• HOME
  • News
  • 映画
  • 映画『水上のフライト』中条あやみと杉野遥亮、笑顔全開のメイキング映像第三弾公開
水上のフライト

映画『水上のフライト』中条あやみと杉野遥亮、笑顔全開のメイキング映像第三弾公開

中条あやみがカヌーの難演技に挑む映画『水上のフライト』(11/13公開)より、リレー形式で紹介している【メイキング映像】の第三弾が解禁となった。

第三弾は、兼重淳監督の演出のもと、中条あやみと杉野遥亮がセリフ合わせをする一幕を収録。
主人公・遥(中条あやみ)と、エンジニアの颯太(杉野遥亮)が、カヌー教室に到着したシーン。遥がまだ心を閉ざす中、特別扱いせず自然体に接する颯太が、遥の車椅子を押そうとするが、遥がそれを拒絶!劇中ではシリアスなシーンだが、リハーサルの中では、終始笑顔がこぼれ、ふたりの信頼関係の深さが伺えます。その後もカヌー教室の子どもたちとの楽し気なやりとりや、カットがかかると瞬時に晴れやかな笑顔になるなど、明るい撮影現場の空気が収められている。
カヌーに打ち込む遥を演じるため猛特訓をこなした中条だが、そんな苦労を感じさせない爽やかな笑顔や明るい言動は、杉野や子どもたちをはじめ、現場スタッフをも明るく盛り上げる太陽的な存在。終始和やかな現場映像は、ポジティブなエネルギーであふれている。

『水上のフライト』メイキング映像第三弾

映画『水上のフライト』

中条あやみがパラカヌーの難演技に挑む!
実在するパラカヌー日本代表選手・瀬立モニカさんとの交流から生まれた奇跡。

INTRODUCTION
本作は、映画『超高速!参勤交代』シリーズ等数多くの大ヒット作の脚本を手掛ける土橋章宏が、実在するパラカヌー日本代表選手・瀬立モニカさんとの交流を通じ、作り上げたオリジナルストーリーだ。土橋が自ら描きたいと熱望し、企画・脚本をTSUTAYA CREATORS’ PROGRAMに応募し、審査員特別賞を受賞して遂に映画化となった。
主人公・遥には、若い女性から絶大な人気を誇る『雪の華』の中条あやみを迎え、遥を裏方で支える仲間・颯太役に『居眠り磐音』などの人気俳優・杉野遥亮、心配しながらも温かいまなざしで包み込む母・郁子役に『アマルフィ 女神の報酬』の大塚寧々、父親代わりに厳しく熱く導いていくコーチの宮本役に『引っ越し大名!』の小澤征悦ら旬な俳優陣が集結。
さらに、『キセキ ―あの日のソビト―』の兼重淳を監督に迎え、豪華なタッグが実現した。観る者の心の奥底に届く、一人の女性の成長を描くヒューマンドラマが誕生した。

場面写真

出演:中条あやみ / 杉野遥亮 高月彩良 冨手麻妙 / 大塚寧々 / 小澤征悦
監督:兼重淳『キセキ ―あの日のソビト―』
企画:土橋章宏  脚本:土橋章宏『超高速!参勤交代』・兼重淳
主題歌:「ひとりで生きていたならば」SUPER BEAVER
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:KADOKAWA 宣伝協力:シンカ
TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2017 審査員特別賞受賞作品
(C)2020 映画「水上のフライト」製作委員会

11/13(金)全国公開

水上のフライト

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA