• 池脇千鶴
半世界
映画

『半世界』3冠の阪本順治監督が日本映画界に思うこと。第74回毎日映画コンクール

2月13日、ミューザ川崎シンフォニーホールにて行われた「第74回毎日映画コンクール」より、女優助演賞 池脇千鶴(『半世界』)、脚本賞 阪本順治(『半世界』)、録音賞 藤本賢一(『半世界』)の受賞の言葉を写真と共に紹介。また、表彰式後の囲みインタビューも掲載。

蜜蜂と遠雷
映画

『蜜蜂と遠雷』『半世界』が共に3冠。「第74回毎日映画コンクール」の受賞作品・受賞者決定

「第74回毎日映画コンクール」の受賞作品と受賞者が決定した。日本映画大賞に輝いたのは、石川慶監督の『蜜蜂と遠雷』。監督賞、スポニチグランプリ新人賞の鈴鹿央士と合わせて最多3冠を獲得。『半世界』(阪本順治監督)も、女優助演賞、脚本賞、録音賞で、同じく最多3冠を獲得した。

きらきら眼鏡
映画

安藤政信劇場炸裂!映画『きらきら眼鏡』大爆笑初日舞台挨拶

9月7日に千葉県・船橋市で先行公開初日舞台挨拶が行われた、映画『きらきら眼鏡』。 9月15日からはいよいよ全国ロードショーということで、東京・有楽町スバル座でも舞台挨拶が行われた。 船橋での舞台挨拶では、自身の役名をど忘れした安藤政信は、「先週は失敗してしまったので、今日は謝りに来ました」と語り会場を盛り上げた。隣りにいた共演の池脇千鶴も終始大笑いだった(フォトギャラリー32枚&安藤政信劇場特集)。

映画『きらきら眼鏡』
映画

金井浩人&池脇千鶴W主演 映画『きらきら眼鏡』船橋先行公開初日舞台挨拶

映画『きらきら眼鏡』がTOHOシネマズ ららぽーと船橋にて先行公開され、初日舞台挨拶が行われた。 登壇したのは、W主演・金井浩人&池脇千鶴に加え、共演の安藤政信、古畑星夏、杉野遥亮、片山萌美、犬童一利監督、原作・森沢明夫。 『夏美のホタル』『ふしぎな岬の物語』など映画化が続く森沢明夫の小説「きらきら眼鏡」。監督は『つむぐもの』の犬童一利。 本作は、千葉県船橋市がメインのロケ地で、勝浦市も登場。両市のフィルムコミッションによる取り組みも話題になっている(舞台挨拶動画&フォトギャラリー)