• HOME
  • News
  • 映画
  • 岡田准一の衝撃リアクションに堤真一、平手友梨奈も思わず笑み。『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』メイキング映像公開
ザ・ファブル 殺さない殺し屋

岡田准一の衝撃リアクションに堤真一、平手友梨奈も思わず笑み。『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』メイキング映像公開

岡田准一主演映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(2021年2月5日公開)より、“伝説の殺し屋”ファブルのまさかの弱点である“極度の猫舌”を発揮してしまっているシーンをはじめとする、3つのシーンが詰まった<スペシャルメイキング映像>が解禁となった。

1つ目は、ファブルが偽名の佐藤アキラとしてバイトしているデザイン会社・オクトパスに発注されたチラシを「子供たちを危険から守るNPO団体」の代表を務める宇津帆(堤真一)に届けた先のシーン。
アキラの正体が、かつて自分を殺そうとしていた伝説の殺し屋・ファブルとは知らず、歓迎して熱弁を振るう宇津帆とそれを見守るヒナコ(平手友梨奈)をよそに、ひとり黙々と熱々のコーヒーと格闘するアキラの姿と驚きのリアクションが映し出されており、妙な緊張感が走るシーンとなっているが、カットがかかった後、思わずみんな笑みが漏れてしまう現場の仲睦まじい様子が見て取れる。

次のシーンは、戦闘モードになったファブルが、ツテのある裏組織・真黒カンパニーの海老原(安田顕)、黒塩(井之脇海)となにやら電話で会話をしながらも出来立て熱々のたこ焼きと格闘するシーン。真剣な表情でたこ焼きを「フーフー」する“伝説の殺し屋”の姿に思わずニヤニヤが止まらない。
そして最後のシーンでは、猫舌なアキラと対する凄腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)が同じく真顔で電話で会話をしながら、こちらはファブルとは真逆に悠々とたこ焼きを頬張るシーン。と思いきや、カットがかかった瞬間に思わず笑みを浮かべてしまう安藤の微笑ましいギャップが露わに。

日本映画の限界を超える、圧倒的なアクションの数々、緊張感漂う衝撃ストーリーのみならず、シュールな笑いがふんだんに溢れている「ファブル」の魅力が垣間見れる映像となっている。

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』

【STORY】
最強の殺し屋が挑む究極ミッション!誰も殺さず、最狂の偽善者から、訳ありの少女を救出せよ。
どんな相手も6秒以内に仕留める――伝説の殺し屋“ファブル”(岡田准一)。
ある日、ボス(佐藤浩市)から「一年間、誰も殺すな。一般人として“普通”に生きろ」と命じられ、佐藤アキラという偽名で、相棒・ヨウコ(木村文乃)と共に一般人のフリをして暮らし始める。猫舌で変わり者のアキラは、今日もバイト先の社長(佐藤二朗)と同僚のミサキ(山本美月)と関わりながら<プロの普通>を極めるため奮闘中。
一方この街では、表向きは子供を守るNPO代表だが、裏では緻密な計画で若者を殺す最狂の男・宇津帆(堤真一)が暗躍。凄腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)と共に、かつて弟を殺した因縁の敵・ファブルへの復讐に燃えていた。
同じ頃アキラは、4年前のある事件で自分が救えなかった車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈)と偶然再会し、これが後に大騒動へと発展する――!

出演:岡田准一
    木村文乃    平手友梨奈  安藤政信
        黒瀬 純  好井まさお  橋本マナミ   宮川大輔
        山本美月  佐藤二朗     井之脇海 / 安田 顕 / 佐藤浩市
        堤 真一
原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社ヤンマガKC刊)
監督:江口カン
アクション監督:横山誠  ファイトコレオグラファー:岡田准一
企画・製作:松竹×日本テレビ
配給:松竹株式会社
制作プロダクション:ギークサイト
(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会
公式サイト:https://the-fable-movie.jp/
公式Twitter:@the_fable_movie
公式Instagram:@fable_movie

2021年2月5日(金)全国公開!!

ザ・ファブル 殺さない殺し屋

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA