• HOME
  • News
  • 映画
  • 宮野真守「坂本真綾さんの詩で歌えることが幸せ」『劇場版 Fate/Grand Order-前編』公開初日舞台挨拶
FGO_ep6

宮野真守「坂本真綾さんの詩で歌えることが幸せ」『劇場版 Fate/Grand Order-前編』公開初日舞台挨拶

12月5日、都内にて『劇場版 Fate/Grand Order-前編』の公開初日舞台挨拶が行われ、CVを務めた宮野真守、島﨑信長、高橋李依、坂本真綾、川澄綾子が登壇した。(動画&フォト)

本作は、『鬼滅の刃』のアニプレックスが、次に世に送り出す「劇場版 Fate」の新シリーズで、前編・後編二部作。
前シリーズ(第⼀章~第三章の三部作)の興行収入が累計52億円を突破した「劇場版 Fate」(第⼀章:約15億円、第二章:約17億円、第三章:約20億円)。
更に今月、全米でその第三章が劇場公開され、11月13日~11月15日の週末3日間に20万ドルの興行収入を叩き出し、全米ボックスオフィスランキング(全米映画ランキング)で、見事10位にランクインする大ヒットを飾っている。

壮大なスケールの世界観と重厚な物語が呼ぶ感動で、世界的にファンを増やし続けてきた「Fate」シリーズ。そこから2015年に生まれたスマートフォン向けRPG『Fate/Grand Order』も、今や全世界で5700万ダウンロードを突破。現在進行形で更なる世界への広がりを見せている。本シリーズは、そのRPG『Fate/Grand Order』を初めて劇場アニメーションにした作品。日本国内は勿論、全世界へ向けて配給される新シリーズとなっている。

12月5日に行われた舞台挨拶では、前編のアフレコ収録が1年以上前のコロナ禍前で一同に介してできたことでキャラクターが深まると語った宮野真守。
また、その宮野真守が後編の主題歌を務めることが後編ティザービジュアルと共に発表された。なお、後編は2021年春公開予定。

舞台挨拶レポート

FGO_ep6

■公開初日の気持ち

宮野真守(ベディヴィエール 役)
ここに来れたっていうこと、そして作品的を皆さんに観てもらえるという事実が本当にありがたく思います。
製作を開始したのはだいぶ前になるんですが、いろんな状況下で、みんなで力を合わせてここまでたどり着くことができました。
そしてこれがまだ前編ということなので、今日、皆さんが観ていただいた気持ちを大事にしていただいて、後編も応援していただけたらいいなという思いでいっぱいでございます。

宮野真守

宮野真守

■完成した作品を観て。

-完成した作品をご覧になっていかがですか?

宮野真守
すごく印象的だったのは、やっぱりベディヴィエールの最初の表情から、後半の独白に向けて、目の色や表情がどんどん変わっていく姿が非常に印象的でした。
最初は虚ろなところから始まり、苦しい戦いを経て、絶望感はあるんですけどもその中にひとつの光を見つけて、決意をして覚悟を持って向かっていくという、その流れが非常に素晴らしいなと思いました。
その中で大迫力のアクションや映像の素晴らしさにも圧倒されました。

-島﨑さんはいかがですか?

島﨑信長(藤丸立香 役)
どうしてもチーム・カルデアの視点で見てしまうところがあるんですけど、今回のキャメロットはベディヴィエールが主役で、ベディヴィエールの視点だったので、ゲームでやるときは自分がマスターの視点でやっているので、ベディヴィエールの視点で見るとこう見えるんだっていうことがとても印象的でした。
例えばベディヴィエール視点で今回の映画で見ると、カルデアのみんながいつもよりスマートに見えるんです。藤丸視点だとどうしてもうまくいってないところとか泥臭いところも見えるんですけどね。
それがとても新鮮でした。

島﨑信長

島﨑信長

-同じチーム・カルデアの高橋さんはいかがですか?

高橋李依(マシュ・キリエライト 役)
おっしゃっていただいたように、カルデア側の気持ちを常に描いていただいてもらってた立場だから、描かれないっていう瞬間がすごく怖かったりもして、リアクションが少なかったりとか、セリフの掛け合いも少なかったりとか、そういうことが続いていたんですけど、これもきっと後編につながる一つの台詞になるといいなとか、一瞬一瞬で何か残せることないかなってやってきたものが、後編になったらきっと届くんじゃないかなっていうのはいっぱい詰め込んだつもりでした。

高橋李依

高橋李依

-坂本さんはいかがですか?

坂本真綾(レオナルド・ダ・ヴィンチ 役)
シンプルにすごく面白かったです。
FGOを知らない人が見たら、このエピソードだけ切り取るっていうのはどんな風に見えるのかなと、完成する前は思ってたんですけど、完成したものを観てみると、これはここから知っていただく方にもきっと入りやすく楽しんでいただける作品になっていると思いました。
個人的にはダヴィンチもすごく見せ場があったので、すごく嬉しかったなと思っています。

坂本真綾

坂本真綾

-川澄さんはいかがですか?今までのFATEシリーズとは大きく違うところがありますが。

川澄綾子(獅子王 役)
そうですね。役名も違いますし、今回の円卓の騎士はカルデア側すると明確な敵ということで、前編の最後のシーンの結果を見て、自分は少しショックを受けましたね。
大義があるとはいえ、人々が生きてるのを亡き者にしようとする姿にはやっぱり少しショックを受けましたが、後編どうなるのかは、皆さんも気になる前編の終わり方だったんじゃないかなと思います。

川澄綾子

川澄綾子

■「やっぱり制作は一緒にやるのがいちばん」

-コロナ禍の今の製作はアフレコも別々にやることになってますが、この作品のアフレコは1年以上前。その時は一同に介してやられたと伺っています。もちろん、FGOの元になった全世界5700万ダウンロードの大ヒットゲームの・・・

高橋李依(マシュ・キリエライト 役)
えっ!?そんなに!?

-ちょっと待ってください(笑)

高橋李依
そんなにですか!?すみません・・・驚いちゃった!

高橋李依

-ゲーム用の声の収録はお一人お一人でされると思いますが、アニメ作品のアフレコ収録は普通なら一同に介して。でも今は普段とは違いますか?

宮野真守
普段と違いますし、(コロナ禍前が)懐かしいですね。やっぱり制作は一緒にやるのがいちばんいいなって思います。
FGOに関して言えば、ゲームの時は一人一人収録していたものが、映像作品になることによって、一緒に気持ちを通わせながら収録しました。それでよりキャラクターが深まる部分があります。

宮野真守

■後編の主題歌は宮野真守!

-前編の最後に坂本さんの歌声が聞こえてきます。この「独白」という曲、作詞も坂本さんと伺いました。

坂本真綾
そうなんです。ダヴィンチ役をやっているので私が歌うと混乱されるかもしれませんが、エンディングテーマの視点としては、ベディヴィエールの気持ちを歌った曲です。

坂本真綾

-これを受けてきっと後編が見たくなる。その後編の主題歌は宮野さんが担当されるとか?

宮野真守
そうなんです。歌いましょうか?(笑)

-えっ?いやいや、まだ公開されてないんですよね(笑)この後編の主題歌の作詞も坂本さんですよね?

坂本真綾
はい。もう完成しております。

-まだ他のキャストの方もこの曲は聴いたことがないそうなので、ネタバレしないようにヒントだけ教えて下さい。

宮野真守
FGOで歌わせていただくこと自体、そして今作はベディヴィエールの視点で描かれてますので、一番最後に僕が歌を歌うことはすごくありがたいです。
その中で、真綾さんが作詞をしてくれるということになって、それがとにかく幸せだなと思いました。
まず、「独白」の歌詞を見て、ベディヴィエールの気持ちを代弁している!って思いましたし、後半で歌う歌は、ベディヴィエールのその先の気持が描かれていたらなという思いを真綾さんに伝えて書いていただきました。

FGO_ep6

■後編のティザービジュアル公開!

-「後編 Paladin; Agateram」は、2021年春公開ということになりました。

FGO_ep6

■最後にメッセージ

川澄綾子
前編はすごいところで終わりましたが、後編もすごく熱い物語になっておりますので楽しみにしていただきたいと思います。

川澄綾子

坂本真綾
後編までもう少し時間がありますが、この前編で得た余韻をなるべく長く心の中に残していただきつつ、後編を楽しみにお待ち下さい。

坂本真綾

高橋李依
後編の春まで皆さんにお待ちいただくことになりますが、この作品でベディヴィエールが何を掴むのか、ぜひ最後まで見届けていただけると嬉しいです。前編もベディヴィエール目線の中にもいろんな人たちが紡いできたものが見え隠れしているので、何週でもお楽しみいただけると思います。

高橋李依

島﨑信長
今回の作品は物語の視点が変わることで、新たな発見があると思います。このあと原作のゲームをされている方はマテリアルで読み返したりとか、ゲームを知らない人は今作をきっかけにゲームも初めていただいたりとか。
そうしてこの前編をもう一度観たら、また新たな発見があって、このFATEの世界、FGOの世界は知れば知るほどよりのめり込んでいけると思います。

島﨑信長

宮野真守
ほんとに面白い映画を作ることができました。それを自信を持って言います。何よりその作品を皆さんに届けられたことを嬉しく思います。
ベディヴィエールの視点で描かれた作品だと何度か申しましたが、覚悟をもって後編まで演じきりたいと思います。
前編でベディヴィエールが得た希望の光が、後編ではどこへ向かうのか?どういう結末になるのか?是非見守ってほしいなと思います。
でもまずは前編を存分に楽しんでいただき、そして後編を楽しみにしていただけたらなと思います。

宮野真守

■舞台挨拶トークノーカット動画

[写真:金田一元/動画・記事:桜小路順]

『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-前編 Wandering; Agateram』

<STORY>
ベディヴィエールは藤丸たちと共に、最後の探索へと歩み出す。
遍歴の騎士、ベディヴィエールが辿り着いた旅の果て―。そこは西暦1273年のエルサレム。かつての祈りの地は砂の大地と化し、民は住処を追われ三つの勢力が対峙する不毛の地。聖都、そして獅子王の命めいを守るべく集結した「円卓の騎士」。領地ごとこの地に召喚されるも、静かに現状打破を狙う「太陽王・オジマンディアス」。
土地を奪われた民を守り、叛逆の機会を待つ「山の民」。己の成すべきことを果たすため、獅子王が統治する“聖都”を目指すベディヴィエールの前に現れたのは人理を修復すべくこの地を訪れた人類最後のマスター・藤丸立香とデミ・サーヴァントのマシュ・キリエライトであった。

CAST:宮野真守、島﨑信長、高橋李依、坂本真綾、川澄綾子、水島大宙、沢城みゆき、置鮎龍太郎、内山昂輝、安元洋貴、子安武人、田中美海、小松未可子、鶴岡聡、稲田徹、千本木彩花、鈴村健⼀

原作:奈須きのこ/TYPE-MOON
リードキャラクターデザイナー:武内崇
監督:末澤慧
脚本:小太刀右京
キャラクターデザイン:細居美恵子・黄瀬和哉・温泉中也
サブキャラクターデザイン:乘田拓茂・山本彩
総作画監督:黄瀬和哉
制作:Production I.G
アニメーション制作:SIGNAL.MD
配給:アニプレックス
主題歌:坂本真綾 「独白」(フライングドッグ)
(C)TYPE-MOON / FGO6 ANIME PROJECT
公式サイト:https://anime.fate-go.jp/ep6-movie/
公式Twitter:https://twitter.com/FGOAP_ep6

全国公開中

FGO_ep6

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA