• HOME
  • News
  • 映画
  • 本予告完成&主題歌音源初解禁。劇場オリジナルアニメーション『サイダーのように言葉が湧き上がる』
サイダーのように言葉が湧き上がる

本予告完成&主題歌音源初解禁。劇場オリジナルアニメーション『サイダーのように言葉が湧き上がる』

市川染五郎×杉咲花競演。劇場オリジナルアニメーション『サイダーのように言葉が湧き上がる』の本予告が完成。今回予告編により音源が初解禁となる。主題歌を担当したnever young beachの安部勇磨、そして劇中歌を担当した大貫妙子からコメントも到着した。

今回解禁となった予告編では、チェリーとスマイル、コンプレックスを抱えた者同士が出会い、SNSを通じ次第に気持ちを寄せていく様子を丁寧に描写。
芽生えた気持ちの変化に戸惑い、17歳の少年にはどうしようもない家庭の事情もあるけれど、殻を打ち破り少年は少女の元へ疾走する--主人公チェリーの⼀度しかない17歳の夏が弾ける仕上がりとなっている。
『サイダーのように言葉が湧き上がる』は、5月15日(金)公開。

本予告

場面カット

豪華ミュージシャン夢の競演!コメント到着

安部勇磨(never young beach)

– 監督から主題歌制作のオファーをいただいて。

嬉しい。曲を作ろう。

-主題歌を制作するにあたって、意識したこと

作品からとても素敵な清涼感を感じたので、曲のほうも抜けのいい爽やかなものにしたいなと思いました。

– 主題歌に込めた思い

そのままでいいんだよ。悩んでるあなたもとても素敵だよ。もしかしたらそんな不器⽤なときが⼀番輝いているのかも。

never young beach

never young beach

大貫妙子

誰にでも⼀つの歌、あるいは曲との出会いが必ずあるだろうと思います。それは世代を超え生き続けます。
たくさんのものが溢れるように通り過ぎてゆく世界の中で、そこしか⾒えないくらい巨大な⾍眼鏡で惹きつけられる。
出会ってしまった!と。それを運命と⾔うのでしょう。音楽はそんな魔力を持っています。
若い頃の志を遂げることが叶わなくても、たとえば「夢を諦めることも、勇気なんだ」と監督にお話ししました。それは挫折とは違います。
70年代風でオーソドックスな曲に、そんな気持ちを込めて歌いました。

大貫妙子

大貫妙子

劇場オリジナルアニメーション『サイダーのように言葉が湧き上がる』

2020 年代、そのはじまりを告げる初夏――
サイダーのように甘く弾ける、少年少⼥たちの青春グラフィティ。

INTRODUCTION
人とのコミュニケーションが苦手な俳句少年と、コンプレックスを隠すマスク少女。何の変哲もない郊外のショッピングモールを舞台に出逢ったふたりが、言葉と⾳楽で距離を縮めていく、ボーイ・ミーツ・ガール Story。
監督を務めたのは、「四月は君の嘘」、「クジラの子らは砂上に歌う」などを手掛け、繊細で叙情的な演出に定評のあるアニメーション監督・イシグロキョウヘイ。バンドで活動した経歴を持ち、音楽にも造詣が深い彼が、言葉×音楽をキーワードに、少年少女の「ひと夏の青春」を描いたオリジナルアニメとなっている。
主人公であるチェリー役には、初映画、初声優、初主演となる歌舞伎界の超新星・⼋代目 市川染五郎を起用。
⼀方、ヒロインのスマイル役は、若手随⼀の確かな表現力で高い評価を受ける杉咲花が担当。フレッシュな競演が「ひと夏のできごと」を輝かせる。
音楽制作を務めるのは、「マクロス」シリーズをはじめ、アニメーションの劇伴やアニソン制作において第⼀線を走り続ける音楽レーベルフライングドッグ。同社の10周年記念作品ともなる本作は、『映画 聲の形』などの劇伴制作で知られる牛尾憲輔が担当。さらに主題歌や挿入歌にも豪華アーティストの参加が決定している。

STORY
17回目の夏、地方都市̶̶。
コミュニケーションが苦手で、俳句以外では思ったことをなかなか口に出せないチェリーと、見た目のコンプレックスをどうしても克服できないスマイルが、ショッピングモールで出会い、やがてSNSを通じて少しずつ言葉を交わしていく。
ある日ふたりは、バイト先で出会った老人・フジヤマが失くしてしまった想い出のレコードを探しまわる理由にふれる。
ふたりはそれを自分たちで見つけようと決意。フジヤマの願いを叶えるため⼀緒にレコードを探すうちに、チェリーとスマイルの距離は急速に縮まっていく。
だが、ある出来事をきっかけに、ふたりの想いはすれ違って̶̶。
物語のクライマックス、チェリーのまっすぐで爆発的なメッセージは心の奥深くまで届き、あざやかな閃光となってひと夏の想い出に記憶される。
アニメ史に残る最もエモーショナルなラストシーンに、あなたの感情が湧き上がる!

【CAST】 
市川染五郎 杉咲花
潘 めぐみ 花江夏樹 梅原裕⼀郎 中島愛 諸星すみれ
神⾕浩史 坂本真綾 ⼭寺宏⼀
【STAFF】
原作:フライングドッグ
監督:イシグロキョウヘイ
脚本:佐藤大
キャラクターデザイン:愛敬由紀子
音楽:牛尾憲輔
アニメーション制作:シグナル・エムディ×サブリメイション
製作:『サイダーのように言葉が湧き上がる』製作委員会
配給:松竹
©2020 フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会
公式HP:cider-kotoba.jp
公式Twitter:@CiderKotoba

2020年5月15日(金)全国ロードショー!

サイダーのように言葉が湧き上がる

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA