Death Come True

本郷奏多「これは映画なのかゲームなのか?」『デス カム トゥルー』プレス発表会

本格実写ムービーゲーム「Death Come True」プレス発表会

2月6日、都内にて、本格実写ムービーゲーム「Death Come True(デス カム トゥルー)」のプレス発表会が行われ、同作に出演する、本郷奏多、栗山千明、森崎ウィン、梶裕貴、山本千尋が登壇し、普通の映画撮影とは違う独特の難しさについて語ると共に、新しいメディアの可能性についてPRした。(動画あり)

「Death Come True(デス カム トゥルー)」は、映画とゲームを融合させた「インタラクティブコンテンツ」というジャンル。プレーヤーの選択によってストーリーが展開され、複数のエンディングが存在する。「ダンガンロンパ」シリーズの小高和剛がシナリオとディレクションを務めている。
この日のプレス発表会で、価格が1,900円を予定していること、PS4、SWITCH、PCなど各種プラットフォームに対応することが発表された。
主題歌は、ロックバンド「神様、僕は気づいてしまった」。発売は2020年6月を予定している。

ゲームの物語は、とあるホテルが舞台。連続殺人事件の犯人として指名手配され、死ぬと「タイムリープ」して過去に戻る能力がある主人公が真実を目指す内容。ホテルで目覚めると記憶を失っていた主人公のカラキマコト役を本郷奏多、カラキが目覚めたのと同じホテルの部屋にいた女性捜査官・サチムラアカネ役に栗山千明、特殊捜査課の若手捜査官・クジノゾム役に森崎ウィン、ホテルのフロント役に梶裕貴、ホテルにたまたま泊まっていたエキセントリックな女性・クルシマネネ役に山本千尋が、それぞれ演じている。

プレス発表会レポート

Q.このゲームに参加して

本郷奏多
今まであるようでなかった、「これは映画なのかゲームなのか?」。まさしくその言葉が表しているように、プレイヤーの選択によって物語が大きく変わっていく作品なんですけど、これを実写で作るっていうのは、労力もいることですし、いままでやる人が居なかったものだと思います。今回こんなに面白そうな作品ができて嬉しく思っています。早くやりたいです。

本郷奏多

本郷奏多/栗山千明

栗山千明
台本いただいた時、「これってどうやって撮影するのかな?」って思って、実際今までとは感覚の違う進め方の撮影現場でした。
先ほどの予告編映像を観て、「なるほど、こうなったんだ」って私自身、驚いています。面白そうな出来上がりに私も早くやりたいなって思っています。

栗山千明

栗山千明

森崎ウィン
当時の撮影現場のことを思い出すと、「いやぁ、過酷だったなぁ」っていう(笑)
これまで少なからず映像作品に出させてもらっている中で、台本のページを飛ばして読むっていう体験が初めてです(笑)

森崎ウィン

森崎ウィン

梶裕貴
今、森崎さんがおっしゃったように、ゲームブックのような感覚で台本を読んでいるだけで楽しくなってくる内容でした。実際に映像になったものを観て、ほんとうに面白いものになったなと改めて感じました。選択肢によって未来が変わっていくというところが魅力だと思います。

梶裕貴

梶裕貴

山本千尋
台本を読んだ時も、撮影期間中もだったんですけど、一体どういう作品になるんだろう?って疑問を持っていました。
今こうやって予告編映像を見て、こんな新しいジャンルの作品に、このような豪華なキャストの皆さまと一緒にさせていただいたんだなと、改めてありがとうございました。早く私もゲームしたいなと思いました。

山本千尋

山本千尋

Q.ふだん、どんなジャンルのゲームがお好きですか?

森崎ウィン
飛行機が好きで、フライトシミュレーターのゲームをよくします。

山本千尋
3歳の頃から中国武術をしていまして、子供の頃は格闘ゲームがすごく好きだったんですけど、最近は自分にゲームのセンスがあまりないというのがわかって、育てるようなゲームにしています。

梶裕貴
声の出演で関わらせていただいたゲームはけっこうプレイするんですけど、昔から好きなのはRPGです。非日常の世界に入れるのが素敵だなと思います。最近はオンラインでもできますし。

栗山千明
ゲームはなんでも好きなんですけど、特に好きなのはデスゲームです。

本郷奏多
「ダンガンロンパ」は発売日に買ったり、僕もデスゲームというか、アドベンチャーゲームはすごく好きなので、今回、この作品に関わってなかったとしてもプレイしたくなる、好きなジャンルです。

プレス発表レポート動画

トークの続き、撮影時の苦労話や、佐藤二朗からのメッセージなど、プレス発表会全編は動画で。当日実施されたオンライン配信終了後の囲み会見での質疑も含んでいます。

ゲーム「DEATH COME TRUE デス カム トゥルー」

舞台は、とあるホテル。主人公、カラキマコト(本郷奏多)は連続殺人事件の犯人として指名手配されている。
しかし男には一切の記憶がない。そんな状況の中、男には死ぬと『タイムリープ』して過去に戻る不思議な能力がある。犯人として、追われながら、男は誰を信じて、誰を疑う?そして、自分自身の本当の正体とは?選択と死を繰り返しながら、男は真実を目指す。

■CAST
本郷奏多 カラキ マコト役
栗山千明 サチムラ アカネ役
森崎ウィン クジ ノゾム役
梶裕貴 ホテルのフロント役
山本千尋 クルシマ ネネ役
■STAFF
ゲームディレクター・シナリオ:小高和剛
プロデューサー:梅田慎介
クリエイティブディレクター:鎌田俊輔
製作:イザナギゲームズ
【リリース】2020年6月(予定)
【価格】1,900円(予定)
(C)IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved.
■主題歌
神様、僕は気づいてしまった
■『Death Come True』カウントダウンサイト https://deathcometrue.com/
■『Death Come True』公式Twitter https://twitter.com/DeathComeTrue

Death Come True (デスカムトゥルー)ティザー映像 第3弾/Death Come True Teaser Vol.3

2020年6月リリース予定 公式Twitterにて随時情報を更新中

Death Come True

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA