• HOME
  • News
  • 映画
  • 映画『脳天パラダイス』スイス・ローザンヌ映画祭現地レポート

映画『脳天パラダイス』スイス・ローザンヌ映画祭現地レポート

ローザンヌ映画祭(スイス)出品となった映画『脳天パラダイス』(11/20公開)より、現地レポートが届いた。

これまで5作品が選出されたベルリン映画祭を始め、カンヌ映画祭、ロカルノ映画祭など数多くの映画祭に選出され、国際的評価の高い山本監督。
なんと本作も、今年のスイス・ローザンヌ映画祭のオープニング上映作品に選出され、各国映画祭に渡航が難しい中、山本監督が単身ローザンヌへ赴き、満員の会場で舞台挨拶とQ&Aを行った。
上映前に、監督が「Wonderful」と呼びかけ、観客が「Paradise」と掛け合いも行い、盛り上がりもみせた。
山本監督自身、「観客からの生の反応を直接体験し、上映後に観客と向き合う。この当然の過程が無いものは映画祭とは言い難く、コロナ禍の中、ローザンヌに来て本当に良かった。この時間の最中には、確かに映画が厄(わざわい)を吹き飛ばしてくれたのだから。ありがとうローザンヌ。」と観客たちへメッセージを送った。

なお、「ル・クーリエ」というフランスの新聞と、「Cinē-Asie.fr」というフランスのサイトにて、本作が紹介されている。
「Cinē-Asie.fr」(フランス)(LINK)
●批評の概要
「見知らぬ人達が社会規範を無視して、昔からの知り合いのように、没落した豪邸に集まり、『楽園』になる。山本政志の自由と反モラルへの賛歌」

ル・クーリエ新聞

「ル・クーリエ新聞」(フランス)

【スイス・ローザンヌ映画祭】現地レポート

「スイス・ローザンヌ映画祭」オープニング上映作品として、本作が招待され、10月14日(水)20時(日本時間:10月15日(木)3時)にオープニング上映が行われた。
会場は満席となり、観客の多くは20代~30代中心ということもあり、ほとんどのギャグシーンで外れる事無く笑いが起き、上映後の大きな拍手は数分間続いていた。
「すべての厄(わざわい)を吹き飛ばす!」というキャッチコピーさながらに、笑いが会場を大きくつつみ、上映後に山本監督が舞台挨拶を行い、その後のQ&Aでは質問より、いかに面白かったかと言う、絶賛の意見がほとんどを占めていた。
Q&Aでは以下のような質問が飛び交った。

Q.:日本人はブラックユーモアを受け入れにくい面があるのではないでしょうか?
A(山本監督):.江戸時代の浮世絵には時代を笑い飛ばすもの、残酷なものなど多彩なブラックユーモアの作品があり、日本文化の中にはブラックユーモアを扱ったものは多い。ここ数年は、差別、反社会、ドラッグなどをブラックユーモアで吹き飛ばすパワーはダウンして、それらの事には、腫れ物に触るようになっているようですが。

Q.:これは家族映画ですか?
A.:自分が小津安二郎映画をやったら、こうなった(笑)

Q.:監督は、全ての作品で日本社会に対して挑発しているように思えるが、今回もそういう気持ちはあるか?
A.:もちろん、全ての映画で、その時代に対してなんだかなぁーと思うことは部分的に入ってくる。ただ、自分にとっての映画は、そこを中心に描くものではない。『脳天パラダイス』も、細かい事ばかりに縛られ、窮屈になってる今の時代に対して、違うよね、と思うところはある。そういう気持ちも含みながらも、一番の狙いはは笑ってもらいたい。ムシャクシャした気分を笑いで吹き飛ばしたい。特にコロナが大活躍中の今、一瞬でもモヤモヤを吹き飛ばしてもらえればと思っている。

映画『脳天パラダイス』

ストーリー
東京郊外、高台にある一軒の大豪邸。あとは引越し業者のトラックに荷物を積み込むだけとなった部屋を、やさぐれた表情で見わたす笹谷修次。家⻑でありながら、この家を手放す原因を作った張本人である。
引きこもり気味の息子・ゆうたは淡々と現実を受け止めている。
一方、生意気盛りの娘・あかねは不甲斐ない父親にイラつきながら、ヤケクソ気分で Twitter に「今日、パーティをしましょう。誰でも来てください。」と地図付きツイート。
そのままフテ寝してしまう。投稿がリツイートされまくり、瞬く間に拡散している状況を示す通知が鳴り響いていることも知らずに……。
数年前、恋人を作って家を出たはずの自由奔放な元妻・昭子がやってきた。
パーティーのツイッターをみてやってきたのだ。ゆうたは、久しぶりの母との再会を喜ぶが、修次やあかねにとっては招かれざる客でしかない。借金まみれになり、一家離散目前の笹谷家にツイッターをみて、次々にパーティー客がやってくる。インド人のゲイカップル、やる気のない運送業者、手癖の悪いあかねの友人、台湾から来た観光客の親子、酔っ払いの OL、恋人を探しているイラン人、謎のホームレス老人…。
そんな中、来客を頑なに追い返そうと一人奮闘する修次だったが、珍客はどんどん増え続ける。
しだいに豪邸は、ドンチャン騒ぎを超えた、狂喜乱舞の縁日の境内状態になっていく。
笹谷一家の引越しは!? いやいや、もうそれどころじゃない!
客たちによって一家の運命はめくるめく奇々怪々と狂喜乱舞へと導かれていく……!
これは現実か、それとも幻覚か、果たして彼らの行く末は!? もう誰も逃げられない。
『脳天パラダイス』への扉が今、開いてしまったのだ!

<出演>
南果歩 いとうせいこう 田本清嵐 小川未祐 玄理 村上淳 古田新太 柄本明
大河内健太郎 小竹原晋 星野園美 沢井小次郎 安田ユウ 李丹 張天屹 野村陽介
ニール・ターリセッチィ アレック・アスギャリー 和川ミユウ 植田紗々 髙橋里恩 江波里香
渡瀬うみな 齋藤勇真 森川貴 庄司浩之 ノブヲ 畑中タメ 吉田茂樹 牧山みどり 紀那きりこ
藤本国彦 島津志織 小林敏和 菊地敦子 清水ひさを 鳳ルミ 柳川竜二
永山愛樹/竹舞(TURTLE ISLAND/ALKDO)

<スタッフ>
監督:山本政志
脚本:金子鈴幸、山本政志
メインテーマ:Oto
特殊スタイリスト:百武朋 操演/特殊効果:羽鳥博幸
VFXディレクター:中口岳樹、島田欣征
ドローンオペレーター:池田佳史、山本雅映
エグゼクティブプロデューサー:吴清萍、大江戸康
プロデューサー:村岡伸一郎
企画:シネマインパクト、C・C・P 協賛:高見庭園
配給:TOCANA
製作協力:UNIVA Guangzhou Trading 製作:パンクチュアルカルチャー 大江戸美術
(C)2020 Continental Circus Pictures
公式HP:no-ten.com

特報

『脳天パラダイス』公開応援プロジェクト、クラウドファンディング実施中!
https://motion-gallery.net/projects/NOUTEN-PARADISE

2020年11月20日(金)新宿武蔵野館ほか全国公開!

脳天パラダイス

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA