• HOME
  • News
  • 映画
  • 真実の世界は、どっちだ? 東野圭吾原作 映画『パラレルワールド・ラブストーリー』新予告編公開
パラレルワールド・ラブストーリー

真実の世界は、どっちだ? 東野圭吾原作 映画『パラレルワールド・ラブストーリー』新予告編公開

パラレルワールド・ラブストーリー

あなたも2つの世界に迷い込む!東野圭吾が仕掛ける、この愛の謎を解けるか――?

答えを知るとき、必ず2回観たくなる

累計発行部数130万部を超える東野圭吾のベストセラー小説「パラレルワールド・ラブストーリー」。
これまで映像化不可能と言われて続けてきた本作が、ついに待望の映画化!5月31日(金)より全国ロードショーとなる。

2つの世界に翻弄されていく主人公・崇史を演じるのは玉森裕太。
4年ぶりの映画主演となる本作には並々ならぬ意気込みでのぞみ、
「毎日が挑戦で、役に没頭して自分を追い込み、撮影がない日もずっと崇史を意識していた。僕の魂を込めて作り上げた映画は、自信を持って皆さんへお届けできる作品になりました。」
と語る。

2つの世界で異なる存在の謎の女性・麻由子を演じるのは吉岡里帆。
崇史の親友・智彦を演じるのは、実力派俳優の染谷将太。
この3人に絡んでいく登場人物たちを、筒井道隆、美村里江、清水尋也、水間ロン、石田ニコル、そして田口トモロヲといった個性豊かな俳優たちが演じる。

監督は、『ひゃくはち』『宇宙兄弟』『聖の青春』を手がけ、発表ごとに評価を高める森義隆。
原作を愛読し、「この小説は絶対に面白い映画になる」と確信。
出版から20年、常に誰かが映像化したいと思いながら実現しなかった困難な原作に挑み、「見終わった後に誰かと語り合いたくなり、もう一回見たくなるような作品」を目指したと言う通り、誰もが楽しめるエンターテインメント作を創り上げた。

そして、宇多田ヒカルの主題歌「嫉妬されるべき人生」が、愛の真実が明かされる映画のエンディングを彩る。

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』

<世界>が変わりまくる、驚愕の108分!

STORY

ある日突然、崇史(玉森裕太)が迷い込んだ2つの世界。
1つの世界では、愛する麻由子(吉岡里帆)と自分が恋人同士。
しかし、もう一つの世界では麻由子が親友・智彦(染谷将太)の恋人に…。
混乱する崇史の前に現れる、2つの世界をつなぐ【謎】の暗号。
目が覚めるたびに変わる世界の中で、真実にたどりつけるのか――?

出演:玉森裕太
吉岡里帆 染谷将太
筒井道隆 美村里江 清水尋也 水間ロン 石田ニコル / 田口トモロヲ
原作:東野圭吾「パラレルワールド・ラブストーリー」(講談社文庫)
監督:森義隆 脚本:一雫ライオン 音楽:安川午朗
主題歌:「嫉妬されるべき人生」宇多田ヒカル(Epic Records Japan)
製作幹事:松竹・日本テレビ 企画・配給:松竹
©2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 ©東野圭吾/講談社
公式サイト:parallelworld-lovestory.jp
公式Twitter: @paralove_movie

5.31 (金) 頭フル回転で挑め!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA