• HOME
  • News
  • 映画
  • 映画『列島制覇-非道のうさぎ-』配信記念舞台挨拶レポート
列島制覇-非道のうさぎ-

映画『列島制覇-非道のうさぎ-』配信記念舞台挨拶レポート

4月16日、都内にて映画『列島制覇-非道のうさぎ-』の配信記念舞台挨拶が行われ、主演の小沢仁志、新羅慎二(若旦那)、真飛聖、吉村界人、内田英治監督が登壇し、キャスティングの経緯や作品の内容を聞いた感想、合唱シーンでの苦労話、主題歌の制作秘話などを語った。

1980年代以降のレンタルビデオ隆盛期に「Vシネマ」というジャンルを確立し、数多くのアウトロー作品や、高橋伴明、成田裕介などの名監督を輩出した東映ビデオが、極道と合唱道の二足の草鞋をはく男を描いた新感覚アウトロームービー。

舞台挨拶レポート

列島制覇-非道のうさぎ-

内田英治監督/真飛聖/小沢仁志/新羅慎二(若旦那)/吉村界人/餅田コシヒカリ(MC)

小沢仁志/主人公、武闘派ヤクザ・宇佐木林太郎 役
新羅慎二(若旦那)/片岡皇生 役
真飛聖/商店会合唱団の指導者・赤池みゆき 役
吉村界人/宇佐木の一番の舎弟・大林拓海 役
内田英治監督
MC:餅田コシヒカリ

■劇中衣裳で登場!

劇中の合唱団衣装で登場した小沢は「(今日の舞台挨拶では)内田監督の日本アカデミー賞受賞記念でお揃いのタキシードを着て出演をと言われ、用意されていたのがコレだよ!」と苦笑い。
「衣装合わせの瞬間に『終わったな』と思ったよ」と小言を言いながら、スーツ姿の新羅をまじまじと見つめ「いいな、お前だけ着なくていいのかよ」と羨ましそうに尋ねる。
新羅は「クリームソーダ色なのかな?とてもいい色だと思います」と微笑み、吉村も「僕もこの色は好きです」と付け加えた。

列島制覇-非道のうさぎ-

小沢仁志/新羅慎二(若旦那)

爽やかな衣装での登場にまだ納得がいかない様子の小沢が「サカゼン(大きいサイズの専門店)に行かないと、サイズがないからその衣装なんだろ?兄貴たちが頑張って体を絞っているなら、俺も頑張りますとか言いながら、現場で菓子パンとか弁当をずらっと並べて食べてたしな」と暴露する場面も。
「頑張ってこれか?」という量だったと明かす小沢に「(いつも食べる量の)半分です」と回答していたという新羅。
菓子パンを大量に持ち込んでいた理由について新羅は「僕だけ弁当がないときがあって。新羅さんの弁当はありません、と言われても大丈夫なように、撮影前に菓子パンを大量に買っていただけで、食いしん坊ではないんです!」と必死に説明していた。
「(あの量を)食えちゃうお前がすごいよ!」と身振り手振りを入れて話す小沢が、感染防止予防のアクリル板に手をぶつけてしまい「これ邪魔だな」と呟いた瞬間の表情を見た新羅が「今、めちゃめちゃ怖かった!」と怯える姿は会場の笑いを誘っていた。

■コメディとバイオレンスの融合

コメディとバイオレンスの融合という本作の企画について小沢は「監督に真っ先に言われたのは『歌ってもらいます』ということ。『は?』ってなるよね。内容とかの問題じゃない。階段落ちや跳ねられたり、撃たれたりなら医者からOK出てるけれど、歌だけは止められている。この作品のおかげで俺の寿命が縮んだぞ!」と内田監督に抗議する場面も。

続けて「歌うのは初めてじゃないけれど、大丈夫かなと不安しかなかった」と振り返る小沢に、内田監督は「想像以上に下手だった」とニヤリ。合唱シーンの出来栄えについて真飛が「どうなんでしょうか?」と回答に悩んでいると、小沢は「元宝塚だもん、歌はプロじゃん!初めて聞いた時は、本当にびっくりしたよ。俺、受ける作品間違えたと思ったもん」と絶賛。
内田監督も「小沢さんの下手さとの落差がすごかったです」とうれしそうにコメントしていた。
「声帯が歌うことを忘れていたので、ボイストレーニングに通いました」と明かした真飛に対し、小沢は「声帯があるだけいいじゃん! 俺にはないもん。低い(声)の出る筋しかない!」と愚痴っていた。
新羅は「僕のオファーは極道一本でと。歌手が本業なのに、僕は歌わないんだと思いながら、練習風景を覗きに行きました。小沢さん以外はみんな上手でした」と、ここでも小沢の歌がいじられた。

■キャスティング理由

新羅のキャスティング理由について内田監督が「別作品で断られたことがあって……」と明かすと、ここまで歌の下手さをいじられていた小沢がすかさず「偉そうだな!」と反撃を開始。
これに対し新羅は「誤解のないように言います。断っていません。僕のところまで話が届いてこなかっただけです。『断った』って書かないでください!」とマスコミに呼びかける場面もあった。
続けて内田監督がうれしそうに「レゲエが好きなのかと思ったら、10年以上聞いてないって言うし……」など次々と裏話を暴露。
新羅は「もう、そういうのやめてください。イメージが……」と営業妨害!?になるエピソードを明かす内田監督を必死に制止していた。

真飛と吉村の起用理由については「毎回ご一緒しているので、理由はありません(笑)」とサラッと説明した内田監督。
小沢については「北野武監督作品で大好きなのが『3-4×10月』。その作品で一番好きなシーンに出ているのが小沢さんなんです。殴られて、痛てててってなるシーンなのですが(笑)、本当に大好きで。なので、今回ご一緒できるのは、念願叶ったという気持ちでいっぱいです」とよろこびを語った。

■合唱練習の思い出

合唱の練習について小沢は「思い出すだけで苦痛です。学生時代を思い出しました」と告白。
「先生が俺の方を見ているだけで、『歌ってないのがバレてるな』って思ったりして(笑)。先生にはすごくお世話になったけれど、練習で怒られた記憶しかないから、思い出したくない」と振り返った。
「歌が下手という設定だから、(歌声が)酷くでもいいと言われたけれど、俺と(吉村)界人が一緒に歌うと、俺に音程を合わせてくるから、どんどん酷くなる」と説明した小沢に「逆です」と応戦する吉村。
「引っ張られちゃうんだよ!」と抗議した小沢がふと吉村との初対面を思い出し、「洗濯機2台持ってないですか?1台くださいって言ったな。初対面の会話じゃない」とツッコミを入れる場面もあった。練習も含めて歌のシーンにはいい思い出がない様子の小沢だが「湖でのシーンは楽しかったし、一番うまく歌えた気がして、ちょっと感動した」と満足の表情を浮かべていた。

■主題歌は新羅慎二

主題歌を担当することになった経緯について新羅は「小沢さんたちが練習する現場を見ているときに、監督から廊下に呼び出されて……『主題歌お願いします!』と言われました」とフランクな依頼だったことを明かす。
「いいっすよ、と即答しましたが『故郷』でと言われて。最初は『ふるさと』か〜!って思いました。みんなが知っている曲だけど、結構難しいんです。監督は70年代のUKパンクが好きだと言うので、パンクで、暗めな感じでいきますと伝えました。MONDO GROSSOの大沢伸一さんと一緒に曲作りをして、もっとだるく、もっと下手そうにと詰めていって完成しました」と制作秘話を明かした。これを聞いた小沢は「主題歌聞いたら、俺たちが頑張って練習した『故郷』はなんだったんだ、って思っちゃう」とコメント。
「あれなら、(下手でいいから)小沢さんでもいけますね」という新羅の言葉にゲラゲラ笑った吉村に「(吉村)界人、笑いすぎだ。ジャケットのボタン閉めろ!」と小沢がドスのきいた声で注意。新羅がとぼけて、吉村が笑い、小沢がツッコミを入れるという流れは、この日の舞台挨拶で何度も見られ、チームワークの良さが伝わってきた。

■「真飛と書いてぶっとびと読む」

撮影時のエピソードについて小沢が「真飛と書いてぶっとびと読む真飛ちゃんは、ストレスが溜まると全裸で疾走します」と内田監督作『全裸監督』に引っ掛けた小ネタを真顔で披露。
これを聞いた真飛が「ぶっとびと読むのは本当ですが(笑)、全裸は嘘です!」と慌てて否定する場面も。
笑いながら聞いていた新羅が「拳銃の使い方がわからなかったので、撮影現場では小沢さんにレクチャーを受けていました。やっぱりすごく上手なんですよ、プロだなと思いました」と褒めると、小沢が「手に職ありますかと聞かれたら、これしかないんだ。役者やめたら、銀行強盗しか仕事の選択肢残ってないんだよ!」と訴えていた。
「弾込めを見ずにやれと言われたけど、見ないでできるわけない」という新羅に小沢は「そういえば、着弾シーンで走ってたら、滑って転んで映像に(新羅が)映ってなかったこともありました。新羅と(吉村)界人は天然だから、演技にムラがありすぎる。着弾で転んで消えるなんて、天然にしかできない。さすがだと思った」と思い出し笑いをしていた。

■「実は○○なんです」

ここで、主人公・宇佐木はヤクザであることを隠しながら合唱することから「実は○○なんです」を発表する企画トークへ。
「1回くらい経験したほうがいいと、役者をやりました。インドネシア映画に日本人役で出演しています。結構な超大作です」と明かした内田監督に新羅が「いいネタ持ってる!」、小沢が「リミッター外れると吹き出すタイプなんだよね。リミッターを取るまでが大変!いいエピソード持ってんじゃん!」と分析しながらうれしそうに内田監督を見つめていた。

■最後にメッセージ

最後の挨拶で。内田監督が「先日、すばらしい賞(日本アカデミー賞)をいただいた直後の作品がこれです。この落差を楽しんでください」と呼びかけると、小沢と新羅が「落差!落ちたってことだな」と声を揃え、落下のジェスチャーつきでツッコミを入れる。
その様子を笑顔で見つめながら「階段落ちも一人でコロコロ勝手に転がっていって、小沢さんアクションはすごいんです。歌は下手ですが。そんな落差も楽しんでください!」と最後まで歌下手に触れつつアピール。

吉村は「本当におもしろかったので、ぜひ観てください」とニッコリ。真飛は「次の回が気になって仕方がない作品です。一人でも多くの方に広がってほしいです」と呼びかけ、新羅は「バイオレンスとコメディのミックス、内田監督の凄さが感じられる作品です。尊敬しました」と絶賛した。

小沢は「とても思い出深い作品です。キャストもすごい顔ぶれです。歌の合唱だけでなく、ありとあらゆる癖の強い役者陣の芝居の合唱も楽しんでください」と挨拶を締め括った後に、「あとでリストをチェックして、今日取材に来ていないマスコミへは襲撃に行きます!」と決め顔で宣言し、最後まで笑い溢れる和やかなイベントは幕を閉じた。

列島制覇-非道のうさぎ-

映画『列島制覇-非道のうさぎ-』

ストーリー

◆「列島制覇 -非道のうさぎ- 1」
日本最大の反社会組織・菊森組の息がかかった半グレが暴れまわり、雌伏の時が続く水口組だった。
そこへ「非道のうさぎ」と恐れられた伝説の男、宇佐木林太郎(小沢仁志)が15年の刑期を終えて出所する。二人で列島制覇しようと誓った水口組幹部の片岡皇成(湘南乃風若旦那・新羅慎二)に出迎えを受け、組長の水口(でんでん)から青洲会系水口組傘下で宇佐木組を立ち上げるよう命じられる。
宇佐木は、刑務所で知り合った大林拓海(吉村界人)を子分とし、裏さびれた街にある『やまびこ商店街』の潰れた銭湯に「宇佐木商事」の事務所を構える。
一方で、宇佐木は長い刑務所生活の中で誰にも言えない趣味にはまってしまっていた。
そんな中、宇佐木の旧知の仲で現在はヤクザから足を洗って喫茶店を営む北見(小沢和義)が菊森組の半グレに襲撃され、北見の妻は殺されるという事件が起きてしまう。激怒した宇佐木は片岡と共にはハングレが群れるクラブに殴り込みをかけるが…

◆「列島制覇 -非道のうさぎ- 2」
宇佐木と片岡が菊森組のハングレ達に報復した事で抗争は激化の一途を辿ることになるが、勝手な行動をとった宇佐木に対して、青洲会会長・栗山龍(菅原大吉)は激怒。
事態を重く見た水口(でんでん)は中立の立場にいる笹間一家総長・笹間呉郎(六平直政)に接触し、引き込もうと画策する。
一方で、宇佐木は拓海と合唱練習を行っていたところを、商店街の合唱クラブの指導者である赤池みゆき(真飛聖)に目撃されてしまう。
歌が上手くなりたい宇佐木は、拓海と共に合唱団入りし、ヤクザであることを隠しながら合唱練習に力を入れていくのであった。
しかし平穏もつかの間、宇佐木は水口に呼び出され、笹間一家と共に、菊森組の幹部である右京啓介(高橋光臣)を襲撃すべしとの命がくだる。舎弟の拓海と共に準備を進める宇佐木。
しかし、襲撃直前に笹間から宇佐木の兄弟分である片岡へ「襲撃班の中に裏切り者がいる…」と連絡が入る…

出演:
小沢仁志 新羅慎二 真飛聖 吉村界人 小柳友 渡部龍平/高橋光臣 近藤芳正 六平直政 菅原大吉 でんでん/萬田久子 笹野高史
原案・監督:内田英治 中元雄
脚本:吉高寿男 松本稔 篠原高志
(C)2021東映ビデオ
公式サイト:https://www.toei-video.co.jp/retto-seiha/
公式twitter:@rettoseiha
配信サイト:U-NEXT

4月16日(金)よりU-NEXTにて配信スタート

列島制覇-非道のうさぎ-

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA