• HOME
  • News
  • 映画
  • 仲村トオル×杉野希妃×斎藤工×中村ゆり 映画『愛のまなざしを』特報&場面写真解禁
愛のまなざしを

仲村トオル×杉野希妃×斎藤工×中村ゆり 映画『愛のまなざしを』特報&場面写真解禁

仲村トオル、杉野希妃、斎藤工、中村ゆり出演、映画『愛のまなざしを』(11/12公開)より、特報映像&新場面写真及び、ヒロイン・綾子役の杉野希妃と、仲村トオルの義弟役の斎藤工のコメントが届いた。

本作は、これまでも強烈な自我を持つ女性を軸に、狂気ともいえる愛を描いてきた鬼才・万田邦敏監督が、カンヌ国際映画祭にてW受賞した『UNloved』、比類なき傑作『接吻』に続き、共同脚本・万田珠実と三度目のタッグを組んだ愛の三部作最終章。「愛」の本質を見つめ、人間の性とエゴをあぶりだした愛憎サスペンス。

特報

新場面写真

コメント

●杉野希妃(水野綾子 役)
『愛のまなざしを』は、実体のないものに囚われ、愛を渇望する人たちの話です。不器用な生き方しかできない綾子という人物を演じながら、彼女を激しく嫌悪し、同情し、共感しました。
万田監督のきめ細やかな演出に従うにつれ、綾子は飢えた獣なのだと実感し、理性を剥ぎとるよう努めました。彼女の弱さと強さは私自身のものでもあり、そのことがまるで鏡のように反射して撮影を終えてもなお自分を苦しめました。愚かな女だと言ってしまうのは簡単だけれど、愚かさこそが人間の本質かもしれません。コロナ禍の今、彼女の切実さをやっと愛せるような気がしています。
愛のまなざしをぜひ劇場で感じてください。

●斎藤工(内山茂 役)
万田邦敏監督の唯一無二の映画文法の元生まれた
愛の三部作最終章である本作のに寄り添えた事は私の大いなる財産です
曖昧で不確で奇妙な人間と言う生き物の生む愛憎と言う普遍的な物語
そこに映し出されるは他人事なのか
はたまた我が事なのか
(感染対策を万全にした上で)
劇場で出逢って浸って頂けたら幸いです

映画『愛のまなざしを』

あらすじ
貴志(仲村トオル)は、患者の話に耳を傾けてくれると評判の精神科医だが、6年前に亡くした妻・薫(中村ゆり)のことを想ってはむせび泣き、薬で精神を安定させる日々を過ごしていた。
患者としてやってきた女・綾子(杉野希妃)は、治療関係を超えて貴志と気持ちが通じ合い、やがて貴志に寄り添うようになる。
しかし綾子は、貴志の亡き薫への断ち切れない思いや薫との子供・祐樹(藤原大祐)の存在を知るや猛烈な嫉妬心にさいなまれ、独占欲がふくらむ。そして、前妻の弟・茂(斎藤工)に近づき…。

出演:仲村トオル 杉野希妃 斎藤工 中村ゆり 藤原大祐
万田祐介 松林うらら
ベンガル 森口瑤子 片桐はいり

監督:万田邦敏
脚本:万田珠実 万田邦敏

プロデューサー:杉野希妃 飯田雅裕
エグゼクティブプロデューサー:市橋浩治 五老剛 小野光輔 佐藤央 有馬一昭 長嶋貴之
コエグゼクティブプロデューサー:阿部毅 小金澤剛康
コプロデューサー:阿部正彦
アソシエイトプロデューサー:小川貴弘 江守徹 高藤丈也 富澤豊
企画:和エンタテインメント
配給:イオンエンターテイメント 朝日新聞社 和エンタテインメント
製作:「愛のまなざしを」製作委員会(朝日新聞社 ENBUゼミナール 和エンタテインメント イーストブロー イオンエンターテイメント はやぶさキャピタル)
2020年/日本/日本語/102分/英題:Love Mooning/HD/カラー/Vista/5.1ch/
(C)Love Mooning Film Partners
公式サイト:aimana-movie.com
公式Twitter:@aimana_movie
公式Facebook:@aimana.movie

2021年11月12日(金)より渋谷ユーロスペース、池袋シネマ・ロサ、キネカ大森、イオンシネマ他にて全国順次公開!

愛のまなざしを

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA