のん

のん 描き下ろしウォールアート完成!期間限定「カフェ・ド・パリ」ポップアップ・バー

のん

のん

12月12日、サナギ新宿前イベントスペースにて、フランス産スパークリングワイン「カフェ・ド・パリ」のポップアップ・バー『Café de Paris “My Sparkling Time” Decorated by のん』のプレスイベントが行われ、のんが登壇し、自身がデザインしたデコレーションアートについてのこだわった点などを語った。(動画&フォトギャラリー)

『Café de Paris “My Sparkling Time” Decorated by のん』は、2019年12月13日(金)~15日(日)の3日間、「サナギ新宿前イベントスペース」に期間限定オープンするもの。店内は、「カフェ・ド・パリ」のカラフルなイメージと のん のポップな感性を融合させた、他にはない可愛いデコレーションアートが展開されている。これらアートは、創作あーちすととしても活躍するのんが「カフェ・ド・パリ」からインスピレーションを得て会場で描き下ろしたもの。

カフェ・ド・パリ

カフェ・ド・パリ

プレスイベント冒頭に登壇したペルノ・リカールジャパン株式会社のマーケティング・マネージャー、ヤン・ソエネンは、今回のポップアップバーについて次のように語った。

ヤン・ソエネン(ペルノ・リカールジャパン株式会社マーケティング・マネージャー)
みなさん、こんにちは。
私たちは毎年、カフェ・ド・パリのポップアップバーをその年の商品のイメージと共に楽しい空間をテーマに開催しております。
そして今年はさらに女優・創作あーちすと、のんさんとのコラボレーションということでとても特別な年となっております。キュートでカラフルなポップアップバーが彼女のイメージと合っていると思います。

ヤン・ソエネン

ヤン・ソエネン(ペルノ・リカールジャパン株式会社マーケティング・マネージャー)

のん

ミニトークショーレポート

ミニトークショーは動画でもどうぞ!

のん

Chigusa/のん

– のんさんとは、以前、映画監督の立場でお話させていただきました。今日ののんさんは、この世界観から飛び出したようなお召し物でよくお似合いです。耳元はスパークリングをイメージされているとか。さて、今回はカフェ・ド・パリというブランドイメージが確立している中での創作になったと思います。事前に打ち合わせもされたそうですが、どんなイメージ、テーマが思い浮かびましたか?

Chigusa

MC:Chigusa(@DJChigusa)

のん
フレッシュな感じで女の子が女子会で飲めるという可愛いお酒があって、そのポップな感じと、ボトルの透明感と泡の美しいイメージを感じました。

のん

– まさにこの会場にも、ボトルから飛び出した泡をイメージしたバルーンアートが施されていますね。これものんさんのインスピレーションからということですね。

のん
そうですね。“My Sparkling Time”というカフェ・ド・パリのテーマがありますので、スパークリングがメインになると楽しいだろうなと思って、すごく意識しました。

– このウォールアートも今朝からのんさんがペイントされて、このイベントが始まるつい数十分前に完成しました。

のん
はい。今朝ここに来てから4時間描いてました。

– 予定時間を延長して、アーティスト魂に火がついて没頭されていたと伺いました。

のん
すごい楽しかったです。やっぱりテーマがあって、空間との調和を考えながら描けるのってすごく面白いことなので、刺激的でした。

のん

– ライブペイントといえども、事前にこういうイメージ、こういう構想にしようかなっていうのは練ってこられたんですか?

のん
はい。カフェ・ド・パリのお酒のカラフルな色合いと透明感、そしてこのゴールドのリボンの感じが交わってくるといいだろうなと思って、それをすごく使いました。
フルーツから泡がシュワシュワ~って湧いているようなイメージで。あと、泡の中にフルーツが埋もれているみたいな、そういうイメージで描こうって構想してました。

カフェ・ド・パリ

のん

– まさにそんなイメージにピッタリの素晴らしい作品ですよね。これだけ大きい作品ですとサイズ感とかどういうバランスで埋めていこうかなというのはもうライブで、その場の感じで見ながら決めていくんですか?

のん
そうですね。どういう風に描こうかなっていう構図はなんとなくデッサンしてきたんですけど、でもやっぱり現場に来ると変わってきますね。

– ちなみに描き始めはどのあたりから?

のん
マスカットからです。端から攻めていきましたね。

のん

– 特にこだわった部分、ここが難しかった、ここを見てくださいというのがあれば教えて下さい。

のん
この“点々”です。いろんな色で点々を描いたんですけど、なんか絵にしてみるとこのカラフルな蛍光イエローが入ってきたり、蛍光ピンクが入ってきている点々が意外とカフェ・ド・パリのシュワシュワ感というか、スパークリングな感じが表現できたので、ここに行き着けたのが、自分でもすごく嬉しかったです。

– ご自分の中でもいろいろ発見しながら、喜びながら楽しく描かれたっていう感じですかね。

のん
はい。

– そしてのんさんが手がけられたのはこのウォールアートだけではございません。事前にはカフェ・ド・パリのフレーバーにもありますフルーツのイラストも描いていただきました。これはグラスに付いているタグや、更にはスタッフの皆さんの衣装、缶バッチのデザインにまで反映されています。このフルーツもほんとに瑞々しくてスパークリングな感じが表現されています。このフルーツのイラストはどういったイメージで描かれたんですか?

カフェ・ド・パリ

のん
このフルーツを描く時は、瑞々しさと透明感が出るといいなと思ったので、ウォールアートはアクリルで描いたんですけど、こちらのフルーツ単体のは、水彩で描こうって決めて、シュワシュワって泡になっていくフルーツを描きました。

– 描く時の具材でもイメージが変わるんですね。

のん
けっこう違いますね。

– そしてまだまだあります。今朝のペイントではこのスペースの他にカフェ・ド・パリのボトルにもデザインを施していただきました。これはカフェ・ド・パリのアンバサダーでいらっしゃる大城智之さんがデコレートされた上に、更にペイントを施すというユニークな表現方法だと思うんですけど、これはどのように仕上げられたんですか?

のん

のん
大城さんが素晴らしいスワロフスキーとビーズの作品を作られていたので、それとうまくコラボできたらいいなって思い、シュワシュワ感とも融合させるように描きました。
あと、上から絵の具の良さを生かして、タラ~んと垂らしたりして遊びました。

のん

– この「カフェ・ド・パリ」は随所にのんさんの思いが散りばめられているんですけど、このウォールアート、完璧に見えますがまだ完成しておりません。最後に、のんさんがデコレーションされた証に、サインを皆さんの前で入れていただいて、それをもちまして完成とさせていただきたいと思います。

のん

ゴールドの色でサインを入れる のん

– これで、「Café de Paris “My Sparkling Time” Decorated by のん」が晴れて完成となりました。カフェ・ド・パリからインスピレーションを受けて手掛けていただいた様々な作品、明日(12月13日)から一般公開となります。開催中はライブペイントのメイキング映像も上映されます。

– 最後にこれからご来場される皆様にひとこと、メッセージをお願いします。

のん
「Café de Paris “My Sparkling Time” 」っていうテーマのように、皆さんの心に“スパーク”するように頑張って絵を描きました。是非たくさんの方にご来場いただきたいです。よろしくお願いします!

のん

のん

フランス産スパークリングワイン「カフェ・ド・パリ」ポップアップ・バー『Café de Paris “My Sparkling Time” Decorated by のん』

日程:12月13日(金)〜12月15日(日) 11:00〜21:00 ※最終日のみ20:00まで
場所:サナギ新宿前イベントスペース
東京都新宿区新宿三丁目35番6号 (アクセス:新宿駅または新宿三丁目駅から徒歩2分)
入場料:無料
※入場は満20歳以上限定(入場時年齢確認あり)
主催:カフェ・ド・パリ(ペルノ・リカール・ジャパン株式会社)
公式SNS:
Instagram:https://www.instagram.com/cafedeparisjapan
Facebook:https://www.facebook.com/CafedeParisJP
『Café de Paris “My Sparkling Time” Decorated by のん』ハッシュタグ #カフェパ

カフェ・ド・パリ

フォトギャラリー

_KMF3186-s.jpg
_KMF3203-s.jpg
DSC_2632.jpg
DSC_2644.jpg
DSC_2656.jpg
DSC_2661.jpg
DSC_2705.jpg
DSC_2714.jpg
DSC_2717.jpg
DSC_2723.jpg
DSC_2729.jpg
DSC_2735.jpg
DSC_2742.jpg
DSC_2749.jpg
DSC_2752.jpg
DSC_2755.jpg
DSC_2759.jpg
DSC_2775.jpg
Z6J_2879.jpg
Z6J_2895.jpg
Z6J_2923.jpg
Z6J_2942.jpg
Z6J_2952.jpg
Z6J_2962.jpg
Z6J_2976.jpg
Z6J_2980.jpg
Z6J_2996.jpg
Z6J_3003.jpg
Z6J_3013.jpg
Z6J_3016.jpg
Z6J_3037.jpg
_KMF2368-s.jpg
_KMF3134-s.jpg
DSC_2604.jpg
Z6J_2706.jpg
Z6J_2722.jpg
Z6J_2726.jpg
Z6J_2765.jpg
Z6J_2777.jpg
Z6J_2795.jpg
Z6J_2826.jpg
Z6J_2843.jpg
Z6J_2850.jpg
Z6J_2853.jpg
Z6J_2861.jpg
DSC_2589.jpg
ヤン・ソエネン(ペルノ・リカールジャパン株式会社マーケティング・マネージャー)
Z6J_2671.jpg
ヤン・ソエネン(ペルノ・リカールジャパン株式会社マーケティング・マネージャー)
_KMF3325-s.jpg
_KMF3364-s.jpg
_KMF3372-s.jpg
_KMF3599-s.jpg
DSC_2568.jpg
DSC_2570.jpg
Chigusa
Z6J_2694.jpg
Z6J_2699.jpg
Z6J_2704.jpg
CDP_KV_NEW-s.jpg

[写真・動画・記事:Jun Sakurakoji]

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA