• HOME
  • News
  • 映画
  • 伊藤沙莉「強く見える女性でも実は弱かったりする」 映画『蒲田前奏曲』初日舞台挨拶
蒲田前奏曲

伊藤沙莉「強く見える女性でも実は弱かったりする」 映画『蒲田前奏曲』初日舞台挨拶

9月25日、都内にて映画『蒲田前奏曲』の初日舞台挨拶が行われ、プロデューサー・出演の松林うらら、伊藤沙莉、福田麻由子、川添野愛、瀧内公美が登壇。本作のテーマのひとつ#MeToo問題や、子役時代からの共演、福田麻由子&伊藤沙莉の関係性が垣間見れるエピソードなどを披露した。

『蒲田前奏曲』は、売れない女優マチ子の眼差しを通して、“女”であること、“女優”であることで、女性が人格をうまく使い分けることが求められる社会への皮肉を、周囲の人々との交わりを介在しながら描いていく。
これを4人の監督が各自の手法でコミカルに描き、4つのエピソードを1つの連作長編として仕上げていった新しいタイプの作品。

舞台挨拶レポート

蒲田前奏曲

■映画界でも実際にある#MeToo問題

-オーディションでセクハラを受ける役について(#MeToo問題)

瀧内公美(黒川瑞季 役)/第3番「行き止まりの人々」
#MeToo問題は普段、関心があるものではなかったので、こういう根深い問題に対して何も考えていない人間が携わっていいのか悩んだんですけど、安川監督が「女性の被害を訴えたいわけではない」とおっしゃってたのが印象的です。
私が演じた“黒川瑞季”は強い女性をという演出がありましたが、脚本を読むと危うい女性というイメージ。その上でどうやったら彼女の強さが出るかと考えて演じました。

瀧内公美

瀧内公美

■一見強く見える人でも実は弱いことも。

-キャリアウーマン役を演じる上で心がけたことは?

伊藤沙莉(帆奈/はんな 役)/第2番「呑川ラプソディ」
私が演じた帆奈は、本人も“一人で生きていく”と言っているように、強い女性と見られがちなんですけど、ほんとに本人も心底そう思ってる人もいれば、そうじゃなく、そうやってなんとか(自分自身の)柱を作っている人もいると思います。
なので、そういう人は逆に弱いんじゃないかなっていうところが垣間見れたらいいなって思って演じました。

伊藤沙莉

伊藤沙莉

■福田麻由子「結婚感が変わった」

-本作を通して結婚感が変わったと聞きました。

福田麻由子(麻里 役)/第2番「呑川ラプソディ」
私が演じた麻里は、“結婚=幸せ”と思う女性ですが、私はそういう考えはなく生きてきました。
この作品は、女性らしさを求められることに疑問を投げかける作品でもあるので、そういう中での麻里はちょっと異質な存在だなと思いました。
劇中、麻里と帆奈(伊藤沙莉)は対象的に描かれているけど、どちらが強い意思を持って生きているというわけではなくて、お互いそれぞれがひとつの人生を選んでいるということでは同じなのかなって。麻里は流されて生きているわけではないんだなって思うようになりました。

福田麻由子

福田麻由子

■15年来の友人。福田麻由子&伊藤沙莉

-福田さんは、どの点を気をつけて演じられましたか?

福田麻由子
麻里には全然悪気はないんですけど、私個人としては、沙莉をどれだけイライラさせるかっていうのをけっこう楽しんで演じました(笑)

伊藤沙莉
超イライラしました(笑)

-福田さんと伊藤さんは、2005年のTVドラマ「女王の教室」で共演されて以来のご関係。本作でも女子校時代からの友だちでアラサーになってからの関係で、演じる上で現実とも少し被ってたりしますか?

福田麻由子
小学生以来の幼馴染で今も不思議な感じになるんですけど、15年前に共演した時から、私はほんとうに(伊藤沙莉を)尊敬しています。久しぶりに会っても、役者としても人としてもぜんぜん変わってなくて、私が尊敬していた沙莉がそのままいてくれたのがすごい嬉しい気持ちです。

伊藤沙莉
照れますね。そう言ってくれたからお返しにじゃなくて、私もほんとうに(麻由子を)尊敬していました。
なぜかというと、同世代の中で、お芝居もそうですし、居方というか在り方が芯があるんです。たまにお会いして、私の悩みを話したら、ふんわりとした雰囲気なんだけど、すごく芯のある言葉で私の揺らいでいる心にグっと答えをくれる方なんです。それがすごくカッコいい人だなって思っています。

蒲田前奏曲

福田麻由子/伊藤沙莉

■最後にメッセージ

-4エピソードの注目ポイントを、代表して川添さんお願いします。

川添野愛(琴子 役)
他の3エピソードのことをあまり知らずに、本作の完成版を観たんですが、マチ子という一人の人間を通して、いろいろな現実を私も目の当たりにして、ハッとさせられることもありました。
今のような世の中が不安定な時って、自分自身がいっぱいいっぱいになってしまって、ふだんは当たり前にわかっていること、皆が共有している意識を忘れてしまうことがあります。
きっかけは何でもいいと思うんですけど、ひとつはこの映画を観ていただいて、この映画を通して、皆さんが大切にされていることを見つめ直しながら帰途についてほしいなと思います。

川添野愛

川添野愛

伊藤沙莉

蒲田前奏曲

瀧内公美/川添野愛

蒲田前奏曲

松林うらら/福田麻由子/伊藤沙莉

松林うらら

企画・プロデュース・出演:松林うらら

■舞台挨拶動画レポート

[写真・動画・記事:Jun Sakurakoji]

映画『蒲田前奏曲』

◆INTRODUCTION
売れない女優マチ子の眼差しを通して、“女”であること、“女優”であることで、女性が人格をうまく使い分けることが求められる社会への皮肉を、周囲の人々との交わりを介在しながら描いていく。
これを4人の監督が各自の手法でコミカルに描き、1つの連作長編として仕上げていった新しいタイプの作品。
監督には日本映画界の若手実力派監督が集結。
最新作『静かな雨』が釜山国際映画祭上映、東京フィルメックス観客賞受賞など、国内外の注目を集める中川龍太郎、長編デビュー作『月極オトコトモダチ』がMOOSIC LAB グランプリ受賞、東京国際映画祭上映の穐山茉由、『Dressing Up』(第8回CO2助成作品、OAFF2012)で日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞受賞の安川有果、最新作『叫び』が東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門監督賞に輝き、第22回ウディネ・ファーイースト映画祭では大田原愚豚舎作品、渡辺紘文監督特集が組まれるなどの渡辺紘文(大田原愚豚舎)が務める。
『飢えたライオン』で主演を務め、舞台、TVドラマなどでも活躍する松林うららが自身の地元である蒲田を舞台にプロデュースし、自らも出演。
また、伊藤沙莉(『タイトル、拒絶』)、瀧内公美(『火口のふたり』)など、旬の俳優が名を連ねる。

◆STORY
第1番「蒲田哀歌」
監督・脚本:中川龍太郎
出演:古川琴音 須藤蓮 松林うらら
オーディションと食堂でのアルバイトの往復で疲れ果てている売れない女優、マチ子。
ある日、彼氏と間違われるほど仲の良い弟から彼女を紹介されショックを受ける。
だが、その彼女の存在が、女として、姉として、女優としての在り方を振り返るきっかけとなる。

第1番「蒲田哀歌」

第1番:松林うらら、古川琴音

第2番「呑川ラプソディ」
監督・脚本:穐山茉由
出演 : 伊藤沙莉 福田麻由子 川添野愛 和田光沙 松林うらら 葉月あさひ 山本剛史
アルバイトをしながら女優をしているマチ子。
大学時代の友人5人と久々に女子会をするが、独身チームと既婚チームに分かれ、気まずい雰囲気に。
そこでマチ子は蒲田温泉へ行くことを提案する。
5人は仕事、男性のことなどを話し合い、次第に隠していたものが丸裸になっていく。

第2番「呑川ラプソディ」

第2番:和田光沙、福田麻由子、松林うらら、川添野愛、伊藤沙莉

第2番「呑川ラプソディ」

第2番:松林うらら、川添野愛、伊藤沙莉、福田麻由子、和田光沙

第3番「行き止まりの人々」
監督・脚本:安川有果
出演 : 瀧内公美 大西信満 松林うらら 吉村界人 二ノ宮隆太郎 近藤芳正
映画のオーディションを受けたマチ子。
セクハラや#metooの実体験やエピソードがあれば話すという内容だったが、皆、思い出すことに抵抗があり、上手く演じられない。
そんな中、マチ子の隣にいた黒川だけは迫真の演技を見せる。
マチ子は共に最終選考に残ったが・・・。

第3番「行き止まりの人々」

第3番:瀧内公美、松林うらら

第4番「シーカランスどこへ行く」
監督・脚本:渡辺紘文(大田原愚豚舎)
出演 : 久次璃子 渡辺紘文
マチ子の実家は大田原にある。
大田原に住む親戚の小学5年生のリコは、大田原で映画の撮影現場にいる。
そこへとある映画監督が撮影現場の待合所にやってきて・・・。
渡辺紘文監督ならではの視点で東京中心主義、映画業界、日本の社会問題批判を皮肉に表現し描く。

第4番「シーカランスどこへ行く」

第4番:久次璃子、渡辺紘文

出演 : 伊藤沙莉 瀧内公美 福田麻由子 古川琴音 松林うらら
近藤芳正 須藤蓮 大西信満 和田光沙 吉村界人 川添野愛 山本剛史
二ノ宮隆太郎 葉月あさひ 久次璃子 渡辺紘文
監督 ・脚本 : 中川龍太郎 穐山茉由 安川有果 渡辺紘文
プロデューサー・出演 :松林うらら
エグゼクティブプロデューサー: 市橋浩治 小野光輔 大高健志 小泉裕幸
コエグゼクティブプロデューサー: 伊藤清
コプロデューサー : 汐田海平 麻生英輔
アソシエイトプロデューサー : 橋本鉄平 富澤豊
企画:うらら企画
製作:「蒲田前奏曲」フィルムパートナーズ
(和エンタテインメント ENBUゼミナール MOTION GALLRY STUDIO TBSグロウディア)
特別協賛:ブロードマインド株式会社 日本工学院
配給:和エンタテインメント、MOTION GALLRY STUDIO
(C)2020 Kamata Prelude Film Partners
2020年 / 日本 / 日本語 / 117分 / カラー&モノクロ / Stereo
公式サイト:kamataprelude.com
公式Twitter:@kamataprelude

2020年9月25日よりヒューマントラストシネマ渋谷、キネカ大森 他全国順次公開予定

蒲田前奏曲

松林うらら プロフィール
1993年生まれ、東京都大田区出身、映画好きの両親の影響で幼少期から映画の世界に魅了される。
18歳でスカウトされモデルとして活動を開始、2012年、『1+1=11』(矢崎仁司監督)で主役に抜擢され映画デビュー。
その後、映画中心に活動し、2017年には『飢えたライオン』(緒方貴臣監督)に主演、東京国際映画祭でワールドプレミアされ、その後、ロッテルダム映画祭など数多くの映画祭で絶賛され、プチョン国際ファンタスティック映画祭では最優秀アジア映画賞にあたるNetpac賞を受賞。
最新作は山戸結希企画プロデュース『21世紀の女の子』の中の山中瑶子監督作品「回転てん子とドリーム母ちゃん」で北浦愛、南果歩などと共演。
本作『蒲田前奏曲』が初プロデュース作。第15回大阪アジアン映画祭では『蒲田前奏曲』がクロージング作品として上映され、コンペティション部門国際審査委員として選出される。

松林うらら

松林うらら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA