• HOME
  • News
  • 映画
  • 女優・三吉彩花、“最恐”の称号を賭けて、プロレスリングに乱入!映画『犬鳴村』公開直前スペシャル会見
三吉彩花

女優・三吉彩花、“最恐”の称号を賭けて、プロレスリングに乱入!映画『犬鳴村』公開直前スペシャル会見

犬鳴村

2月5日、帝国ホテル(東京)にて、映画『犬鳴村』公開直前スペシャル会見が行われ、主演の三吉彩花らキャストと清水崇監督。そして、本作製作委員会の一員となっている全日本プロレスから、宮原健斗選手ら、現役プロレス選手が登壇し、帝国ホテル内特設リングで、【最強VS最怖】のスペシャルタッグマッチを行った。

この日登壇したのは、映画『犬鳴村』から、三吉彩花、坂東龍汰、古川毅、宮野陽名、大谷凜香、清水崇監督。そして全日本プロレスから、宮原健斗、大森北斗、 石川修司、犬鳴めんそーれ(ブラックめんそーれ 改め)、田村男児。
映画『犬鳴村』は、福岡県に実在する“日本最凶の心霊スポット”旧犬鳴トンネルの先にある「犬鳴村伝説」をベースに映画化された。
会見時に行われたスペシャルタッグマッチは、最凶心霊スポット映画『犬鳴村』VS最強軍団全日本プロレスということで、【最恐】の称号を賭けて行われた。

映画『犬鳴村』公開直前スペシャル会見レポート

犬鳴村

本日の会見は、映画『犬鳴村』と全日本プロレスとのコラボイベント。全日本プロレスは、「四角いリングの上で戦う男が、四角いスクリーン上の恐怖に打ち勝たなくては、真の男ではない」と豪語し、映画を盛り上げるためにも、製作委員会の一員として初めて映画界に参戦した。全日本プロレスの長い歴史の中で初の試みとなる。

最凶映画『犬鳴村』出演オファーを受けた時の気持ちは?

– 撮影から1年が経った今ですが、改めて本作のオファーがあった時のお気持ちをお聞かせください。

三吉彩花(森田奏 役)
私はもともと、ジャパニーズ・ホラーが苦手です。洋画のホラー映画は好きでよく観ていたんですけど、邦画はリアリティが増していて、知っている風景が出てきたりとか、じとっとした怖い感じが苦手だったので。
監督とお会いした時も「すみません、清水監督の映画は1本も観ていません。」と正直に話しました。
でも、オファーをいただけたことは素直にすごく嬉しかったですし、この映画はただ怖いだけじゃなくて、人間としてのストーリー性もちゃんと感じていただける作品ですので、そういうところで自分なりに表現できるのが嬉しかったです。

三吉彩花

三吉彩花

坂東龍汰(森田悠真 役)
僕は怖がりで、暗いところでも怖くて後ろを振り返ってしまうタイプなので、ホラー映画も今まで観たことがありませんでした。
なので、最初ホラー映画って聞いた時は「怖いな」っていうのが正直ありました。
でもお祓いもちゃんとやって、監督もすごく明るい方なので、撮影入ったら楽しかったです。でもやっぱりホラー映画なので・・・1回、観ましたが、もう1回は頑張って観てみたいと思います(笑)

坂東龍汰

坂東龍汰

古川毅(成宮健司 役)
僕も小さい頃から、ホラー映画は苦手意識があったので、まさか自分が作り手側になるとはまったく予想していませんでした。なのでそれに対する恐怖心は最初ありました。
でもいざ、現場に入ってみると、もちろん大変なこともありましたけど、ホラー映画の現場ってこんなに楽しいんだっていうくらいみんなで和気あいあいと作れたのが記憶に残っています。すごくいい経験させてもらったなと感じています。

古川毅

古川毅

宮野陽名(籠井摩耶 役)
私もホラーが苦手で一度も観たことがなかったので、清水監督の『呪怨』を観ようとしましたが、怖くてぜんぜん観れなかったです(笑)

宮野陽名

宮野陽名

大谷凜香(西田明菜 役)
私がホラー苦手って言ったら、ここにいるキャスト全員がホラー苦手ってことになっちゃうんですが、私も苦手です(笑)
でも、心霊現象は体験したことないし、信じるタイプじゃないのですが、それでもこの作品は実在する心霊スポットを元にした作品なので、そこの怖さは普通のホラーよりは感じました。

大谷凜香

大谷凜香

清水崇監督
僕も子どもの頃は怖がりでしたし、ホラー映画を作る大人なんて、絶対よろしくない大人だと思っていたので、気持ちはわかります。
主演の三吉さんは子どもの頃からお芝居をされている方ですが、初めてお会いした時に、「私、映画でよく見るキレイな悲鳴はあげられないんですけど、大丈夫ですか?」って質問をくれて、ちゃんと自分で感じとれるリアリティで演じようとしてくれているなっていうのがわかったので、「あ、これはいける!面白いことになる!」と楽しみになりました。

清水崇監督

清水崇監督

三吉彩花のイメージ一変のホラー映画への挑戦

– ホラー映画って、今までの三吉さんのイメージからは一変してると思いますが、演じるに当たって取り組まれたことは?

三吉彩花
今回私が演じた“森田奏”という女の子が臨床心理士という役なのもあるんですけど、他の人が見えないものが見えたり、感じないものを感じたりってことを、私は日常で体験することではないので、そこは想像でお芝居をするしかないっていう難しさがありました。
でも最初に清水監督から、たとえば怖がらせるリアクションとか、だんだん音楽が怖くなってきて、観ていただくお客さんも「あっ、絶対もうすぐ来る!」っていうお化け屋敷のお化け役だから楽しんで怖がらせるタイミングとかを作っていけたらいいよねって言っていただいて。
その時、なるほどそういうふうに考えたらと思いました。ですので、難しかったですけれど、楽しみながらちゃんと演じることができた気がします。

– 現場では楽しみながら?

三吉彩花
はい。特に清水監督は少年のように楽しまれてました。

清水崇監督
多くの女優さんが僕のことを少年のようにって言ってくださるんですけど、たぶん、子どもじみてるだけだと思います(笑)

犬鳴村

実在する最凶心霊スポットの映画化の経緯

– 実在する心霊スポットを元にした『犬鳴村』という作品はどういった経緯で作られたのでしょうか?

清水崇監督
僕は、ホラー映画を作っているものの、心霊スポットや都市伝説について特別詳しいわけじゃなかったんですが、「犬鳴村」というネーミングは聞いたことがありました。
プロデューサーから映画化の提案をいただいた時、僕が得意とする世界観を出して、見応えのある映画作品にするには、きちっとヒューマンドラマの部分も重ねて、基盤となるリアリティさも作ろうと考えました。
これまでの先行試写でのお客さんの反応を伺っていると、若い人から中高年まで幅広い世代の方に評価いただけています。

撮影現場での怖いこととは?

– 撮影現場で怖いことなどありましたか?

三吉彩花
もちろん実際の場所とは違うんですけど、撮影に使ったトンネルも、調べたらそこも夏には心霊スポットとして人が訪れるらしく、「どんなところで撮影してんだ?」って思ってました。
さらに私達が撮影していたトンネルのさらにその上に封鎖されていて使われていないトンネルがあると説明を聞いていて、構造的には犬鳴村のトンネルと近い感じ。
で、夜遅くまで撮影している時、私は霊感は無いんですが、なんとなく上から人に見られているような感覚を覚えて。照明さんかなって思ってそちらを見るんですけどいないし、う~ん??・・・・っていう体験はしました。

前代未聞のプロレスリング上での記者会見

– 今日は前代未聞のリング上での記者会見です。みなさん、リングに立たれてみていかがですか?

三吉彩花
テレビでしか見たことがない光景の中に今、私たちがいて、すごい不思議な感じなんですけど、とりあえず早く靴を脱ぎたいです。
リングってすごい揺れるので、ヒールを履いていると立っているバランスが難しい。なので今は、体幹を使ってグッとしてるんです。

坂東龍汰
僕も初めてなんですけど、ここで飛び跳ねてみたいですね。どれくらい飛べるんだろうって(笑)

古川毅
何よりもこの帝国ホテルの中でリングの上に立っているのがすごいレアで、アンバランス感が面白いなと思います(笑)

犬鳴村

宮野陽名
リングの上に立ったら強くなれるのかなとも思ったのですが、揺れるのが怖くてドキドキしています。

大谷凜香
私もリングは初めてです。私は格闘技、空手はやっていたんですけど。揺れますねぇ。

犬鳴村

全日本プロレス選手登場!!

宮原選手も避けてきたヤバイ場所!

– 全日本プロレスが初めて映画界に進出ということでいかがですか?

宮原健斗選手
僕は実家が福岡なんですが、『犬鳴村』の舞台とは近いんですよ。ですので、ホラー界の【最恐】と、プロレス界の【最強】と戦おうじゃないかと。そういう思いがあって、進出させていただきました。

清水崇監督
ご実家は犬鳴村から1時間くらいとか。完全に呪いの範囲内ですよね。

宮原健斗
いやいやいや、実家をディスるのはやめてください!

– 宮原選手は犬鳴村に行かれたことは?

宮原健斗
僕は避けてきたんですよ。それくらい地元ではヤバイ場所なんですよ。
ホラー映画というものになっていいのか?っていくらいリアルにヤバイんですよ。

– 最強と言われてきた宮原選手も避けてきた場所?

宮原健斗
避けてきましたね。

– 映画をご覧になっていかがでした?

宮原健斗
怖かったですね。ポップコーンを思わず落としてしまうほどに。
でも人間味もあって、単に怖いだけの映画ではないという感想も持ちました。

– プロレス界でも怖かったことがあったと思いますが、例えばひとつ。

宮原健斗
プロレスではこういうコーナーポストから飛んだりするんですけど、僕は高所恐怖症なので、飛ぶ時は常にホラーな感じです(笑)

宮原健斗

宮原健斗選手(中央)

『犬鳴村』公開直前。スペシャルタッグマッチ!

ここで、スペシャルタッグマッチのゴングが鳴った。

赤コーナー:大森北斗、石川修司
青コーナー:犬鳴めんそーれ(ブラックめんそーれ 改め)、田村男児

ブラックめんそーれ選手は、映画『犬鳴村』にちなんで今日だけの改名、“犬鳴めんそーれ”として登場。特別仕様のマスクには、犬鳴きだけに“BOWWOW”の文字が。

試合がリング場外に及ぶと、ここで、「三吉コール」が!
その声に応える形で、三吉彩花は、田村男児選手と、犬鳴めんそーれにハイキックをブチかます!!

三吉彩花

三吉彩花

結果、試合は赤コーナーの勝ちとなった。

– 三吉さんのハイキックが勝利に繋がりましたね。監督、いかがでしたか?

清水崇監督
いやぁ、現場であんまり叱らなくてよかったなと思いました。
フォームがすごい綺麗でしたね。あれは昔やってたな。やんちゃしてたのかな。

犬鳴村

初生プロレス観戦を終えて

– 三吉さん、プロレスを生で初めて見ていかがでしたか?

三吉彩花
すごい興奮したんですけど、たぶんほんとの試合はもっとすごいパワーだと思うんですけど、それでも相当痛そうでしたし、思わず顔を手で覆ってしまいました。

三吉彩花

三吉彩花/古川毅

– でもその後自ら試合に参加するという。

三吉彩花
参加しちゃいましたね(笑)

宮原健斗
いいハイキックでしたね。

三吉彩花
ほんとですか?ちょっとだけキックボクシングをやってたので、やっぱりウズウズしちゃいまして。

– リングでは選手のお触りしかできなかった坂東さんはいかがでしたか?

坂東龍汰
ほんとにすごい迫力で、最初、ぶつかり合うバチーン!って音がした時、ギャーって声が出ちゃいました。
一番スゴイなって思ったのは、審判がカウントする時の手の音。あ、一番じゃないです・・・

坂東龍汰

宮原健斗
坂東!なんだよそれ!何番目だよ!

坂東龍汰
5番目です・・・

三吉彩花
宮原さん、もう坂東さんを投げてもらった方がいいですね(笑)

古川毅
僕も初めてプロレスを生で拝見したんですが、衝撃的でした。ふだん、人が乱闘しているところなんて見ないじゃないですか。
もちろん格闘技ではあるんですが、すごい楽しかったです。

古川毅

宮野陽名
迫力がすごくて、もうやめてください!ってなりました。怖かったです。。

宮野陽名

宮野陽名

大谷凜香
隣で、陽名ちゃんが犬鳴めんそーれさんを見て、「カワイイ!」って言ってたんですよ(笑)

– どんなところが?

宮野陽名
みんなにアプローチしているところがカワイイなって思いました(笑)

大谷凜香
ちょっと独特の観点でプロレスを見てるなって思って隣にいたんですけど、三吉さんのキックもかっこよかったです。

大谷凜香

大谷凜香

– 三吉さんのキックを受けためんそーれさん、いかがでした?

犬鳴めんそーれ選手
一瞬記憶が飛んだ気がしました。

犬鳴めんそーれ

犬鳴めんそーれ

宮原健斗
三吉さんのキックは非常にフォルムが綺麗でしたね。

生で見る大谷凜香が可愛い!

石川修司選手
こういう場で試合ができて光栄でした。
そして、目の前で見た三吉さんのキックがすごい綺麗だったので、これからは女優と女子プロレスラーの二刀流を目指してもらいたいなと思います。

石川修司選手

石川修司選手

三吉彩花
えっと、事務所に一回確認します!

犬鳴めんそーれ
コーナーで石川選手のラリアットを食らった時は、映画『犬鳴村』を観た時くらい怖かったです。

大森北斗選手
生で見る明菜ちゃん役の大谷凜香さんがすごい可愛かったです(笑)

大森北斗選手

大森北斗選手

大谷凜香
私、空手をやってたんですけど、後でお礼に蹴りを一発!(笑)

– 田村選手、映画の感想はいかがでしたか?

田村男児選手
自分はホラー映画が苦手で、試写会で観てめちゃめちゃ怖かったです。

田村男児選手

田村男児選手

【最強】から【最怖】へチャンピオンベルトの授与!

– ここで、最も強い最強チャンピオンの宮原健斗選手から、最も凶悪な最怖映画主演の三吉彩花さんにチャンピオンベルトを授与していただきます!!
この特注ベルトには、“WHQ(World Horror Queen)”の称号が刻まれています!

三吉彩花

三吉彩花

最後にメッセージ

三吉彩花
『犬鳴村』、まもなく公開となります。ぜひ、映画館で存分に怖がっていたいただいて、そして楽しんでください!

三吉彩花

三吉彩花

WHQチャンピオンベルト

映画『犬鳴村』

ストーリー
臨床心理士の森田奏の周りで突如、奇妙な出来事が次々と起こり始める。
「わんこがねぇやに ふたしちゃろ~♪」 奇妙なわらべうたを口ずさみ、おなしくなった女性、行方不明になった兄弟、そして繰り返される不可解な変死…。
それらの共通点は心霊スポット【犬鳴トンネル】だった。
「トンネルを抜けた先に村があって、そこで○○を見た…」
突然死した女性が死の直前に残したこの言葉は、一体どんな意味なのか?
全ての謎を突き止めるため、奏は犬鳴トンネルに向かう。
しかしその先には、決して踏み込んではいけない、驚愕の真相があった…!

監督:清水崇
配給:東映
©2020「犬鳴村」製作委員会
公式サイト:https://www.inunaki-movie.jp/
予告編

2月7日(金)より全国ロードショー

犬鳴村

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA