• HOME
  • News
  • 映画
  • 日本の縮図を表す政治ドキュメンタリー映画『はりぼて』の予告編解禁
はりぼて

日本の縮図を表す政治ドキュメンタリー映画『はりぼて』の予告編解禁

富山県の小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人の狡猾さと滑稽さを丸裸にした4年間を描いたドキュメンタリー映画『はりぼて』(8/16公開)の予告編が解禁となった。

本作は、2016年に市議14人をドミノ辞職に追い込んだ「政務活動費を巡る調査報道」により日本記者クラブ賞特別賞、ギャラクシー賞報道活動部門大賞、菊池寛賞を総ざらいした富山の若いテレビ局が、その後3年間の取材を重ねパワーアップした作品。日本の政治を地方政治から抉る問題作。

解禁された予告編では、架空請求、カラ出張、領収書偽造など政務活動費の着服で次々と市議会議員が辞めていく様や、市職員による情報漏洩や忖度、女性問題のスキャンダル、開き直って辞めない議員たちの姿などが映し出される。
間の抜けた不正の言い訳やどこかピントのズレた受け答え、そんな滑稽とも思える大人たちの姿と、報道する側の苦悶する姿が、今の国政ともダブり、日本の政治の縮図にも見えてくる。コロナ禍によって剥がされた現在の国政にも思いを重ねられる映像が満載となっている。

映画『はりぼて』

INTRODUCTION
“有権者に占める自民党員の割合が10年連続日本一”である保守王国、富山県。
そこにある小さなローカル局「チューリップテレビ」のニュース番組が「自民党会派の富山市議 政務活動費事実と異なる報告」とスクープ報道。
それをきっかけに議員たちの不正が次々と発覚、半年の間に14人の議員が辞職していった。
その反省をもとに、富山市議会は政務活動費の使い方について「全国一厳しい」といわれる条例を制定したが、3年半が経過した2020年、不正が発覚しても議員たちは辞職せず居座るようになっていった。
記者たちは議員たちを取材するにつれ、政治家の非常識な姿や人間味のある滑稽さ、『はりぼて』を目のあたりにしていく。日々消費されていくニュース報道の中で、“追い続けること”の意味とは?
追及する記者を含めた私たちは、腐敗した議会や議員たちを笑うことしかできなのだろうか。果たして「はりぼて」は誰なのか?
地方からこの国のあり方を問うドキュメンタリーが誕生した!

場面カット

監督:五百旗頭幸男 砂沢智史
撮影・編集:西田豊和
プロデューサー:服部寿人
語り:山根基世 声の出演:佐久田脩
テーマ音楽:「はりぼてのテーマ~愛すべき人間の性~」作曲・田渕夏海
音楽:田渕夏海 音楽プロデューサー:矢崎裕行
2020年/日本/日本語/カラー/ビスタ(1:1.85)/ステレオ/100分
配給:彩プロ (C)チューリップテレビ

8月16日(日)よりユーロスペースほか全国順次ロードショー

はりぼて

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA