• HOME
  • News
  • 映画
  • 口コミ広がり大好評の映画『いつくしみふかき』。渡辺いっけいコメント付き本編冒頭10分動画解禁
いつくしみふかき

口コミ広がり大好評の映画『いつくしみふかき』。渡辺いっけいコメント付き本編冒頭10分動画解禁

口コミが広がり、Filmarksのレビューでも4.2の高評価を獲得。7/12のテアトル新宿での上映最終回が満席で有終の美を飾った映画『いつくしみふかき』。渡辺いっけいコメント付き映画本編冒頭10分の動画が解禁となった。

psychocinematography.comで2019年の日本映画トップ10の1位に選ばれた本作は、劇団チキンハート主宰の遠山雄の親しい知人とそのお父さんについての実話で、ひきこもりの知人が葬儀で父親をかばいながらも謝罪をした姿が衝撃的だったことが映画化のきっかけ。
実際に知人が住んでいた長野県飯田市に、劇団員が実際に代わる代わる住み込んで、今回の映画化に漕ぎ着けた。
父親・広志役を、意外にも本作が映画初主演となる渡辺いっけいが、遠山の知人が基になったその息子・進一役を、遠山自身が演じ、W主演を飾る。

本作は現在、MOVIE ONやまがた、成田HUMAXシネマズ、長野・トキワ劇場で公開中。
そして、以下の通り、続々と上映館拡大の予定が決まっている。
・7月17日~長野・伊那旭座、新潟・イオンシネマ県央、イオンシネマ金沢、大阪・イオンシネマりんくう泉南
・7月24日~イオンシネマ松本、大阪・テアトル梅田
・7月31日~イオンシネマ石巻、岡山メルパ
・8月1日~名古屋・シネマスコーレ
・8月7日~福岡・中洲大洋映画劇場
・8月8日~神戸アートビレッジセンター
・8月14日~鹿児島・天文館シネマパラダイス
・8月15日~山口・萩ツインシネマ
・8月22日~長野・上田映劇、京都みなみ会館
・8月28日~愛知・刈谷日劇

さらに、横浜シネマ ジャック&ベティ、茨城・土浦セントラルシネマズ、別府ブルーバード劇場でも公開が決まっている。
ただし、舞台挨拶が可能な映画館が限られていることから、舞台挨拶の代わりに、この度の渡辺いっけいコメント付き映画本編冒頭10分動画が解禁となった。
本作で長編映画監督デビューを果たした大山晃一郎監督が、「最初の10分で、助監督の下積みの集大成というか、知っている魔法を全部使いました。世界中にいる同い年位のフィルムメーカーに、“この10分撮ってみろよ”という喧嘩のふっかけみたいなところもあります。」と話す、迫力の10分となっている。

■主演・渡辺いっけいコメント
3年前に撮影しました映画『いつくしみふかき』、2020年6月に東京は、テアトル新宿さんで無事に上映されまして、お陰様でご好評頂きまして、なんと全国数十カ所の映画館での上映が決定致しました。本当にありがたいことです。
これから徐々に、それぞれの映画館で上映されていくわけですが、全国の映画館を監督・キャストで舞台挨拶に回ろうと楽しみにしていたんですけれども、ご承知の通り、コロナの関係で舞台挨拶というものができない状況になってしまいました。本当に残念です。
でもです、舞台挨拶に代わる何かを提供できないかと考えまして、この度、映画『いつくしみふかき』の本編の一部をYouTubeで公開することに致しました。
それを見ていただいて、「続きはどうしても映画館で見なきゃ」って皆さんが思ってくれたらいいなと思って公開を致します。

映画『いつくしみふかき』は、2018年の『カメラを止めるな!』に続き、2019年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で観客賞である「ゆうばりファンタランド大賞」の作品賞を受賞し、カナダのファンタジア国際映画祭の長編初監督コンペティション部門に正式出品され、現在までに11の賞を受賞している。

映画『いつくしみふかき』

【STORY】 
30年前。母・加代子(平栗あつみ)が進一(遠山雄)を出産中に、あろうことか母の実家に盗みに入った父・広志(渡辺いっけい)。
「最初から騙すつもりだったんだろ?」と銃を構える叔父を、牧師・源一郎(金田明夫)が止め、父・広志は”悪魔”として村から追い出される。
進一は、自分が母が知らないものを持っているだけで、母が「取ったのか?この悪い血が!」と狂うのを見て、父親は“触れてはいけない存在”として育つ。
30年後、進一は、自分を甘やかす母親が見つけてくる仕事も続かない、一人では何もできない男になっていた。
その頃父・広志は、舎弟を連れて、人を騙してはお金を巻き上げていた。

ある日、村で連続空き巣事件が発生し、進一は母を始めとする村人たちに、「悪魔の子である進一の犯行にちがいない。警察に突き出す前に出ていけ」と言われ、牧師のいる離れた教会に駆け込む。
「そっちに行く」という母親に「来たら進一は変わらない」と諭す牧師。
一方、父・広志は、また事件を起こし、「俺にかっこつけさせてください」という舎弟・浩二 (榎本桜)に、「待っているからな」と言っても、実際には会いに行かない相変わらずの男で、ある日、牧師に金を借りに来る。
「しばらくうちに来たらどうだ?」と提案する牧師。牧師は進一のことを「金持ちの息子」だと嘘を吹き込み、進一と広志は、お互い実の親子だとは知らないまま、二人の共同生活が始まる。

場面カット

渡辺いっけい 遠山雄
平栗あつみ 榎本桜 小林英樹 こいけけいこ のーでぃ 黒田勇樹
三浦浩一 眞島秀和 塚本高史
金田明夫

監督:大山晃一郎
企画:遠山雄 プロデューサー:清弘樹/榎本桜 脚本:安本史哉/大山晃一郎 撮影:谷康生 照明:阿部良平 編集:菊地史子 録音:高松愛里沙 美術:榊さくら 音楽プロデュース:吉川清之 整音・効果:渡辺寛志 記録:松村愛香 衣装:深野明美 メイク:長縄希穂 制作担当:津崎雄大 助監督:安養寺工/松村卓
演技事務:清水亜紀 ラインプロデューサー:福田智穂 タイトル題字:高田菜月
主題歌:タテタカコ「いつくしみふかき」
後援:長野県飯田市 特別協力:映画「いつくしみふかき」を応援する会 遠山郷 天龍村
配給・宣伝:渋谷プロダクション 2019/5.1ch/JAPAN/DCP/109min
公式サイト:www.itukusimifukaki.com
公式Twitter:@itukusimifukaki
公式facebook:@itukusimifukaki

予告編

テアトル新宿ほか全国順次公開中

いつくしみふかき

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA