©「Ribbon」フィルムパートナーズ

のん監督・主演映画『Ribbon』公式サイトオープン

2021年6月12日11時に、のんが監督・主演を務める映画『Ribbon』の公式サイトがオープンした。
のんは、本作製作のきっかけとして、「昨年、新型ウイルスが蔓延し始め、私自身が主催する音楽フェスを開催直前に中止の決断をしました。 あの時の悔しさは忘れられません。」との書き出しの“監督コメント”を掲載している。
なお、トップページの背景に写り込んでいるいくつかのアート作品は、劇中にも登場する予定のもの。今後の情報更新が期待される。

映画『Ribbon』公式サイト:https://www.ribbon-movie.com

また、本作は、第24回上海国際映画祭「GALA部門」公式招待が決定している。
【上海国際映画祭 映画「Ribbon」上映日程】
6/12(土)15:30
UME International Cineplex HALL ONYX 4K LED

6/17(木)15:30
Macalline Cinema World (Wuzhong Rd.) HALL LUXE

6/18(金)20:50
HuBei Cinema HALL 1

※すべて現地時間

関連記事

映画『Ribbon』

2020年冬。コロナ禍により一年かけて制作した卒業制作は、発表の場が失われた。
家での時間があるのに、なにもやる気がおきない……。
表現の術を奪われ、自分のやるべきことを見つけだせずに葛藤する美大生“いつか”を女優・のんが演じます。
鬱屈とした現状を、のんが持ち前のパワーで痛快に打破していく“再生”の物語です。

あらすじ
コロナ禍の2020 年。
いつか(のん)が通う美術大学でも、その影響は例外なく、卒業制作展が中止となった。
悲しむ間もなく、作品を持ち帰ることになったいつか。
いろいろな感情が渦巻いて、何も手につかない。
心配してくれる父・母とも、衝突してしまう。
妹のまいもコロナに過剰反応。
普段は冷静な親友の平井もイライラを募らせている。

こんなことではいけない。
絵を描くことに夢中になったきっかけをくれた田中との再会、
平井との本音の衝突により、心が動く。
未来をこじ開けられるのは、自分しかいない―。

誰もが苦しんだ2020 年―。
心に光が差す青春ストーリー。

脚本・監督・主演:のん
特撮:樋口真嗣
特撮プロデューサー:尾上克郎
製作統括:福田淳
エグゼクティブ・プロデューサー:宮川朋之
クリエイティブ スーパーバイザー:神崎将臣 滝沢充子
プロデューサー:中林千賀子
企画:のん
制作プロダクション:ブースタープロジェクト
製作:日本映画専門チャンネル non スピーディ コミディア インクアンク
(C)「Ribbon」フィルムパートナーズ
作品公式サイト:https://www.ribbon-movie.com
のん公式サイト:https://nondesu.jp/
のん公式 YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCj4G2h4zOazW2wBnOPO_pkA
のん公式 Twitter:https://twitter.com/non_dayo_ne

2022年公開

映画『Ribbon』

日本版ビジュアル ©「Ribbon」フィルムパートナーズ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA