• HOME
  • News
  • 映画
  • 24時間で最速5,500万円突破。全国のミニシアターを救う基金がMOTION GALLERYで。豪華リターンも。
ミニシアター・エイド基金

24時間で最速5,500万円突破。全国のミニシアターを救う基金がMOTION GALLERYで。豪華リターンも。

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言下の4月13日(月)、閉館の危機にさらされている状況の全国のミニシアターをみんなで応援する「ミニシアター・エイド基金」プロジェクトが開始され、半日で3,000万円、24時間以内に5,500万円を国内最速で突破した。

本基金を開始したのは、国内最大級のクラウドファンディング・プラットフォームを運営する株式会社MOTION GALLERY。
新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言、政府からの自粛要請が続き、 全国の小規模映画館「ミニシアター」が閉館の危機にさらされる状況下で、深田晃司監督・濱口竜介監督、MOTION GALLERY代表・大高健志が発起人となり、有志メンバーで立ち上げた基金だ。
「コロナ禍に伴い、外出自粛の状況があと3ヶ月続いた時に、閉館の危機に直面する運営団体」を対象に、現在、66団体78劇場が参加しており、寄付の形で分配する予定(4月17日まで新たなミニシアターの参加を受け付け中)。
4月13日(月)の開始から、24時間経過時点で、56,000,365円、コレクター:4,807人となっている。

「ミニシアター・エイド基金」プロジェクト

ミニシアター・エイド基金

プロジェクトページ:https://motion-gallery.net/projects/minitheateraid

豪華リターン

1口3,000円からの「思いっきり応援コース」

リターン:お礼のメッセージ

1口5,000円からの「未来チケットコース」

リターン:2020年内まで使用可の映画鑑賞券、有志の劇場で使用できる1000円パス、フリーパスなど。
また、クラウドファンディング終了後に、ストリーミング配信のWebサイト「サンクス・シアター」により、有志の映画人から寄せられた100本以上の作品から、特典購入時の規定本数分だけ鑑賞することができる。
深田監督『東京人間喜劇』や濱口監督作品『親密さ』のほか、ソフトになっていない鑑賞機会の限られた作品が多く集まる。
片渕須直が監督を務めた『この世界の片隅に』の未公開ドキュメンタリーや、空族・富田克也監督『バンコクナイツ』、新星・山戸結希監督『おとぎ話みたい』、行定勲監督『うつくしいひと』や諏訪敦彦監督初期の傑作『2/デュオ』など、ファンディング中も随時ラインナップは追加予定となっている。

※当プロジェクトは、MOTION GALLERY「新型コロナウイルスに起因するイベントの中止・延期・代替開催 及び 損害を受けた興行場・飲食店・宿泊施設等 支援するプログラム」を適用(https://motion-gallery.net/blog/suportprogram)。

MOTION GALLERY代表・大高健志メッセージ

わずか24時間で、5,000万円を超える応援が集まっている事に本当に感激しています。コロナ禍が文化芸術に与えるダメージをキュレーターを務める「さいたま国際芸術祭」の延期で実感し、これは自分達の利益を度外視しても立ち向かわなければ、と2月に「新型コロナウイルスへの対策支援プログラム」をスタート。
様々な活動を支援する中で、自分の人生でかなりの大きな位置を占めるミニシアターがまずい状況になっているのでは、と危機感が募る話を多く聞くようになりました。
これは更に1段ギアを上げた何かを自分でもアクションしていかなくてはいけないのではないか、と漠然と考えたその日、濱口監督そして深田監督から連絡がありました。
すでに日本の映画界を背負っている2人が、全く同じ危機感に対して、同じビジョンを持ち同じアクションを取ろうとしている。
もうこれは何か運命的とも言えるというか、このメンバーから連帯してこの苦境を打破する為の一歩を切ることの義務感を感じた瞬間でした。
そこから1週間強。MOTION GALLERYというプラットフォーマーではなく、1発起人というプレイヤーとして動き、ものすごいスピード感で立ち上げて初日を迎えました(発起人・運営メンバー、MOTION GALLERYメンバー、そして多くの映画を愛する仲間のサポートがあっ
たからこそです)。
しかし、今となってはスタートしてからのみんなの応援・賛同の輪のスピードの方が桁違いだと実感しています。それだけ我々がいうまでもなくミニシアターに大事な思い出を持ち、未来に思いを馳せている人達がたくさんいるんだという希望。MOTION GALLERYは、現代美術家ヨーゼフ・ボイスが提唱した「社会彫刻」の概念を体現しえる存在では、と始めた取り組みですが、今本当に、ミニシアターそして映画を愛するひとたちと社会を彫刻している実感があります。この動きをさらにさらに大きくしていきたい。いま強くそう思っています。。

プロジェクト概要

プロジェクト名:
多様な文化を育んできたミニシアターを、未来へとつなぐ。ミニシアター・エイド(MiniTheater AID)基金

内容:
新型コロナウイルスの感染拡大、それに伴う自粛要請によって、今、ミニシアターは閉館の危機に直面しています。
収益減少は今年の2月から始まり、3月末には観客ゼロの回が出てしまう劇場や休館に踏み切る劇場が続出しました。
立ち上げや運営には莫大な予算が必要なこと、また長い時間をかけて地域に文化を育んできた場所という意味においても、一度失われるとその回復は容易ではありません。
そこで存続の危機に立たされている全国のミニシアターの運営継続を支援するため、緊急支援策として、深田晃司濱口竜介監督、MOTION GALLERY代表の大高健志を含むプロデューサー有志が集まりました。
緊急支援を政府への提言という形で実施する「Save The Cinema」とも連動しながら、全国のミニシアターに寄付をし、少し先の未来へと存続させるための活動です。

期間:5月14日23:59まで
目標金額:100,000,000円 リターン:3,000円-5,000,000円
プレゼンター:miniTheater_AID https://motion-gallery.net/projects/minitheateraid/preview
プロジェクトページ:https://motion-gallery.net/projects/minitheateraid

オンラインしごとバー「ミニシアターを守らナイト」

ミニシアターを守らナイト

4月14日(火)20時のLIVE配信にて、オンラインしごとバー「ミニシアターを守らナイト」にMOTIONGALLERY代表の大高が出演。
日本仕事百貨・ナカムラケンタ氏ホストの元、ミニシアターを運営するポレポレ東中野・大槻貴宏氏、京都 出町座・田中誠一氏も出演予定。現在のミニシアターを取り巻く状況を知る機会になっている。

視聴サイト

京都・出町座もMOTION GALLERYでプロジェクト実施中

出町座未来券 今はお誘いできない出町座から、ご自宅にいるみなさまへのお届け物

京都・出町座

京都・出町座

2017年に立ち上がった京都の出町座では、独自に4月3日よりプロジェクトを実施しており、現時点で、1,012人の方より、6,067,010円を集めている。
リターンは、未来映画券(1,300円)をはじめ、出町座1階にあるカフェや書店で使えるチケットの組み合わせなど複数コースを用意。
今は、積極的にお誘いできないが、いつかまた出町座に集まってほしい、と期待を込めている(6月8日23:59まで)。
https://motion-gallery.net/projects/demachiza2020

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA