ARASHI’s Diary -Voyage-

「ARASHI’s Diary -Voyage-」がついにフィナーレ。予告編&場面写真解禁

2019年12月31日に第1回を配信開始して以降、嵐の活動休止までに掛ける覚悟、揺れ動く想いなど、嵐5人の姿を絶えず追い続け、リアルな彼らを毎月配信されてきたNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」の最終話/第24話「We are ARASHI」が2月28日(日)午後5時より配信。フィナーレを迎えるにあたって、予告編と場面写真が解禁された。

第24話 「We are ARASHI」

活動休止の発表以前から、約2年にわたり嵐に独占密着。2019年12月31日から、その活動の裏側とリアルな今の想いを追ったエピソードを毎月配信してきた本作。その最終話は、嵐の旅路-Voyage-の終着点、彼らが万感の思いで臨んだ無観客生配信ライブ『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』までの約半月、そのラストスパートの日々。そして当日、ライブを終えた直後の姿まで、その全てを見届けた「5人の最後の“日記(記録)”」。
メインステージの階段上で、繋いだ手を高く掲げた5人。最後の最後に一筋の涙を見せた櫻井、穏やかな清々しい表情で会場を見渡していた大野、ずっと潤んだ瞳のまま“ありがとう”と呟いた二宮、こみ上げる涙を必死に堪えていた相葉、真っ赤な目をして笑顔であり続けた松本……。嵐としての活動休止を迎える“その時”を、ファンと繋がる生配信ライブで共に過ごし締めくくった『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』。休止発表前からおよそ2年をかけ、この日のために準備してきた彼らが、そのステージに立ち、5人で“嵐”を全うするまでのラスト半月に肉迫。
年末かつ休止前最後の凄まじい仕事量の中で、懸命に取り組むリハーサルの日々。リハーサル室で、東京ドームでのゲネプロのステージで、体に染み込ませるように、記憶に刻み込むように、粛々と“ラストライブ”に向き合う5人の横顔と、活動休止を目前に控えた今の思い、実感。そして、ついに迎えた2020年12月31日。会場入りする5人それぞれの移動車内の景色、<15:00><16:15><19:41>刻一刻と近づく開演時間を前に、彼らは何を思うのか。ラストステージへと向かう5人をを克明に映し出す。

Netflixコンテンツ・アクイジション部門ディレクターの坂本和隆は「ARASHI’s Diary -Voyage-」がフィナーレを迎えることを受け、「2019年12月からNetflixは嵐と旅路を共にしてきました。彼らのファンへの想い、そしてコロナ禍においても目指す方向を失わないその姿に勇気をもらった方も多いのではないでしょうか。嵐の知られざる一面を、世界190カ国のNetflixメンバーに毎月タイムリーにお届けするという新たな挑戦を共にできたことに感謝いたします。この“ダイアリー(日記)”はNetflixで色褪せることなく、いつまでも多くの人にご覧頂ける作品となるでしょう。引き続き、皆さまに感動や驚きをお届けできる作品をお届けすることを目指します。」と語っている。

予告編

ARASHI’s Diary -Voyage-

Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」

出演:相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔
演出:原田陽介
エグゼクティブ・プロデューサー:藤島ジュリーK. 坂本和隆 (Netflix コンテンツ・アクイジション部門 ディレクター)
エピソード:全24話
Netflix番組サイト:https://www.netflix.com/嵐

Netflixにて全世界独占配信中

【ARASHI’s Diary -Voyage-とは】
1999年にデビューをした“嵐”はトータルCDセールス約4000万枚以上、コンサート動員数約1400万人以上という前人未到の記録を樹立。日本人アーティストとして数々の記録を打ち立てた名実ともに日本のTOPボーイズグループである。そんな彼らは、2019年1月「2020年いっぱいでの活動休止」という衝撃の発表。そこから約1年。結成20周年となる11月には、ジャニーズ初の5大SNS解禁や、シングル曲の全世界デジタル配信の決定などを発表し、また2日間アジア4都市を回ったキャンペーン「JET STORM」を敢行するなど、これまでにも増して精力的に活躍の場を広げている。そんな彼らの想いとは、そして彼らは何を想い、その日に向かっているのか・・・。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA