• HOME
  • News
  • 映画
  • 映画しまじろう最新作が初のフル3DCG作品として公開決定。ティザー予告も解禁
しまじろうと そらとぶふね

映画しまじろう最新作が初のフル3DCG作品として公開決定。ティザー予告も解禁

映画しまじろうの最新作が初のフル3DCG作品として、2020年2月28日(金)より全国公開されることが決定した。合わせて、キービジュアル&ティザー予告も解禁となった。

映画しまじろうシリーズは、株式会社ベネッセコーポレーション<こどもちゃれんじ>の人気キャラクター「しまじろう」が活躍する映画作品で、第一弾は『しまじろうとフフのだいぼうけん〜すくえ!七色の花〜』(2013年)。
2020年2月28日(金)公開が決まった8作目となる最新作のタイトルは、映画しまじろう『しまじろうと そらとぶふね』。
シリーズ初のフル3DCG作品となる。

しまじろうと そらとぶふね

キービジュアル

今回の映画の舞台は、海の向こうの国・グリーンウッド。発明好きのリスの青年・ジンたちが住むこのグリーンウッドには雨が降らず、困っていました。困っているグリーンウッドの人たちのために、「空飛ぶ船」を作って、空から雨を降らせる手伝いをすることになったしまじろう達が力を合わせて頑張る。
成功を信じて頑張るしまじろうたちを、お子さまも一緒に歌ったり踊ったり、応援しながら楽しめる!

ティザー予告

しまじろうシリーズについて

1993年から放送しているTVアニメ「しまじろうのわお!」の劇場版として始まったしまじろうの映画は、観るだけでなく歌・ダンス・応援を通じて、ストーリーに参加しながら一緒に楽しめることが特長。近年、上映中に声を出して良いという“発声可能上映”が人気だが、しまじろうの映画は1作目から、歌あり応援ありで元気に声を出すのはもちろんのこと、ダンスまで一緒にできてしまう、お子さまがしまじろうと一緒に楽しめるポイントが盛りだくさんの参加型映画だ。
小さなお子さまでも最後まで夢中でご覧いただけるので、“ファーストシネマ”(初めての映画館体験)としてもぴったり。おうちのかたがお子さまの表情を確認できるよう、場内は完全に暗くせず、約60分間の上映に際し途中休憩も設けており、映画館が初めてのお子さまも安心して楽しんでいただける工夫が盛りだくさんとなっている。

しまじろうは世界的にも評価を受けており、2014年公開の『しまじろうとおおきなき』では「サンディエゴ国際子ども映画祭」で“Best Animation Feature Film”を受賞、インドの「インド国際子ども映画祭-ゴールデンエレファント-」でもコンペ部門にノミネートされ、韓国や台湾でも上映されるなど期待を集めている。

映画しまじろう『しまじろうと そらとぶふね』

<ストーリー>
雨が降らなくて困っているグリーンウッドの人たちのために、「空飛ぶ船」を作って、空から雨を降らせる手伝いをすることになったしまじろう達。船づくりを邪魔するガ―ビーズ達や様々なトラブルに苦戦しながらも、しまじろう達は力を合わせて頑張ります。はたして、無事、船を完成させて雨を降らせることはできるのでしょうか?ぜひ、映画館でしまじろう達を応援し、一緒に船を作りましょう!

声の出演:南央美 高橋美紀 山崎たくみ 杉本沙織 稲葉実 他
監督:河村友宏 脚本:杉浦理史
制作:ベネッセコーポレーション、上海合源文化传媒有限公司
原作:ベネッセコーポレーション
配給:東宝映像事業部
協賛:日本航空株式会社、日本マクドナルド株式会社、パンパース、株式会社ラグーナテンボス
©Benesse Corporation2020  ©上海合源文化传媒有限公司

2020年2月28日(金)全国ロードショー

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA