• HOME
  • News
  • 音楽
  • 太鼓芸能集団 鼓童×読売巨人軍とのコラボ新楽曲公開
鼓童

太鼓芸能集団 鼓童×読売巨人軍とのコラボ新楽曲公開

太鼓芸能集団鼓童と読売巨人軍とのコラボ新楽曲「The Trooper」が公開された。また、本楽曲を使用した今シーズンの読売巨人軍のハイライト映像が、9月25日(金)の中日戦から、東京ドームのオーロラビジョンで試合前に放映される。

新楽曲「The Trooper」は、今年の読売巨人軍のチームスローガン「Show The Spirit~和と動 」をイメージして、子どものころから巨人軍のファンである鼓童の木村佑太が作曲した。太鼓や笛、三味線を取り入れたエネルギッシュで軽快な楽曲で、読売巨人軍の優勝にエールを送る。
鼓童は、今年3月からの公演中止を余儀なくされ、先が見えない日々が続いていた。しかし、8月には本拠地の佐渡で毎夏開催している野外音楽フェスティバルであるアース・セレブレーションの初のオンライン開催を経て、ようやく9月から公演が再開し、読売巨人軍と同様 「ファンと共に」進むべき道が見えてきたところだ。

◆第2弾コラボ楽曲「The Trooper」メイキング映像

●作曲/木村佑太 コメント
ジャイアンツの 2020 年のスローガン『Show The Spirit~和と動』と、グラウンドを駆け回る選手の疾走感をイメージして、和楽器を使って作曲しました。日本一へと突き進む巨人軍の後押しになればと思います。

木村佑太

木村佑太

太鼓芸能集団鼓童は太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見いだし、現代への再創造を試みる集団。
なかでも、多様な文化や生き方が響き合う「ひとつの地球」をテーマとした「ワン・アース・ツアー」は、世界各地で 4,000回を数えている。
また、劇場公演の他、小中高校生との交流を目的とした「交流学校公演」、ワールドミュージック・クラシック・ジャズ・ロック・ダンスパフォーマンスほか異なるジャンルの優れたアーティストとの共演や、世界の主要な国際芸術祭、映画音楽等へ多数参加。佐渡島における鼓童の創造的な活動、ライフスタイルとその理念は、世界のアーティストや芸術関係者からも注目を集めている。2019年にはラグビーワールドカップ開会式、国立競技場のオープニングイベントにも参加した。

◆第1弾コラボ楽曲「The Anthem」

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA