• 久保陽香
21世紀の女の子
映画

橋本愛「見えない言葉を体現した時間を閉じ込めた」 映画『21世紀の女の子』舞台挨拶

山戸結希監督が企画・プロデュースを務め、15篇から成るオムニバス映画『21世紀の女の子』(2019年2月8日公開)の第31回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ特別上映と舞台挨拶が、11月1日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた。 登壇したのは、山戸結希監督と、作品のひとつに主演する、女優・橋本愛。 まるで“詩を紡ぐ”ような語り口調で舞台挨拶をする山戸結希監督に、橋本愛も「今日は私も山戸監督の言葉を聞きに来た。」とし、「この映画が、世界が変わっていく歴史の序章のように存在することを願います。」と観客に語りかけた(動画&フォトギャラリー)

映画『見栄を張る』
映画

28歳、売れない女優。そろそろ本気出す。映画『見栄を張る』3月24日公開

3月24日より映画『見栄を張る』が、渋谷ユーロスペース、横浜シネマリンほか全国順次公開が始まる。 『おくりびと』を彷彿させる、かつて日本にも実在していたという葬儀のための「泣き屋」に着目した作品で、主演は『神さまの轍-Checkpoint of the life-』『たまゆら』ほかネクストブレイク必至の久保陽香。 上映開始に先立って、是枝監督や永瀬正敏さんらから応援コメントが届いた。