣れた食材が並ぶ台所に立つ、くたびれた男。毎年恒例、三日後の妻の誕生日に食べる特製カレーを仕込んでいるのだ。外はどしゃぶりの雨。
愛聴するラジオ番組ではリスナーの「マル秘テクニック」募集に、男はガラケーを手に取り、コンロでぐつぐつと音をたてる “三日目のカレー”についてメールで綴り始める。
「今年も妻の誕生日にカレーを作っています。三日後が、誕生日です」「ただ、色々あって今年はひとりです」その横では、幼くして亡くなった息子の笑顔の写真が見守っている……。

主演:リリー・フランキー
出演(声):中村羽叶 吉田照美 岡田ロビン翔子 黄 栄珠 福田信昭 / 神野三鈴

監督・脚本・編集:清水康彦 原案・脚本:金沢知樹 企画・プロデュース:齊藤工
主題歌:安部勇磨「テレビジョン」(Thaian Records)
製作:坂本 香 有馬一昭 佐久間大介/エグゼクティブプロデューサー:麻生英輔/チーフプロデューサー:小林有衣子/プロデューサー:野村梓二
撮影:川上智之/照明:上野甲子朗/録音:桐山裕行/美術:松本千広/音楽:香田悠真 /助監督:草場尚也/フードコーディネーター:松山綾子/
スタイリスト:服部昌孝/ヘアメイク:岩城 舞 /ラインプロデューサー:安藤光造/アシスタントプロデューサー:金川紗希子/デザイン:池田樂水 齊藤賢太郎
特別協力:ひかりTV・dTVチャンネル『地球の寿命-開放区-』、bayfm78『TAKUMIZM』
2021年/日本/5.1ch/カラー
(C)2021『その日、カレーライスができるまで』製作委員会
公式サイト:https://sonocurry.com/

9月3日(金)より、全国順次公開(併映作品あり。詳細は後日発表)

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA