• HOME
  • News
  • 映画
  • 「日本のアニメマナーから最も逸脱した商業作品だと自負」川尻監督『CHERRY AND VIRGIN』製作開始
CHERRY AND VIRGIN

「日本のアニメマナーから最も逸脱した商業作品だと自負」川尻監督『CHERRY AND VIRGIN』製作開始

デビュー短編が毎日映画コンクール大藤信郎賞など多数の受賞実績がある邦画界の新たな才能&アニメ作家の枠を超えた川尻将由監督の商業デビューとなる初長編ラブストーリー『CHERRY AND VIRGIN』の製作が開始され、2022年公開が決定した。同時にクラウドファンディングもスタートしている。

川尻将由監督は、短編デビューアニメーション映画『ある日本の絵描き少年』(18)は、第40回ぴあフィルムフェスティバル準グランプリ、第23回 文化庁メディア芸術祭/アニメーション部門 優秀賞、第74回毎日映画コンクール大藤信郎賞など多数の映画祭で賞に輝き注目を集めている。

映画『CHERRY AND VIRGIN』PV

本作で川尻監督が挑むのは、普遍的なラブストーリー。
女性に免疫が無いエロ漫画家の遼(32歳)と、腐女子で現実の男性に良い印象を持たない亜美(28歳)という、互いにリアルな男女関係が苦手な二人があるきっかけを通して偶然出会い、とまどいながらも他者と交わって生きることの“苦しさ”と“愛おしさ”を知っていくさまが、現代のサブカルチャーを通して描かれる。
前作『ある日本の絵描き少年』(18)と同様に実写映像素材をベースにしてアニメーションを制作する“ロトスコープ”と呼ばれる手法によって制作、アニメーションをベースにしながらも、実写、漫画の要素を取り入れた川尻の独創的な従来のアニメーションの枠を超えた映像表現は、邦画界に旋風を起こすこと必至だ。

川尻監督とともに本作の企画を立ち上げたのは、第39回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、最優秀脚本賞など国内外で数多くの賞を受賞した安藤サクラ主演『百円の恋』(14)や、昨年の東京国際映画祭のオープニング作品としても話題を呼んだ森山未來主演『アンダードッグ』(20)なども手がける気鋭のプロデューサー佐藤現。
「3年前に川尻監督の前作『ある日本の絵描き少年』を観て魂が震え、その瞬間から“川尻将由”という才能を世界に送り出すことが、僕のプロデューサーとしての目標となりました。日本映画に新たな潮流が生まれる瞬間を見届けてください。」と初めての劇場アニメーション作品のプロデュースに向けて決意を語る。

川尻監督は次のように本作完成に向けての意気込みを語っている。
「アメリカのコミックには、所謂“アメコミ”と呼ばれるヒーローものを主体にしたジャンルと、『ゴーストワールド』や『アメリカン・スプレンダー』など人間ドラマを主軸にした成人向けのジャンル、“オルタナティブ・コミック”と呼ばれる、主流とは逸脱した作家性の強い作品群が存在します(ガロ系といった方が話は早いかもしれません……)。
この企画『CHERRY AND VIRGIN』もまた決して日本のアニメの主流と呼べるものではありません。
主人公たちは可能性を秘めたキラキラしている10代の男女ではなく、疲れたアラサーであり、遅れてきた青春をつかもうとする姿は痛々しく滑稽で、同情と批判のいりまじる少し居心地の悪いドラマが続く作品です。
しかしその物語に内在する「男女の性差」「夢と現実」「自己実現と自己探求」といったテーマを語るための映像表現は、とても新鮮で豊かなものになっております。
“キャラクター商売”でもなく、“セルルック”のアニメでもなく、日本のアニメマナーから今最も逸脱した商業作品だと自負しています。ご興味ある方は、この日本で数少ない“オルタナティブ・アニメ”が完成するよう、 是非ご助力お願い申し上げます」

すでに川尻の才能に注目する国内外の映画人からの応援コメントも到着。
2018年、同様にクラウドファンディングを通してアニメーション映画『音楽』を製作、スマッシュヒットを飛ばした岩井澤健治は「川尻監督作品からは商業ベースで作家主義を貫ける可能性を感じます。新作が新しいアニメーション表現による映画体験になることを期待しています!」と述べ『勝手にふるえてろ』(17)や『私をくいとめて』などでも知られる映画監督の大九明子は『ある日本の絵描き少年』を観て「しんじ君が公園で覆面を剥がした瞬間、私はとても悲しくなった。あの二人には幸福だらけでいてほしかったんだと思う。泣いたり笑ったりしっかりエンターテイメント。それはまさに、映画でした。」と期待を寄せている。

2022年春完成を目指す『CHERRY AND VIRGIN』のクラウドファンディングでは、目標金額を300万円に設定。公開に向けての国内外での宣伝などに費やす。

『CHERRY AND VIRGIN』クラウドファンディングページ:
https://motion-gallery.net/projects/candv2022

CHERRY AND VIRGIN

イメージボード

応援コメント(順不同)

●岩井澤健治(アニメーション映画『音楽』監督)
川尻監督作品からは商業ベースで作家主義を貫ける可能性を感じます。
新作が新しいアニメーション表現による映画体験になることを期待しています!

●大九明子(映画監督)
(『ある日本の絵描き少年』を観て)
しんじ君が公園で覆面を剥がした瞬間、私はとても悲しくなった。あの二人には幸福だらけでいてほしかったんだと思う。泣いたり笑ったりしっかりエンターテイメント。
それはまさに、映画でした。

●足立紳(脚本家・映画監督・小説家)
川尻将由監督の「ある日本の絵描き少年」を観たのは、昨年春の最初の緊急事態宣言のときだった。
好きな映画さえも見る気になれない、重い気持ちの日々だったから、20分という短い時間ならと思って見た。
一瞬のようにも、とてつもなく長くも感じた濃厚なその20分の間、現実を忘れ、終わった時には現実に立ち向かう力が漲っていた。家族全員に無理やり見せた。
その川尻監督が初めての長編映画を制作されるということで、きっと「ある日本の絵描き少年」を観た人たちは全員が楽しみにしていると思う。ご覧になっていないかたはユーチューブですぐ見られるので是非観て頂きたい。川尻監督の長編映画を絶対に観たくなると思います。

●カズ・ワタナベ(ジャパン・カッツ 副ディレクター)
川尻将由さんが新しいプロジェクトを準備していることを知り、とてもワクワクしています。私は、 彼の短編映画 『ある日本の絵描き少年』 をとても好きです。アニメーション、映画制作、ストーリーテリングに対する彼の計り知れない創造性と才能を示している作品です。2019年にジャパン・カッツでこの作品を上映できたことをとても誇りに思います。彼が次に何をするのか、楽しみです。

●ルパート・ボッテンベルク(ファンタジア国際映画祭「アクシス」部門(アニメーション)ディレクター)
川尻将由監督の思慮深く革新的な短編映画『日本のある絵描き少年』を選んだことは、プログラマーとして最も満足のいく選択でした。
この作品では、語り手の人間的な成長と主人公の創作が成熟していく様子が、非常に卓越した説得力のあるやり方で並行して描かれ、観客を予想外の感動的な結末へと導いてくれます。この有望な才能からもっともっと作品が生まれることを期待するばかりです。

●アリエル・エステバン・ケイヤー(ファンタジア国際映画祭アジア・プログラミング共同ディレクター)
コンセプチュアルな短編作品 『ある日本の絵描き少年』 の万華鏡のような多面的なアニメーション・スタイルを通してわかることは、川尻将由監督が、多様なスタイルや様々な時代のアニメをよく勉強していること、そして一人のアーティストの進化をよく見ていることです。
そして彼自身が最も有望な若手作家の一人であることを証明しました。彼の今後の作品に期待したいと思います。その作品は、スタイル的にも、感情的にも、知的にも、野心的なものであるべきです。

プロフィール

監督/川尻将由(かわじりまさなお)

1987年生まれ、鹿児島県出身。大阪芸術大学在学中、原 恵一監督作などに影響を受け、アニメーション制作を志す。アニメスタジオに勤務後、映像制作会社を起業。
2018年に発表した自主制作の短編アニメーション『ある日本の絵描き少年』は、監督・脚本・絵コンテを手掛け、第40回ぴあフィルムフェスティバル準グランプリ、第74回毎日映画コンクール大藤信郎賞など数多の映画祭で受賞を果たした。アニメーションのみならず実写、漫画の要素も取り入れたハイブリッドな作風で出品した国内外の映画祭で、注目を集めている。

川尻将由

川尻将由監督

遼/大門嵩(おおかどたかし)

1988年生まれ、奈良県出身。テレビ、 映画、CMと活躍。企画、共同監督した短編映画「COCKROACH」がショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2018で優秀賞、英国のネクスジェン国際短編映画祭でベストコメディー賞を受賞するなど、国内外の多くの映画祭に入選。2019年、日台合作の短編映画『多日想果』(タピオカ)を監督するなど、幅広く活躍している。5月8日(土)より主演する『「16」と10年。遠く。』(川延幸紀監督)の公開が控える。

大門嵩

大門嵩

亜美/清瀬やえこ(きよせやえこ)

1990年生まれ、長野県出身。映画、テレビを中心に数多くの作品に出演、2012年、2013年、2017年とMOOSIC LAB出品作品に主演し、女優賞を受賞。近年の主な出演作に『紙の月』(14/吉田大八監督)、『貞子vs伽椰子』(16/白石晃士監督)、『ゆきおんなの夏』(16/亀山睦実監督)、『遊星』(16/岩切一空監督)、『スペシャルアクターズ』(19/上田慎一郎監督)、短編『そこにいた男』(20/片山慎三監督)などがある。

清瀬やえこ

清瀬やえこ

映画『CHERRY AND VIRGIN』

本作は、ロトスコープの手法をとり実写素材から作画・背景を制作。ロトスコープ用の撮影に参加したキャストがアニメーション本編の声も務める。

監督:川尻将由
出演:大門嵩 清瀬やえこ
製作・配給:東映ビデオ
(C)2022東映ビデオ
Twitter:@candvMovie

2022年 全国公開

CHERRY AND VIRGIN

イメージポスター

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA