川栄李奈

川栄李奈が普段は入れない海の現場に潜入。海の仕事に迫るWeb動画公開

海の日プロジェクト2020 川栄李奈の#知ろうもっと海のこと

川栄李奈が普段は入れない海の現場に潜入。海の仕事に迫るWeb動画「海の日プロジェクト2020 川栄李奈の#知ろうもっと海のこと」をが公開となった。

「海の日プロジェクト2020」は、総合海洋政策本部、国土交通省、日本財団が、2020年7月23日の「海の日」にむけて、海の日の意義や海事産業の重要性を伝えていくために開始たもの。
海に囲まれた日本は、貿易の99.6%、国内物流の4割以上を海上輸送で担っていて、そこで働く船員などの労働者は、コロナ禍でも休まずに働き続け、我々の暮らしを支える「海のエッセンシャルワーカー」だ。

今回公開となったWeb動画では、女優・川栄李奈が、造船所や海上保安庁、コンテナターミナルなどで「海のエッセンシャルワーカー」を訪問し、普段は入ることのできない海で働くさまざまな職業の仕事現場を訪れ、クイズに答えながら、日本の経済や生活が、いかに多くの海で働く人たちによって支えられているかを知っていく。
造船所でつくられる大きな船の迫力に驚いたり、クルーザーに乗る楽しそうな川栄の表情が見どころとなっている。

Web動画

15秒CM

■制作秘話
今回のWeb動画は計6箇所、ロケでの撮影が行われた。晴れるかな…と心配するスタッフだったが、撮影日は無事に天気となった。
海の日にぴったりな爽やかな衣装で現れた川栄李奈。海上保安庁の撮影で現れた、着ぐるみのキャラクター「うみまる」を前に「かわいい!」と大興奮。
川栄の等身大のリアクションに、現場の空気が和んだ。長時間の撮影だったが、川栄は笑顔を絶やさず、スムーズに終えることができた。

■プロジェクト2020特設Webサイト情報
特設サイトでは、海の日の意義や由来、日本経済や暮らしを支える海事産業、夏休みの自由研究のヒントなど、子どもから大人まで、海のことをより楽しく、より詳しく学ぶことが出来るコンテンツを多数掲載。
また、JTBトラベルギフト券や川栄李奈直筆サイン入りタンブラーなどの賞品が当たるキャンペーンも実施。
サイトURL:https://c2sea.jp/uminohi2020

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA