• HOME
  • News
  • 映画
  • 真壁幸紀監督が尾上松也をキャスティングした理由を語る。映画『すくってごらん』
すくってごらん

真壁幸紀監督が尾上松也をキャスティングした理由を語る。映画『すくってごらん』

尾上松也×ももクロ・百田夏菜子 映画『すくってごらん』(3/12公開)より、本作が映画初主演となる尾上松也のキャスティングの理由を真壁幸紀監督が語った。

本作が映画初主演となる歌舞伎俳優の若手ホープ・尾上松也。歌舞伎以外の舞台や、山崎育三郎、城田優と立ち上げたプロジェクト「IMY(アイマイ)」でも活躍、2020年は日曜劇場「半沢直樹」(TBS)に出演し話題となった。
そんな松也が主役に抜擢された理由を監督の真壁幸紀が明かした。まず、左遷された香芝誠だが、キャリアを重ねてきたエリート銀行員として30代前半の設定としたため、その年代の俳優が望ましかった。今年、松也は年男だ。そして歌が大きな魅力を放つ本作では、“歌える”ことが必須だ。松也の歌唱力の高さは折り紙付きで、ディズニー映画『モアナと伝説の海』(17)でも伸びやかな歌声を披露している。また、遊び心あふれる本作にコメディ要素は欠かせない。
30代前半という年齢、歌唱力があり、そしてコメディも演じられる華のある俳優……これら3つの条件に当てはまる俳優が果たしているのだろうか?「尾上松也がいるじゃないか!」、これが真壁監督の結論だった。
オファーを受けた松也は、企画書を読み、即座に出演を決めた。「イメージできないことがたくさんありましたが、チャレンジしてみようという心が詰まっている気がして、そこに賭けたかった。そういう人たちが好きなんです」。そして「自分の感覚を信じて、結果的に、いい判断をしたなと今は思っています」と自信を持って語っている。

他のキャストも同様に、歌唱力に定評がある精鋭が揃った。百田夏菜子においては、もはや説明不要だろう。従来の明るく元気なキャラクターとは一味違った儚げで涼やかな色香のある吉乃の歌声は本作の聴きどころのひとつだ。さらに劇団四季出身でミュージカルや舞台で主演を務める俳優の柿澤勇人、『RENT』(12)などミュージカル経験もある石田ニコル、ミュージカル『テニスの王様』等で活躍する矢崎広らが、歌に彩られた世界観を見事に作り上げた。

映画『すくってごらん』

INTRODUCTION
映画『すくってごらん』は、とある失敗で左遷されたプライドは高いがネガティブな銀行マン・香芝誠が、都会から遠く離れた地で出会った「金魚すくい」を通じて、思いもよらない成長をしていく物語。香芝を演じるのは映画初主演の尾上松也。彼が一目ぼれする美女・吉乃を初のヒロイン役となる百田夏菜子が務める。さらに、百田演じる吉乃が「お兄さま」と呼ぶ謎の男・王寺昇に柿沢勇人、松也演じる香芝に恋心を抱く魅惑的なカフェ店員・山添明日香に石田ニコルと魅力的なキャストが揃った。
原作は世界初の金魚すくいマンガにして、<このマンガがすごい!>にもランクインした傑作マンガ「すくってごらん」(大谷紀子/講談社)。メガホンをとったのは、長編デビュー作『ボクは坊さん。』で高い評価を受けた俊英・真壁幸紀。原作と同じ奈良県を舞台に「和」の世界と斬新な映像表現を融合させ、大胆かつ優雅、そして華麗なるエンターテインメントを誕生させた。

ストーリー
大手メガバンクのエリート銀行マン・香芝誠は、些細な出来事がきっかけで左遷され、荒んだ気持ちを抱えて東京本社から片田舎の町へやってきた。そこで偶然かつ運命的に、金魚すくいの店を営む美女・吉乃と出会い、一目ぼれをする。持ち前のネガティブな性格と左遷のショックから、香芝は心を閉ざし仕事だけを生きがいにしようと心に決めながらも、吉乃の事が頭から離れない。何とかお近づきになろうとするが、秘密を抱える吉乃の心もまた閉ざされたままだった。果たして、香芝は金魚のように彼女の心もすくうことはできるのか―?

すくってごらん

出演:尾上松也 百田夏菜子 柿澤勇人 石田ニコル ほか
監督:真壁幸紀 脚本:土城温美
原作:大谷紀子『すくってごらん』(講談社「BE LOVE」所載)
製作幹事・企画:東通企画
制作プロダクション:ROBOT
製作:映画「すくってごらん」製作委員会
配給:ギグリーボックス
(C)2020映画「すくってごらん」製作委員会 (C)大谷紀子/講談社
公式サイト:sukuttegoran.com

特報

3月12(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

すくってごらん

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA