• HOME
  • News
  • 映画
  • 映画『名も無き世界のエンドロール』“衝撃のラスト20分”に繋がる超!重要な本編映像解禁
名も無き世界のエンドロール

映画『名も無き世界のエンドロール』“衝撃のラスト20分”に繋がる超!重要な本編映像解禁

主演・岩田剛典×新田真剣佑 映画『名も無き世界のエンドロール』(1/29公開)。1月27日が〈求婚の日〉ということにちなみ、なんと本作の最大の見せ場の1つでもある、新田演じるマコトのプロポーズシーンの一部を解禁となった。衝撃のラスト20分へと続く重要なシーンの冒頭場面である。

新田真剣佑演じるマコトが超ロマンチックなプロポーズ。中村アン演じる高嶺の花・リサも思わず感激

映像は、マコトにとって、かつては高嶺の花であったリサ(中村アン)に1本の薔薇を差し出す手品を披露するシーンから始まる。リサがその薔薇を手に取ると、マコトの手から次々と万国旗が飛び出す…。
すると何かに気付いた様子のリサ。それは10年前、マコトが初めてリサに出会った時に彼女の気を引こうと行ったドッキリの再現という粋な演出だった。
マコトはこの日の為に当時働いていた板金塗装屋を飛び出して、10年間血を吐くほどに働き、ついには社長までのし上がったことを告白。「一緒になりたくて頑張ったんだ」というマコトに、リサは「こんなことをしてくれた人はマコト以外にいなかった」と感動の表情を見せる。
さらにサプライズは続き、マコトの「花についてる紐を引っ張って」という言葉に従い、リサが万国旗の紐を引くと、そこには—-!

名も無き世界のエンドロール

名も無き世界のエンドロール

この華麗でロマンチックなプロポーズから、一体どのような衝撃のエンドロールを向かっていくのか!? “衝撃のラスト20分”に向けて、観客の想像をさらにかき立てる映像になっている。『名も無き世界のエンドロール』は、1月29日(金)、全国公開。

“衝撃のラスト20分”に繋がる超!重要な本編映像

映画『名も無き世界のエンドロール』

<あらすじ>
クリスマス・イブの夜。日本中を巻き込んだ、ある壮大な計画が実行されようとしていた―。
複雑な家庭環境で育ち、淋しさを抱えて生きてきたキダとマコトは幼なじみ。そこに同じ境遇の転校生・ヨッチも加わり、3人は支え合いながら家族よりも大切な仲間となった。
しかし20歳の時に、ヨッチが2人の前からいなくなってしまう。そんな2人の元に、政治家令嬢で、芸能界で活躍するトップモデルのリサが現れる。住む世界の違うリサに異常な興味を持ったマコトは、食事に誘うが、全く相手にされない。キダは「住む世界が違うから諦めろ」と忠告するが、マコトは仕事を辞めて忽然と姿を消してしまう。
2年後。マコトを捜すために裏社会にまで潜り込んだキダは、ようやく再会を果たす。マコトは、リサにふさわしい男になるために、死に物狂いで金を稼いでいた。マコトの執念とその“理由”を知ったキダは、親友のため命をかけて協力することを誓う。
以来、キダは〈交渉屋〉として、マコトは<会社経営者>として、裏と表の社会でのし上がっていく。そして、迎えたクリスマス・イブの夜。マコトはキダの力を借りてプロポーズを決行しようとする。しかし実はそれは、10年もの歳月を費やして2人が企てた、日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だった─。
ラスト20分、衝撃のエンドロールが幕を開けるー。

原作:行成薫「名も無き世界のエンドロール」(集英社文庫)
監督:佐藤祐市(『ういらぶ。』、『累 –かさね-』 など)
出演:岩田剛典 新田真剣佑 山田杏奈 中村アン
制作プロダクション:RIKIプロジェクト、共同テレビジョン
配給:エイベックス・ピクチャーズ
(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
公式サイト:www.namonaki.jp
公式Twitter:@namonaki2021
公式Instagram:@namonaki2021
#名も無き

1月29日(金)全国ロードショー

名も無き世界のエンドロール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA