• HOME
  • News
  • 映画
  • 井上真央 主演最新作『大コメ騒動』主題歌は米米CLUB書き下ろし新曲&本予告解禁
米米CLUB

井上真央 主演最新作『大コメ騒動』主題歌は米米CLUB書き下ろし新曲&本予告解禁

102年前に富山で起こった「米騒動」の史実に基づき、そこで活躍した女性たちにスポットを当て描く、“大痛快”エンタテインメント作品『だいコメ騒動』より、の本予告映像と主題歌が解禁となった。

1918(大正7)年、富山県の貧しい漁師町で起こった「米騒動」。日本の女性が初めて起こした市民運動ともいわれる出来事で、映画『大コメ騒動』は、当時活躍したおかか(女房)たちにスポットを当てた“大痛快”エンタテインメント作品。
主人公・松浦いとを演じるのは、『八日目の蝉』で日本アカデミー賞最優秀女優賞を受賞した女優・井上真央。
おかかたちのリーダーのおばば役に室井滋、いとの姑役に夏木マリなど豪華女優陣に加え、立川志の輔、柴田理恵など富山出身俳優も数多く出演。
監督も富山出身、大ヒット作『超高速!参勤交代』を手がけた本木克英。日々の暮らしを守るため、井戸端から沸き上がった女性たちの声が社会を大きく変えていく<笑いあり!涙あり!>の実話で新年の幕開けにふさわしい1本となっている。

本予告

解禁となった本予告には、おかかたちのパワフルな姿と、その裏側にある苦悩が映し出されている。
コメの価格高騰に頭を悩ませるおかかたちの映像からスタートし、「女が動いたところで変わらんがやちゃ」とおかかたちをあしらうかのような男性のセリフが、当時の様子を色濃く表している。
それでもめげずに米の積み出し阻止に立ち上がるおかかたちの行動は、“女一揆”と新聞に書き立てられ、若き新聞記者の目に映る彼女たちはまさに“強い女性”そのもの。
がしかし、怒りを爆発させるいとの叫びで一変。約60キロもある米俵を必死の形相で担ぎ運ぶおかかたちや、出稼ぎに旅立つ夫を涙をこらえて見送るいと、米屋に土下座する姿…。「毎日生きていくだけで精一杯」という言葉の通り、家族のために懸命に生きる姿が丁寧に描かれており、どんなに困難な状況でも「負けんまいけ!やらんまいけ!」と自分を奮い立たせざるを得なかった、おかかたちの葛藤が垣間見える。

主題歌は米米CLUBの書き下ろし新曲

主題歌は、今年デビュー35周年を迎えた米米CLUBが本作のために書き下ろした「愛をこめて」2021年1月6日CDリリース)。
米米CLUBのカールスモーキー石井とリーダーのBONは口を揃えて「感動しました!」と本作の感想を述べ、BONは「まさしく今のコロナ禍の時代、これからどうなるんだろうということにおいてもオーバーラップされて。一人一人がちゃんと真っ直ぐ前を向いていれば何とかなるんじゃないか、元気をもらえる映画で、すごく良かったです」とコメント。
カールスモーキー石井は「女性が強いというのは身に染みているが、あそこまで強いとは!」と驚愕。「女性の強さはもう十分、映画で描かれているので(中略)、みんなを鼓舞するとか元気づけるとかそういうんじゃなくて、近寄ってて、肩をポンっと優しくたたいてあげたいな、そうゆう歌であってほしいなって思いました」と、主題歌に込めた想いを語った。

“日々の暮らしを守りたい”と願ったおかかたちの想いが、いかにしてあの“米騒動”へと発展したのか。史実に基づき女性たちの活躍を描く“大痛快”エンタテインメント作品、『大コメ騒動』は2021年1月8日(金)全国公開となる。

米米CLUB コメント

米米CLUB

-本編を鑑賞した感想

カールスモーキー石井
単純に感動しましたし、こんなに“米”という言葉が出てくる映画、今まであっただろうかというくらい出てきて、この人たちみんな米米CLUBに入れたいなと(笑)。“女性が強い”というのは身に染みて思っていますけど、“あそこまで強いとは!”と映画を観て感じました。

BON
ストレートに感動しまして、自分たちの主題歌が最後に流れたとき、グッときちゃいましたね。米騒動は文字面では知っていますけど、本当に日本の歴史の中でそういったことがあって、家族を守る女の人のエネルギーが素直に伝わってきたので、本当に感動しました。まさしく今のコロナ禍の時代、これからどうなるんだろうということにおいてもオーバーラップされて。一人一人がちゃんと真っ直ぐ前を向いていれば何とかなるんじゃないか、と元気をもらえる映画で、すごく良かったです!

-主題歌のオファーがあったとき感じたことや、主題歌「愛を米て」に込めた思い

カールスモーキー石井
米騒動という言葉は知っているけど、『大コメ騒動』って“大(だい)”が入っている。どんだけすごいんだろうって(笑)。
最初、コメディみたいな感じで、「そこにも“コメ”が入ってるな」と盛り上がり、面白い映画なのかなと思っていたんですけど、脚本を読むと、それだけじゃないなって。
実を言うと、米米CLUBが全員でこーでもない、あーでもないって集まって曲を作ることって意外と少ないんですよ。最初からこの歌はみんなで作りたかったんですよね。

BON
スタジオに入って、石井がギターを弾いて、「こんなメロディでこんな感じかなぁ」って。「何となくこんなベース弾いてよ」「じゃぁ何となくね」とみんなでセッションしながら作りました。

カールスモーキー石井
女性の強さはもう十分、映画で描かれているので、このコロナ禍で世界中が苦しんでいる、その中で歌われる曲って何なんだろうって思ったんです。この映画のためだけじゃなく、この映画から広がっていくような世界が歌にないといけないなって、思うんですよね。みんなを鼓舞するとか元気づけるとかそういうんじゃなくて、近寄ってて、肩をポンっと優しくたたいてあげたいな、そうゆう歌であってほしいなって思いました。

-映画の公開を楽しみにしている方々へメッセージ

カールスモーキー石井
女性の持っている強さみたいなものをすごく感じる映画だと思いますし、女性にはもちろん観てほしいですけど、男性も観た方がいいです。どこか日本男児って、やたらと胸張って男らしく生きていくみたいな風潮がある。でも中にはそれについていけない男性もいるんですよね。映画を観ると、女性について行った方がいいのかもしれないなって思います(笑)。

BON
最初から最後まで楽しめる。すごく元気もらえるので、ぜひ、観に来てください!

映画『だいコメ騒動』

<あらすじ>
大正7年8月。富山の海岸に住むおかか(女房)たちは、毎日上がるコメの価格に頭を悩ませていた。夫や育ち盛りの子供達にコメを食べさせたくても高くて買えない。困ったおかかたちは、近くの米屋にコメを安く売ってくれと嘆願にいくが失敗。リーダーのおばばが逮捕されてしまう。コメの価格はますます高騰し、ある事故をきっかけに我慢の限界を迎えたおかかたちはついに行動に出る。

監督:本木克英(『釣りバカ日誌』『超高速!参勤交代』『空飛ぶタイヤ』『居眠り磐音』)
出演:井上真央、室井 滋、夏木マリ、立川志の輔、左 時枝、柴田理恵、鈴木砂羽、西村まさ彦、内浦純一、石橋蓮司
プロデューサー:岩城レイ子
プロダクション統括:木次谷良助
脚本:谷本佳織 音楽:田中拓人
配給/ラビットハウス、エレファントハウス
公式サイト:https://daikomesodo.com/
公式SNS:@daikomesodo

2021年1月8日(金)TOHOシネマズ日本橋ほか全国公開
※2021年1月1日(金)より富山県にて先行公開

大コメ騒動

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA