• HOME
  • News
  • 映画
  • 映画『もち』、公開記念イベント開催。著名人からコメントも。
もち

映画『もち』、公開記念イベント開催。著名人からコメントも。

7月4日公開映画『もち』の公開記念イベント開催が決定した。また、養老孟司、茂木健⼀郎からのコメントも到着。

本作は、岩手県一関市骨寺村という小さな村に生きる市井の人々、その土地に脈々と生活に馴染んでいる文化を継承してきた人々を描いている。ただ、その文化も今や消えつつある。さらに、コロナ禍で文化の変化のスピードが早まっていく中で、見直される“根を張って生きることの大切さ”。
今回コメントを寄せた、養老孟司(解剖学者)と茂木健⼀郎(脳科学者)の二人は、これからの世界を生き残っていくためのヒントを日本の古来の伝統、文化から投げかけ、次の時代に突き進むことを示唆している。

コメント

養老孟司(解剖学者)
全体にとても懐かしいという感じです。特別な出来事はないけれど、日本人が日常を生きるとは、こういうことなんだと納得します。
若者にも年配者にも見てもらいたいと思います。

茂木健⼀郎(脳科学者)
これは、過ぎ去るものと永遠のまことの「出会い」の映画だ。人生で⼀度しか経験しないときめきの瞬間があざやかによみがえる。
「物語」の間から浮かび上がる「素顔」のなんとも言えない魅力。
巨匠キアロスタミの名作を思い起こさせる忘れがたいシーンの数々。私たちは少女といっしょにあこがれ、惑い、そして卒業していく。

公開記念イベント

場所:ユーロスペース

7月6日(月)19時10分の回上映終了後
ゲスト:中島信也さん(東北新社副社長・CM ディレクター)×小松真弓監督

7月10日(金)19時10分の回上映終了後
ゲスト:嬉野雅道(「水曜どうでしょう」ディレクター)×小松真弓監督

※詳細は作品公式サイトユーロスペース公式サイトまで。

映画『もち』

800年前の景観とほぼ近い姿で守られてきた岩手県一関市本寺地区に実際に住む少女、ユナ。
大切なのに、いつか思い出せなくなる日が来るのだろうかーー14歳の少女が私たちに問いかける

山々に囲まれ、冬には雪深くなる地で、古くから根付いているのは、「もち」の文化。
一つの臼(うす)でもちをついて、みんなで食べる-それは当たり前のように、ずっと続いて来た習慣。
おばあちゃんの葬式で、臼と杵でつく昔ながらの方法でどうしても餅をつきたいと言い張るおじいちゃん。家族は、そんな面倒なことをしなくても、餅つき機で同じように美味しいものができると言ったが、頑なに餅をつくという。ユナはそんなおじいさんの心の機微を感じてそっと寄り添う。
生徒の減少から中学校の閉校が決まり、最後の一年を終えると学校もなくなる。
ユナの世界も刻々と変化をしていき、友人、憧れの人が離れていくことへの不安を覚えていく。
そして彼女は問う、「努力しないと忘れてしまうものなんて、なんだか本物じゃないみたいー」。
映画に刻まれた少女のかけがえのない瞬間が心に突き刺さるのは、「忘れたくない」思いと「思い出せない」現実の狭間-私たちはいつも、その間にいるから。

出演:佐藤由奈(ユナ) 蓬田 稔(おじいちゃん) 佐藤詩萌(シホ) 佐々木俊(タツ兄) 畠山育王(先生) 他
監督・脚本:小松真弓
エグゼクティブプロデューサー:及川卓也
プロデューサー:谷田督夫
音楽:Akeboshi
配給:フィルムランド
製作:マガジンハウス、TABITOFILMS
協力:JA共済
カラー/日本/16:9/5.1ch/61分
(C)TABITOFILMS・マガジンハウス
公式サイト:mochi-movie.com

予告編

7月4日(土)より渋谷・ユーロスペースにてロードショー!

もち

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA