• HOME
  • News
  • 映画
  • 人気劇団ヨーロッパ企画の初映画作品『ドロステのはてで僕ら』が、じわじわ封切りキャンペーンキックオフ
ドロステ

人気劇団ヨーロッパ企画の初映画作品『ドロステのはてで僕ら』が、じわじわ封切りキャンペーンキックオフ

映画館とオンライン上映で“じわじわ封切りキャンペーン”キックオフ

公開が延期となっていた、映画『ドロステのはてで僕ら』。劇団ヨーロッパとしての初の映画作品でもある本作が、6月5日(金)より、“じわじわ封切りキャンペーン”を開始する。合わせて、監督らからコメントが届いた。

本作は、2分後の未来が見えるタイムテレビが元に巻き起こる騒動を描いた時間SF映画。京都を拠点に活動を続け、毎年の本公演では1万5千人を動員する人気劇団ヨーロッパ企画が、劇団として初めて取り組むオリジナル長編映画で、女優・朝倉あきが出演していることも見どころのひとつ。
彼らのホームである、京都・二条で撮影を敢行。クラウドファンディングプラットフォーム「Motion Gallery」にて国内外の上映に向けた支援を募集したところ、目標達成率617%を記録するなど、劇団初の映画公開に期待が集まっている。

コロナ禍による緊急事態宣言で公開延期となっていたが、6月5日(金)より京都シネマから試運転上映をスタートすることが決定した(政府及び自治体の発表によっては変動する場合あり)。
また、下北沢トリウッド(東京)でも、営業再開後すみやかに上映開始予定となっている。

上田誠(原案・脚本/劇団ヨーロッパ)コメント
「じわじわ封切りキャンペーン」です。
ポップコーンをたとえばパーンと勢いよく開けて中身が飛び散るぐらいの勢いも楽しいですけど、じわじわ封切るのも芳香が徐々に漏れて素敵なものです。そうしたって今回の映画は風味が逃げないと思うし、じわじわ封切って、すこしずつ長く楽しんでいただけるような上映をしていこう、と決めました。
下北沢トリウッドと京都シネマの2館で、まずは試運転上映。そして「PIA LIVE STREAM」と「uP!!!」でもオンライン上映会をやります。おうちで「ドロステ~」をご覧になれ、それは映画館を応援する仕組みにもなってます。
まずはこれでじわっ、ぐらいです。ここからまだまだ各地や色んな方法で、じわじわじわじわやっていきます。

山口淳太(監督・撮影・編集/劇団ヨーロッパ)コメント
リモート会議を重ね、「じわじわ封切りキャンペーン」をやることになりました。
『ドロステのはてで僕ら』を、全国の皆さんに安心してご覧いただきたい。そのためには、できる限りゆーっくり長ーく上映するのが一番だと。
そこで!この「じわじわ」です。
まずは、製作・配給である下北沢トリウッドと、ヨーロッパ企画と数々のイベントを行ってきた京都シネマの2館で、試運転上映を行います。5.1chの没入感にご期待ください。
そして新たな試み、「PIA LIVE STREAM」と「uP!!!」で一日限定のオンライン上映会を行います。
お家で楽しんでいただくことができ、さらには映画館を応援できる仕組みとなっています。
まずはこのじわじわ封切りをお楽しみください。
そしてSNSなどで感想や思いを発信していただけると嬉しいです。ついに始まります!

“じわじわ封切りキャンペーン”

キャンペーンイラスト:角田貴志(ヨーロッパ企画)

■映画館上映
日時:6月5日(金)
場所:京都シネマ
※上映スケジュールは下記劇場サイトまで。
京都シネマ公式サイト:https://www.kyotocinema.jp

■オンライン上映
日時:6月5日(金)19:00-
配信先(その1):PIA LIVE STREAM(リンク) 料金:1,800円
配信先(その2):uP!!!(リンク) 料金:1,800円(auスマートパス会員は1,200円)
5月23日(土)AM10:00より、チケットぴあとuP!!!サイトにて視聴券販売開始(6月3日(水)23:59販売終了)。
なお、今回のオンライン上映会は、この映画を公開する映画館を支援する仕組みとなっており、視聴券購入時、全国15館のうちから支援したい映画館を選択する。
◾本編上映前に原案・脚本:上田誠、監督:山口淳太、出演者全員によるオンライン舞台挨拶あり
◾鑑賞者限定でメイキング映像が視聴できる特典あり
◾アーカイブ配信期間(日時):オンライン上映イベント終了後~2020年6月6日(土)23:59

ドロステのはてで僕ら

映画『ドロステのはてで僕ら』

INTRODUCTION
雑居ビルのカフェを舞台に、2分先の未来が見える “タイムテレビ”を巡る騒動を描いた“エクストリーム時間SF”。
原案、脚本は、上田誠(『サマータイムマシン・ブルース』『夜は短し歩けよ乙女』『前田建設ファンタジー営業部』)。
監督は、ヨーロッパ企画の映像ディレクター、山口淳太(「警視庁捜査資料管理室」)。そして、出演は、ヨーロッパ企画メンバーと藤谷理子、そして『かぐや姫の物語』『四月の永い夢』などで知られる、若手実力派・朝倉あき。

STORY
とある雑居ビルの2階。カトウが部屋にいると、テレビの中から声がする。見ると、画面には自分の顔。しかもこちらに向かって話しかけている。
「オレは、未来のオレ。2分後のオレ」。どうやらカトウのいる2階の部屋と1階のカフェが、2分の時差で繋がっているらしい。
“タイムテレビ”の存在を知り、もっと先の未来を知ろうと躍起になるカフェの常連たち。
さらに隣人の理髪師メグミや5階のヤミ金業者、謎の客も巻き込み、「時間的ハウリング」は加速度的に事態をややこしくしていく……。
襲いかかる未来、抗えない整合性。ドロステのはてで僕らは--。

原案・脚本:上田誠 監督・撮影・編集:山口淳太
出演:土佐和成 藤谷理子 石田剛太 諏訪雅 酒井善史 中川晴樹 角田貴志 永野宗典 本多力 / 朝倉あき
主題歌:バレーボウイズ「タイトルコール」 音楽:滝本晃司
製作:ヨーロッパ企画 トリウッド 配給:トリウッド 宣伝:下北沢映画祭
(C)ヨーロッパ企画/トリウッド 2020
公式サイト:http://europe-kikaku.com/droste/
公式Twitter:@droste_movie

2分予告編

場面カット

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA