• 笠松将
花と雨
映画

SEEDAがついに登壇「感情吹き込んでくれた。やべえよ!」映画『花と雨』公...

1月17日、都内で映画『花と雨』公開初日舞台挨拶が行われ、主演の笠松将、土屋貴史監督、そして本作の原案となった、日本のHip Hop界で歴史的名盤と言われるアルバム「花と雨」のSEEDA本人が登壇。この日客席で映画を観ていたSEEDAは最後、泣いてしまったと言い、自身を演じた笠松将に「感情吹き込んでくれた。やべえよ!」と大絶賛した。(動画あり)

映画『花と雨』
映画

公開目前『花と雨』の映像美や世界観が映し出される場面写真解禁

映画『花と雨』、1月17日の公開を目前に控えた本日、追加の場面写真13点が解禁となった。ミュージック・クリップやCMで数々の受賞歴を持ち、「Perfume」など多くのアーティストのMVを手掛け、映像ディレクターでもある土屋貴史監督が描き出した映像美や、SEEDAの名盤と言われるアルバム「花と雨」の世界観が感じられる場面写真となっている。

花と雨
映画

深夜のドライブでSEEDAから「全部託したい」と言われた笠松将、その決意

第32回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門に正式出品された映画『花と雨』。 日本のHip Hop界で歴史的名盤と言われるSEEDAのアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める。11月1日、TOHOシネマズ六本木にて行われた舞台挨拶には、笠松将、大西礼芳、土屋貴史監督が登壇。 ラップへの挑戦の苦労や役作り。深夜ドライブで交わしたSEEDAとの会話・エピソードが明かされた。