• HOME
  • News
  • 映画
  • 泉谷しげる、小池栄子、みなみらんぼう、中山忍。映画『いのちの停車場』完成披露試写会舞台挨拶【Part 1】

泉谷しげる、小池栄子、みなみらんぼう、中山忍。映画『いのちの停車場』完成披露試写会舞台挨拶【Part 1】

4月14日、東京国際フォーラムにて、映画『いのちの停車場』完成披露試写会舞台挨拶が行われた。3部構成で行われたステージのうち、泉谷しげる、小池栄子、みなみらんぼう、中山忍、成島出監督が登壇したPart 1をレポート(動画&フォト)。

舞台挨拶レポート

■トークノーカット動画

■最初のあいさつ

映画『いのちの停車場』完成披露試写会

中山忍/小池栄子

泉谷しげる(並木徳三郎 役)
この『いのちの停車場』には、私はそんなに出てないので、登壇の意味があるんだかどうか、ちょっとよくわからないんだけど来てしまいました。
この映画をこれから見ていただきますけども、自分の中では岡田裕介会長がお亡くなりになってしまったっていうことを信じたくないんだけど、後は応援するつもりで、出演シーンの数は少ないけど、キャンペーンの数は増やしたいなと、そう思って頑張ります(笑)
(※岡田裕介東映グループ会長は、2020年11月18日、本作打ち合わせ中に倒れ、帰らぬ人となった。)

映画『いのちの停車場』完成披露試写会

泉谷しげる

小池栄子(寺田智恵子 役)
末期の肺がんを患う芸者を演じさせていただきました。
素晴らしい先輩方のお芝居を完成した作品を見て、涙を流しながら見たのが正直なところであります。
このような素晴らしい作品に参加できたことをとても光栄に思いながら、今日来させていただきました。

映画『いのちの停車場』完成披露試写会

小池栄子

みなみらんぼう(柳瀬尚也 役)
僕は、40数年前に映画を一度体験して、40数年ぶりに映画に帰って参りました。
世界中を放浪する男が金沢に帰ってきて、そこでバーを営業しているマスター役です。そのバーには、まほろば診療所の先生方や、看護師さん達のたまり場にもなっています。

映画『いのちの停車場』完成披露試写会

みなみらんぼう

中山忍(咲和子の母 役)
私は吉永小百合さんのお母さん役を演じさせていただきました。吉永さん演ずる咲和子の子ども時代の記憶の中のお母さんです。
この作品を通じて、生きたいと願う命と、生きて欲しいと願う命と、もう充分に生きたよと思う命が本当に一つの同じ命なんだということに少し正直戸惑いも覚えました。
でも、まほろば診療所の皆さんが終わりゆく命に寄り添っていく姿に、とても明るい希望を感じました。
そして、泉谷さんもさきほどおっしゃられてましたが、亡き岡田会長が、今のこの客席をご覧になった時に、とても喜んでくださると思います。岡田会長のことを思うと涙が出てしまうんですけれども、寂しいだけじゃない、悲しいだけじゃない、今限りある命を大事にしようと思う、そう思える素晴らしい映画になったと思います。

映画『いのちの停車場』完成披露試写会

中山忍

成島出監督
本当に色々なことがあって、ようやく完成して、今日の日をついに迎えることができて感無量です。

映画『いのちの停車場』完成披露試写会

成島出監督

■役作りについて

-演じるにあたって、監督とどのようなお話をされましたか?

泉谷しげる
演技について話をしたことってありましたっけ?世間話しかしてないですよね?
監督は、あれやれ、これやれってあんまり言わないんですよ。だから、(役者に)任せておいて、ダメだっていうタイプ(笑)
一番良い形じゃないですかね。

映画『いのちの停車場』完成披露試写会

成島出監督
泉谷さんとの撮影は本当に楽しかったです。

泉谷しげる
いえいえ、ちょっと文句があります。(俺の出演シーンを)もっと増やせよ、コノヤロー!(笑)

小池栄子
芸者さんが病を受け入れて、どう向き合っていくのかというのは、監督からご指示があったと思いますけれども、決してそのまま後ろ向きになるのではなく、病と共に生きていく、そして最後まで芸者として生きていくという覚悟みたいなものがあると。
でも、泉谷さんが少ないって言ったら、私はもっと少なくなっちゃうので(笑)
でも監督、出番は量じゃないですもんね?

成島出監督
はい。

小池栄子
この作品には、いろんな患者さん出てきますけども、その受け止め方、病との向き合い方っていうのは、それぞれケースが違うと思うんです。
私が演じた芸者さんというのは、覚悟を持って病気と共に、私は私らしく生きていくんだという姿になればいいなと思って演じました。

映画『いのちの停車場』完成披露試写会

みなみらんぼう
僕を映画に出させるために、監督はわざわざ家の近所まで駆けつけていただきました。ありがとうございます
それで監督に僕はどんなことをどんな風に演じたらいいんですかって聞いたら、普段のままにやってくれって言うんです。
いきなり、演技の極意みたいなことをやれって言うんでしょうか、それが一番難しいと内心思ったものでした。

映画『いのちの停車場』完成披露試写会

成島出監督
モンゴル好きのマスターの役をお願いしたんですけど、偶然、らんぼうさんもモンゴルがすごく好きで、大草原をいっぱい旅したお話も聞かされたりして、これはご縁だなと思いました。らんぼうさんが出ているシーンは、らんぼうさんの人柄が出ていてとても良いシーンになりました。

中山忍
現場で監督に言われて印象的だったことがあります。
現場に入るまでは、吉永小百合さんのお母さん役ということで、嬉しくて浮き足立つ気持ちでいたんですけども、最初のテストの時に監督から「忍さん、お芝居しようとしないでください」って言われたんです。
何かお芝居したいという気持ちが出てしまっていたんだなぁと思ってハッとしました。
その後にはもう本当に咲和子のお母さんとして、田中泯さん演じるお父さんと一緒に、ただその場にいようと心がけました。

映画『いのちの停車場』完成披露試写会

■撮影中エピソード

-撮影中のエピソードで記憶に残っていることは?

みなみらんぼう
台本のはじまりのところに「ここで歌を口ずさむ」って書いてあるんですね。
何を歌うんだろうなと思ってたら、監督が来て「らんぼうさん、一曲作ってください」と。
一晩で僕は作りまして、次の日に本番です。
その歌をみんなで聞いて吟味したりしてくれるのかと思ったらそれもなし。
いきなり歌ってくださいという感じで、すごいことやらせるもんだなぁと思いましたけども、横にいた西田敏行さんが、一緒に口ずさんでくれるんですよね。
それで結局二人の二重奏みたいな形になって、孤独が救われました。
その歌は映画の中に出て参りますので、是非お楽しみに。

泉谷しげる
自分のシーンのとこだけなんですけど、すげぇゴミで汚ねぇんですよ。
ネズミの死骸かなんかもセットで作りやがってさ、これ本物?っていうくらいすごいリアルなのよ。
東映の美術はすごいなぁという恐ろしい現場だったんですよ。本当に汚くて。
こんなとこに吉永小百合を入れるのかと、もうすごい怒りが増してて、良い演技ができたかなという(笑)
で、それはいいんだけど、その撮影中、ずっと岡田会長がいてくれて、久しぶりだったんでずっとベラベラ喋ってたんです。
なぜ久しぶりで喋りたかったかっていうと、昔、ある番組で一緒になった時に、彼を随分いじめたんです。私が。
もちろん、冗談なんだけど、自分より1歳年下なんで、ちょっと先輩面して、演技とはなぁって、演技なんて考えてもいないくせにね(笑)
彼はいじられやすいとこらがあったからね。で、申し訳なかったなって思って、今回、吉永さんの映画だし、岡田さんがやるんで是非とも!と参加したんです。

成島出監督
泉谷さんは岡田さんとずっと映画の話をされてましたよね。泉谷さん、映画の歴史に詳しくて感動しました。

泉谷しげる
で、面白かったのは、岡田会長、ヤクザ映画が大っ嫌いで、「あんなものはロクなもんじゃない」って言ってて(笑)、それが可笑しかったですね。

映画『いのちの停車場』完成披露試写会

■フォトギャラリー

[写真:金田一元/動画・記事:桜小路順]

■関連記事

映画『いのちの停車場』

「そこは、自分らしく輝ける場所。」
誰もが予想だにしなかった未知のウイルスに、世界が翻弄されている昨今。「生と死」について考える機会が増えたそんな今だからこそ立ち返るべき、 “いのちを生きる”ことの喜びを、映画『いのちの停車場』が、全世界に問いかける。

INTRODUCTION
都内の高齢者医療専門病院に勤務し、命の終わりを真摯に見つめる現役医師でありながら、作家として「サイレント・ブレス」(2016年刊行)や、NHKにてテレビドラマ化され話題を呼んだ「ディア・ペイシェント」(2018年刊行)を世に送り出した南杏子による「いのちの停車場」(幻冬舎)。今の日本の長寿社会における現代医療制度の問題点やタブーに正面から向き合い、それらに携わる医師、患者、その家族が描かれたその感涙の物語を、『八日目の蟬』(2012)や『ソロモンの偽証 前篇・事件 / 後篇・裁判』(2015)など多数の名作を生みだした映画界を代表する監督のひとり成島出がメガホンを取り、映画化。
在宅医療を行う主人公の医師を演じるのは、日本を代表する女優である吉永小百合。吉永を支える共演陣として、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行をはじめ石田ゆり子、南野陽子、柳葉敏郎、小池栄子、泉谷しげるら豪華キャストが集結!この春、世代を超えたオールスターキャスト&スタッフが紡ぐ感動のヒューマン医療大作が誕生する。

STORY
東京の救命救急センターで働いていた咲和子(吉永小百合)は、ある事件をきっかけに、故郷の金沢で「まほろば診療所」の在宅医師として再出発をする。様々な事情から在宅医療を選んだ患者と出会い、戸惑いながらも、まほろばのメンバーと共にいのちの一瞬の輝きに寄り添っていく。その時、最愛の父が倒れてしまい…。

出演:吉永小百合
松坂桃李 広瀬すず
南野陽子 柳葉敏郎 小池栄子 みなみらんぼう 泉谷しげる
石田ゆり子 田中泯 西田敏行
監督:成島出  脚本:平松恵美子  原作:南杏子「いのちの停車場」(幻冬舎)
推薦:日本在宅医療連合学会 全国在宅支援医協会  後援:日本在宅ケアアライアンス
(C)2021「いのちの停車場」製作委員会
公式サイト:teisya-ba.jp
公式Twitter:@Teishaba_movie
公式インスタグラム:@Teishaba_movie
#いのちの停車場

映画『いのちの停車場』予告映像

映画『いのちの停車場』特別バージョン予告

2021年5月21日全国ロードショー

いのちの停車場

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA