• 杉田協士
春原さんのうた
映画

杉田協士監督映画『春原さんのうた』、マルセイユ国際映画祭で日本映画初のグランプリほか3冠達成

杉田協士監督長編第3作『春原さんのうた』が、第32回マルセイユ国際映画祭 インターナショナル・コンペティション部門にアジア作品で唯一正式出品、日本映画史上初のグランプリを受賞。さらに今年から新設された俳優賞、観客賞も獲得し、三冠の快挙を達成した。

ひかりの歌
映画

「光」がテーマの短歌から成る映画『ひかりの歌』初日舞台挨拶

「光」をテーマに短歌を一般公募した「光の短歌コンテスト」(選者:枡野浩一/杉田協士)において1200首のなかから選出された4首の短歌をもとに製作された全4章からなる劇映画『ひかりの歌』。 2017年の第30回東京国際映画祭ではスプラッシュ部門でエントリー。当時の舞台挨拶で出演女優の北村美岬が涙が止まらなくなったことも。 そして、撮影から3年の2019年1月12日、満を持して劇場公開となり、ユーロスペースで初日舞台挨拶が行われ、今度は杉田監督が思わず涙するシーンも。(動画&フォト)