• HOME
  • News
  • 映画
  • この撮影所、なにかがおかしい・・・『ようこそ東映殺影所へ』東映特撮出身女優が東映“殺”影所で恐怖の一夜
ようこそ東映殺影所へ

この撮影所、なにかがおかしい・・・『ようこそ東映殺影所へ』東映特撮出身女優が東映“殺”影所で恐怖の一夜

東映による映像配信作品ブランド「Xstream46」の第三弾『ようこそ東映殺影所へ』が、8月“13日の金曜日”に配信されることが決定した。合わせて、場面写真、予告編と共に、キャストコメントが到着。

本作は、東京・練馬区に実在する「東映東京撮影所」を舞台に“何か”が起きるミステリーホラー。
撮影所ならではのギミックを活かした恐怖要素はもちろん、東映作品のファンなら絶対知っているあの場所やあのキャラクターの登場で、何度も楽しめる作品となっている。

売れないアイドルグループ「ウィッシュ」のリーダー・サキを演じるのは、「魔進戦隊キラメイジャー」の敵幹部・ヨドンナを演じスーパー戦隊史上初の敵役が主役のスピンオフが作られるほど人気爆発、「サカイ引越センター」のCMでもおなじみの桃月なしこ。
過去のインタビューではホラー映画で仲間を助けて亡くなる役を演じたいと話していたが、今作ではいかに!?

同じくウィッシュのメンバー・カホは舞台出演を重ね、最近では続けてのドラマ出演など女優として活躍中の寺本莉緒。初の東映作品となる今作では恐怖の夜を生き抜いて無事に朝を迎えられるのか。

そしてウィッシュの3人目のメンバー・メイを演じるのは、国民的アイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバー、工藤遥。「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」のメインキャストとして過去に撮影所に通っていた彼女が、再び撮影所を訪れて目にしたものは――。

そして本作には撮影所ならではの見所も満載!舞台は東京・練馬区に実在する東映東京撮影所。東映撮影所で制作されたスーパー戦隊シリーズOGの彼女たちが、東映撮影所に帰ってくるという東映特撮ファンにはたまらない設定。さらに東映特撮ファンなら知っているキャラクターが登場したりと、撮影所だからこそできる演出が数多く仕込まれている。

また、脇を固める実力派キャストが集結!謎が多い撮影所の所長・皆川を演じるのは、ホラーを含む数多くのドラマや映画で活躍する実力派俳優の嶋田久作。劇中作品「ユガミⅡ」の監督・ヤマモトをベテラン・田中要次が怪演。東映作品にも数多く出演してきた二人が今作でどう活躍するのか、乞うご期待。

この度、解禁となったメイン・ビジュアルは、不穏な表情を浮かべるチアガール姿の桃月なしこ、何かを見て怯えたようなナース姿の寺本莉緒と、メイド服に身を包んだ工藤遥が中央に配置され、3人の後ろには、なにやら不気味に佇む着ぐるみらしきものが写り込んでおり、「この撮影所 なにかがおかしい…」のキャッチコピーの通り、恐怖に歪む3人の表情の理由が隠されていそうなデザインである。

ようこそ東映殺影所へ

併せて解禁された予告編では、売れないアイドルの3人がなぜか東映の映画に大抜擢され、撮影所を訪れるところから始まる。憧れの撮影所を楽しむ3人だったが、次第に不穏な空気が漂い始める・・・。
衝撃のラストカットは何を意味するのか?期待と不安に胸が高まる作りになっている。また、恐怖に怯える場面写真14点も解禁。その瞳には何が写っているのか?その視線の先は、どんな状況になっているのか?

コメント

●桃月なしこ(サキ 役)
ウィッシュというアイドルグループのサキ役を演じました、桃月なしこです。なんと普段アイドルヲタクをしている私がまさかのアイドル役、そして主演をさせて頂きました!
しかも寺本莉緒ちゃん、工藤遥ちゃんという可愛いお2人とグループを組ませて頂くというなんとも私得な配役!笑
本作はミステリーホラー作品になるのですが、私以前からホラー映画で仲間を助ける役がしたいと言っておりまして…果たしてその夢が叶うのか…はたまた全く違う役柄を演じているのか…。オール東映撮影所で撮影したので、東映作品が大好きな皆さんなら見たことある風景が沢山映っているので、ぜひそこら辺にも注目して、私達ウィッシュの活躍を楽しんで頂けたらと思います!#ウィッシュしか勝たん!

<プロフィール>
1995年11月8日生まれ。愛知県出身。ゼロイチファミリア所属。高校3年生の時、コスプレイヤーとしての活動をきっかけに事務所からスカウトされて芸能界入りを果たす。2019年10月には女性ファッション誌『bis』のレギュラーモデルに抜擢され、2020年11月には初の写真集『未完』が発売。女優としても活動を広げ、テレビ朝日「魔進戦隊キラメイジャー」を含む数々の作品に出演。

●寺本莉緒(カホ 役)
カホ役を演じました寺本莉緒です。控えめで常に誰かの一歩後ろを行く性格であるカホが東映撮影所で繰り広げられる様々な恐怖にどのように立ち向かっていくのか、果たして逃げ切ることはできるのか、是非楽しんでいただけたら嬉しいです。
私自身東映作品、そしてホラー作品は初めてだったので、先輩である桃月さん、工藤さんに助けられながらのびのびと撮影しました!3人の逃走姿、そして東映撮影所のホラーな部分を存分にお楽しみください!

<プロフィール>
2001年11月5日生まれ。広島県出身。DREAM GIRL AUDITION 2015を経てレプロエンタテインメントに所属。ミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」などの舞台出演を重ね、ドラマイズム「ガールガンレディ」や、現在放送中サタドラ「女の戦争~バチェラー殺人事件~」などテレビドラマに出演し、女優として活動の幅を広げている。

●工藤遥(メイ 役)
2018年に1年間通い詰めた、慣れ親しんだ東映東京撮影所が舞台ということで、どこか実家のような安心感と母校のような懐かしさを感じながら、撮影していました。幽霊的な怖さというより、サイコホラーのような、精神的に追い詰められる要素が満載なので、メンタルを整えて、気合いを入れてご覧ください。

<プロフィール>
1999年10月27日生まれ。埼玉出身。ジャストプロ所属。2011年、『モーニング娘。』10期メンバーに選ばれ、11歳11か月というグループ史上最年少での加入となった。グループ卒業後、テレビ朝日「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」に出演し、人気を博す。その後もテレビドラマ「遺留捜査」や映画「461個のお弁当」「樹海村」など数々の作品に出演。

『ようこそ東映殺影所へ』

【あらすじ】
売れないアイドルグループ「ウィッシュ」のサキ、カホ、メイの3人に、ヤマモト監督がメガホンをとる大ヒットJホラー映画『ユガミ』の続編の出演オファーが届く!撮影場所は、有名な映画やドラマを多数制作してきた東映撮影所。ヒーローや怪人の撮影現場や、豪華なロケ弁当に3人は大興奮。このチャンスを絶対ものにする、と決意を新たにする。だが、この撮影所には、これまで隠されてきたある秘密があった…。

出演:桃月なしこ 寺本莉緒 工藤遥
富田健太郎 川村海乃 若林元太 未梨一花 雪月彩瑛
田中要次 嶋田久作

監督:髙橋浩
脚本:光伸春/髙橋浩
制作プロダクション:東映東京撮影所
©東映
公式HP:https://xstream46.jp/
公式twitter:@xstream46

2021年8月13日(金) 配信開始/7月9日(金)EST先行配信開始

【配信サイト一覧】
■7月9日(金)より本編のみをESTで販売開始するサービス
Amazonプライム・ビデオ/Google Play/YouTube(有料)
■7月9日(金)より本編と特典映像をESTで販売開始するサービス
MIRAIL(ミレール)/iTunes Store/RakutenTV/ビデオマーケット/DMM.com/ひかりTV/TSUTAYA TV
■8月13日(金)より本編のみをTVODで販売開始するサービス
東映特撮ファンクラブ/GYAO!ストア/music.jp/J:COMオンデマンド/TELASA/milplus/
クランクイン!ビデオ/U-NEXT/ニコニコチャンネル/Paravi/dTV(予定)

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA