• HOME
  • News
  • 映画
  • 『ドラゴンボール超』劇場版最新作 2022年公開決定
劇場版『ドラゴンボール超』(仮)

『ドラゴンボール超』劇場版最新作 2022年公開決定

『ドラゴンボールスーパー』の劇場版最新作を製作、2022年に公開される事が決定し、原作者・鳥山明からコメントが到着した。

1984年から「週刊少年ジャンプ」で約10年半にわたって連載され、常にトップを走り続けてきた日本を代表する伝説的漫画「DRAGON BALL」。
コミックスは全世界累計2億6000万部と驚異的な記録を叩き出し、連載終了後もなお、テレビアニメ・映画・ゲームなど様々なメディアミックスでファンを魅了し、全世界で桁外れの人気を誇っているモンスタータイトルとなっている。
その勢いはとどまる所を知らず、2013年には17年ぶりの劇場版シリーズが復活し立て続けに大ヒットをする中、2015年に原作者・鳥山明原案による新シリーズ「ドラゴンボール超」がスタート。
2018年には、記念すべき劇場版20作品目にして「超」シリーズ初となる『ドラゴンボール超 ブロリー』が公開、全世界興行収入135億円超えとなる「ドラゴンボール」史上最大のヒットを記録。連載から37年が経った今でも、常に高みを目指し進化し続けてきた「ドラゴンボール」が、新たに挑む超大型企画となる劇場版最新作が遂に動き出す。
『ドラゴンボール超 ブロリー』公開前から本格始動した本企画は、前作の熱気に満ちた興奮を再びファンに届けるため、本作でも原作者・鳥山明が自ら筆を執り、魅力溢れるファン垂涎のエピソードを紡ぎ出している。
しかも、その壮大なストーリー構成からキャラクターデザイン、セリフの細部に至るまで、徹底的にディテールにこだわった渾身の一作。原作者が追求した最高密度のクオリティと全てが規格外の本作は、まさにドラゴンボール史を塗り替える類を見ない超大作になる事間違い無しだ。
さらに、その原作・脚本・キャラクターデザインを手掛けている鳥山明先生からコメントも到着。その内容から「『ブロリー』に続く劇場版」「意外なキャラが大活躍」「ビジュアルも新鮮」と新たな展開を予感させるファン待望の最新作!無限の進化を遂げる原作者・鳥山明が魅せる本気、生まれ変わる劇場版『ドラゴンボールスーパー』に期待だ。

劇場版『ドラゴンボール超』(仮)

劇場版『ドラゴンボールスーパー』(仮)

原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明
(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022ドラゴンボール超」製作委員会
DRAGON BALLオフィシャルサイト:dragon-ball-official.com
DRAGON BALLオフィシャルTwitter:<日本語>@DB_official_jp <English>@DB_official_en
映画オフィシャルtwitter:@DB_super2015

2022年 全国超拡大ロードショー!

劇場版『ドラゴンボール超』(仮)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA