• 透明花火
透明花火
映画

群像劇の本作は短編を5つ撮ったような感覚。『透明花火』初日舞台挨拶

3月14日(土)池袋シネマ・ロサにて、映画『透明花火』の上映初日舞台挨拶が行われ、野本梢監督が登壇した。本作、『透明花火』は、親子の絆、見栄、愛し合うことの難しさといった、現代人なら誰もが抱える悩みや痛みを描く5人の主人公が登場する群像劇。短編作品を数多く撮ってきた野本監督にとって、初の長編作品となる。舞台挨拶では、MCの松崎まこと氏から野本監督に質問が行われ、本作の制作の経緯と、制作にあたっての感想が述べられた。

透明花火
インタビュー

【監督・キャストインタビュー】「居場所がない透明な自分に恐れを感じていた。」-映画『透明花火』

自分の居場所を見つけられず、“透明な自分に恐れを感じていた”という、野本監督の中学時代の原体験を織り交ぜて作られた映画『透明花火』。タイトルに込めた監督の思い、そして、“群像劇”という形で語られる本作の物語への、キャスト自身の取り組みについて話を伺った。