• HOME
  • News
  • 映画
  • いろんな想いを受け止め、思わず涙の藤原季節。映画『his』ヒット御礼舞台挨拶
his

いろんな想いを受け止め、思わず涙の藤原季節。映画『his』ヒット御礼舞台挨拶

2月7日、新宿武蔵野館にて、映画『his』ヒット御礼舞台挨拶イベントが行われ、主演の宮沢氷魚と藤原季節が登壇した。
撮影前からずっとプレッシャーがあったという2人。公開後も賛否さまざまな声が2人に届く中、改めて作品を鑑賞したという藤原季節は、トーク中、思わず涙ぐむ場面も。
また、この日別作品の撮影で登壇できなかった今泉力哉監督からの手紙の代読があり、2人を叱咤激励するコメントが紹介された。

his

宮沢氷魚/藤原季節

僕らが最後まで、迅と渚を信じてあげたい

藤原季節(日比野渚 役)
今日、自分も『his』を観ました。改めて感じることがいっぱいありました。
映画が公開されてから、応援してくださる声もいっぱいいただきましたし、逆に反対の意見もいっぱいありまして、“渚が身勝手すぎる”とか、“空”がかわいそうだとか。
でも僕が思ったのは、迅、渚、玲奈、空の生活はこれからもずっと続いていくんだなと思って、その責任として彼らは今も空のことを大きな愛を持って大切に育てていると思います。なので、渚を批判する声も『his』に対する愛情であると僕は思っていますし、もしこの映画を嫌いだと思っても、僕らはまっすぐな気持ちで『his』という作品に向き合って、迅と渚という人物を演じました。
僕らが最後まで、迅と渚を信じてあげたいと思います。

藤原季節

客席の涙を見て、思わず感情が込み上げながら語る藤原季節

宮沢氷魚(井川 迅 役)
公開前、「プレッシャーを感じるね」ってお互い言ってたし、それは公開されてからいろんな意見が出るだろうなと、ある程度想定はしていたからです。
時には落ち込む言葉を聞くこともありますが、でもそれはそれだけいろんな方が『his』を観てくださったということに感謝したいです。
それぞれの意見があっていいと思っています。

宮沢氷魚

宮沢氷魚

宮沢氷魚
最初の頃の取材で答えていた当時の自分の言葉を振り返ると、「なんでこんなこと言ったんだろう?」って思うことがあります。でもそれは、その時の自分が感じたこと、信じたことを素直に言っただけであって、それはそれで間違いではないと思います。
その後、プロモーションをしていく中で、多くの方とお話して、少しずつ自分の考えが進化していくことによって、今取材受けた時は、全然違うことを言っている自分がいます。
(自分自身が)こんなにも考え方が変わるんだっていう驚きがありました。

藤原季節
撮影期間中、辛かったのは、迅と渚を演じれば演じるほど、迅と渚になりきれていない自分たちに直面したことです。

宮沢氷魚
その人のことを知ろうとすればするほど、どんどん遠く離れていく感じがして、それがすごく辛かったですね。
でも、知ろうとすることを最後まで2人ともやめなかったから、『his』はいい作品になったのかなとも思います。

今泉力哉監督からの手紙

his

今泉監督の“手紙”を聞く、宮沢氷魚と藤原季節

宮沢氷魚さん、藤原季節さん、そしてご来場の皆さんこんばんは。監督の今泉力哉です。
現在撮影中のため、今日はお伺いできず申し訳ないです。
監督の私がいないことでいつもとは違った、とっても面白可笑しいトークを繰り広げていることでしょう。
映画『his』がこれほど愛される映画になったのは、ひとえにお二人のまっすぐなお芝居、ある種の不器用さ。また、お芝居以前の人としての真摯さや、魅力があったからだと思っています。
あと、その二人を演出した私の監督としての力もあると思います。冗談です。
さて、公開されて2週間が経ちました。心境はいかがでしょうか。
公開から日にちが経っても、またこうしてお忙しい中登壇してくれていることとても嬉しいです。
とにかくこの映画は二人が、迅であり、渚でなかったら、こういう映画にはなっていなかったと思います。
氷魚と季節という二人の俳優は、自分にとっても、とてもとても特別な存在になりました。
またご一緒できることを心から望んでいます。またお酒を飲んだり、芝居の話や様々な悩み、いろんなことを話しできたらと思います。
褒めてばかりでもつまらないので、最後にそれぞれひとつずつ。

氷魚さんへ。
あなたの魅力は、生きてきた環境や、出会ってきた人によるところが大きいと思う。
ある種、とても恵まれた環境で生きてきた故の唯一無二の魅力や透明感、清潔さがある。
その魅力を伸ばしつつ、もっとわがままになってみてほしいです。
変に悪くなる必要はないけど、もっと思いや怒りを口にしてもいいと思います。

季節さんへ。
あなたは本当に不器用ですね。実は自分で思っているほどあなたは客観的に自分のことが見えてないのかもしれません。
あなたの魅力は人との距離が近いことです。
でもその近さは、ある種の怯えから来ていると思います。もっともっと距離をとっても愛される人なので好き勝手に生きて大丈夫です。

氷魚も季節も、まだまだこれからさらに面白い俳優になると思います。

最後に観客の皆様。『his』もちろんまた見て欲しいですが、『his』に限らず、これからの二人の活躍もぜひ応援して、気にしていただければ幸いです。よろしくお願いします。
それでは。
今泉力哉

his

今泉監督の手紙を聞き、握手する2人

最後にメッセージ

宮沢氷魚
映画が公開されて2週間経ちますけれども、『his』の旅、使命はまだまだ始まったばかりです。ありがたいことに全国の映画館でほんとにたくさんの方に観ていただけています。
そういう作品に出会えるのって、ほんとに僕たちもすごく幸せなことです。
これからももっともっといろんな方に観ていただきたいし、いろんな意見を聞いてみたいし、欲を言えば海外でもやりたいなって。(配給担当の方を向いて)その時は海外に行かせてください(笑)
今日はほんとうにありがとうございました。

his

藤原季節「迅が氷魚でよかった!」

舞台挨拶動画

記事に書ききれなかった内容を含み、2人のトークを動画でもどうぞ!

[写真:Ichigen Kaneda/動画・記事:Jun Sakurakoji]

映画『his』

【ストーリー】
井川迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、6歳の娘・空を連れて、元恋人の日比野渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に生きていたい」と気持ちを伝える。しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく――。

【クレジット】
宮沢氷魚 / 藤原季節
松本若菜  松本穂香 / 外村紗玖良  中村久美
鈴木慶一  根岸季衣  堀部圭亮  戸田恵子
監督:今泉力哉
企画・脚本:アサダアツシ
音楽:渡邊 崇
製作プロダクション:ダブ  企画製作:メ~テレ  製作:映画「his」製作委員会  配給・宣伝:ファントム・フィルム
©2020映画「his」製作委員会 (日本/5.1ch/カラー/127分)
公式サイト:https://www.phantom-film.com/his-movie/

TOHOシネマズ 日本橋ほか全国公開中

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA