• HOME
  • News
  • 映画
  • 予告編&ポスタービジュアル解禁&電話企画スタート。主演・中川大志 映画『FUNNY BUNNY』
FUNNY BUNNY

予告編&ポスタービジュアル解禁&電話企画スタート。主演・中川大志 映画『FUNNY BUNNY』

飯塚健【監督】×中川大志【主演】の映画『FUNNY BUNNY』(4/29公開)より、一般投票にて決定したポスタービジュアルと予告編が解禁となった。合わせて本作の映画の世界に繋がる?電話企画がスタートする。

本作は2012年に上演されて大いに反響を呼んだ、飯塚監督のオリジナル戯曲を映像化。舞台版では謎が謎を呼ぶという緻密なプロットが演劇ファンを熱狂させ、のちに飯塚自らの手によって小説化もされている。
自称小説家の剣持聡と親友の漆原聡は、愛くるしいウサギの着ぐるみに扮して、区立図書館に向かう。その目的は図書館を襲撃するため。果たして二人の目的とはー?
そして数年後、物語はもう1つの事件「ラジオ局電波ジャック」へと展開する。ウサギの着ぐるみによる[図書館襲撃]と[ラジオ局電波ジャック]、2つの事件に隠された謎と悲しい真実が明かされた時、おかしくて、切ない物語は加速する。
自殺志願者を見分ける能力を持つ、自称“小説家”の剣持聡。彼が自らの正義のもとで繰り広げる奇想天外な騒動が、人生につまずき、暗澹たる思いをする若者に、再び生きる希望を与えていく。

主人公の剣持聡を演じるのは数多くの作品で着実に経験を積みNHKの「なつぞら」で国民的人気を得た中川大志。そんな剣持を囲む、共演者が決定した。中川演じる剣持の相棒、漆原聡役には、映画やドラマ、舞台で独自の個性を発揮する岡山天音。
その他、関めぐみ、森田想、レイニ、ゆうたろう、落合モトキ、田中俊介、ら若手俳優が集結し、東京03の角田晃広、菅原大吉が脇を固める。

解禁となった予告映像は「世界を救うのはいつだって想像力だ」と豪語する自称小説家・剣持と、その相棒・漆原が図書館を襲撃するシーンから始まる。
「俺は人殺しだー」と静かに話し出す、剣持。そして物語が加速するにつれ「お前は人殺しなんかじゃない!絶対に違う!」「絶対なんて気安く使うなよ!」と激しく言い合う剣持と漆原。
さらに物語は「電波を盗みに行くぞ」とラジオ局電波ジャックへと加速。そして「忘れる前進だってある。だけどな、諦めるなんて前進はどこにもねえんだよ!」と剣持の魂のセリフが映し出され、希望の物語が動き出す。
ウサギの着ぐるみによる表[図書館襲撃]と裏[ラジオ局電波ジャック]に隠された謎と悲しい真実が明かされたとき、おかしくて、切ない物語は加速する。予告は壮大な音楽とスピーディーな映像で全く先が読めない映像となっている。

ポスタービジュアルは、先日Web上で行われた一般投票で投票数の一番多かった中川と岡山が鋭い視線を向けるビジュアルに決定した。

FUNNY BUNNY

■電話企画スタート

さらに、映画の世界に繋がる、電話企画もスタートした。
050-3623-1770にかけると、映画の舞台となる中華飯店・再見に繋がり、出演者や店主らによるメッセージがランダムで流れるというもの。
公開前後では別メッセージが流れるので、ぜひ映画を観る前と観た後で是非、電話をかけてみて、映画の世界観に浸ってほしい(通話料は別途かかります)。映画『FUNNY BUNNY』は、4月29日(木・祝)より全国の映画館とauスマートパスプレミアムにて同時ロードショー。

映画『FUNNY BUNNY』

中川大志 岡山天音 / 関めぐみ 森田想 レイニ ゆうたろう / 田中俊介 佐野弘樹 山中聡 落合モトキ / 角田晃広 菅原大吉
監督・脚本・編集:飯塚健  製作総指揮:森田圭 エグゼクティブプロデューサー:多田一国 大野高宏 プロデューサー:金山 宇田川寧 吉田憲一
共同プロデューサー:田口雄介 音楽:海田庄吾 撮影:小松高志
原作:舞台「FUNNY BUNNY -鳥獣と寂寞の空-」(演出・脚本 飯塚健 /青山円形劇場、 2012)、小説「FUNNY BUNNY」(飯塚健/朝日新聞出版)
製作:KDDI
制作プロダクション:ダブ
配給:「FUNNY BUNNY」製作委員会
(C)2021「FUNNY BUNNY」製作委員会
公式サイト:https://funnybunny-movie.jp

4/29(木・祝)より、映画館&auスマートパスプレミアムにて同時ロードショー

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA