• HOME
  • News
  • 映画
  • 映画『青葉家のテーブル』寄川歌太・栗林藍希・上原実矩・細田佳央太ら出演の場面写真&メイキング写真到着
青葉家のテーブル

映画『青葉家のテーブル』寄川歌太・栗林藍希・上原実矩・細田佳央太ら出演の場面写真&メイキング写真到着

映画『青葉家のテーブル』(6/18公開)より、寄川歌太・栗林藍希・上原実矩・細田佳央太ら若手“超”注目株が総出演の新場面写真&メイキング写真が到着した。
到着したのは、優子(栗林)が密かに恋心を抱く瀬尾(細田)への想いが溢れる、甘く切ないシーンの場面写真や、弾ける笑顔を見せる上原やバンドメンバーたち、細田のクランクアップを捉えたメイキング写真。

■新場面写真

■メイキング写真

映画『青葉家のテーブル』

INTRODUCTION
「フィットする暮らし、つくろう。」をテーマに日々の暮らしに寄り添った様々なコンテンツを発信する「北欧、暮らしの道具店」。
2018年4月より「北欧、暮らしの道具店」から配信が始まり600万回以上再生された短編ドラマ「青葉家のテーブル」の長編映画化。
映画『青葉家のテーブル』は、ドラマ版から引き続き、ドラマ「半沢直樹」「にじいろカルテ」への出演も話題となり、後期連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」も控えている西田尚美が主人公の青葉春子を演じる。

STORY
シングルマザーの春子(西田尚美)と、その息子リク(寄川歌太)、春子の飲み友達めいこ(久保陽香)と、その彼氏で小説家のソラオ(忍成修吾)という一風変わった4人で共同生活をしている青葉家。
夏のある日、春子の旧友の娘・優子(栗林藍希)が美術予備校の夏期講習に通うため、青葉家へ居候しにやって来た。
そんな優子の母・知世(市川実和子)は、ちょっとした”有名人”。知世とは20年来の友人であるはずの春子だが、どうしようもなく気まずい過去があり…。

出演:西田尚美、市川実和子、栗林藍希、寄川歌太、忍成修吾、久保陽香
上原実矩、細田佳央太、鎌田らい樹、大友一生、芦川誠、中野周平(蛙亭)、片桐仁
監督:松本壮史
エグゼクティブプロデューサー:佐藤友子(「北欧、暮らしの道具店」店長)
プロデューサー:杉山弘樹
企画・製作:北欧、暮らしの道具店
製作プロデュース:THINKR
制作協力:株式会社ギークピクチュアズ
配給:エレファントハウス
(C)2021 Kurashicom inc.
公式サイト:https://hokuohkurashi.com/note/162688

予告編(ロングVer.)

6月18日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか、全国順次公開

青葉家のテーブル

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA