Women of Excellence Awards

第6回「Women of Excellence Awards」、吉田都、水野美紀が受賞

第6回目を迎えた「Women of Excellence Awards(ウイメン・オブ・エクセレンス・アワーズ)」にて、ビジネス部門にバレリーナ・新国立劇場舞踏次期芸術監督の吉田都、スペシャリスト部門に女優の水野美紀が選出された。本アワードは、「自分らしく働き、輝く女性」の応援を目的として創設されたもの。

「ビジネス部門」を受賞した、バレリーナ・新国立劇場舞踏次期芸術監督の吉田都は、日本が世界に誇るトップ・プリマとして前人未到のキャリアを築き、退団後も舞台に立ち続けながら後進を育成。
さらにこの秋からは新国立劇場の芸術監督として新たな挑戦がスタートする。
日本から世界へと発信できる作品づくり、ダンサー育成の環境整備に意欲的に取り組んでいる点が評価され、選出された。

吉田都は「今は、見通しがつきにくいコロナ禍。舞台に立てず、表現の場を失ったダンサーたちは翼をもがれた鳥のよう。ドイツのグリュッタース文科相は、『文化は良き時代においてのみ享受される贅沢品ではない。一定期間、文化活動を諦めなければならないとすれば、それがどれほどの損失であるかもわれわれは理解している』と語りました。日本でも多くの人に分かってもらえるよう、より良い作品づくりやバレエ団のレベルアップに努めます」と、今後の目標を熱く語った。

「スペシャリスト部門」を受賞された女優の水野美紀は、演技の研鑽にたゆまず取り組み、難役に次々と挑戦。特に近年のドラマでの活躍は目覚しく、出演の度に大きな話題になっている。
エッセイでは自身の経験を独自の感性でコミカルに綴り、女性たちの共感を集めている。さらに主宰する演劇ユニットでは脚本・演出も担当するなどマルチな才能を発揮し、型にハマることなく縦横無尽に活躍され、働く女性たちを勇気づけ、エンパワーメントする存在といえるところが選出理由となった。

水野美紀は、「受賞できて大変光栄に思います。クリエイターは作品を通して、時に人々の不安や怒りを代弁したり、笑いや癒やしを生んだりして、目に見えない空気や感情を形にしてきました。私はこのコロナ禍での変化への不安も驚きも希望も苛立ちも、全て仕事に還元します。表現によってたくさんの人と共有し、この時代を後世に伝えられたらと思います」と受賞の喜びを語った。

Women of Excellence Awards

吉田 都/水野美紀

受賞者の二人には、「Women of Excellence Awards」の趣旨に賛同し、創設時より協賛しているセイコーウオッチ代表取締役社長兼COO 兼CMOの高橋修司氏から副賞のグランドセイコーが贈られ、「ウィズ・コロナの時代には女性の柔軟な考え方や斬新な発想が新しい価値観やライフスタイルを生み出すと信じております。女性のさらなる活躍をグランドセイコーはより一層応援していきます」とエールを送られた。

受賞者コメント動画

Women of Excellence Awards公式サイト:https://special.nikkeibp.co.jp/atclh/ARIA/20/seiko0803/

◆「ビジネス部門」受賞

吉田 都/バレリーナ・新国立劇場舞踊次期芸術監督
東京都生まれ。ローザンヌ国際バレエコンクールでローザンヌ賞受賞後、英国バレエスクールに留学。 英国で22年間にわたり、最高位であるプリンシパルを務めた。紫緩褒章、大英帝国勲章(OBE)など受賞歴多数。文化功労者に選出。
近著に『永遠のプリンシパル』 。

吉田 都

吉田 都

◆「スペシャリスト部門」受賞

水野美紀/女優
三重県生まれ。1987年デビュー。テレビドラマ・映画・舞台に出演するほか、執筆・ナレーションなど多方面で活躍。主宰する演劇ユニット「プロペラ犬」では脚本・演出も。著書に『水野美紀の子育て奮闘記 余力ゼロで生きてます。』など。

水野美紀

水野美紀

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA